• トップ
  • リリース
  • 世界初となる国際ドローンスポーツカンファレンスが韓国で開催されます。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

世界初となる国際ドローンスポーツカンファレンスが韓国で開催されます。

(PR TIMES) 2016年12月01日(木)09時40分配信 PR TIMES


[画像1: http://prtimes.jp/i/16868/3/resize/d16868-3-340804-2.jpg ]



 一般社団法人日本ドローンレース協会(以下JDRA 代表理事 小寺 悠)は2018年に韓国平昌冬季五輪を開催する 『韓国江原道政府』と、韓国三大メディアの『中央日報』が2016年12月韓国平昌で開催する、世界初となる”INTERNATIONAL DRONE SPORTS COMPETITION 2016”へ招待され、日本を代表するドローンレース団体として参加します。

【国際ドローンレース大会】
国際ドローンレース大会では、世界10カ国以上のトップパイロットが集い、優勝賞金5000ドルをかけた熾烈なFPVドローンレースが繰り広げられます。(FPVとは?Frist Person Viewの=一人称視点)本大会のメイン会場は、2018年冬季五輪の主要会場のアルペンシアリゾートとなり、”スキージャンプ台”を活用した世界初の銀世界なコースレイアウトとなります。
[画像2: http://prtimes.jp/i/16868/3/resize/d16868-3-776755-0.jpg ]


【国際ドローンスポーツカンファレンス】
今回、世界初の試みとなる国際ドローンスポーツカンファレンスでは、"新しいスポーツ”であるドローンレースの未来について、これまで世界のドローンレースを牽引してきたアジア(ADRO*1)・アメリカ・ヨーロッパの地域代表団体や各国の代表ドローンレース団体やその他、主要代表ドローンレース団体が一堂に集まり議論します。
JDRAでは、今年6月に開催した日本国内最大規模のドローンレースや、これからの展望を発表してきます。
また、各国でのドローンスポーツに対する規制の違いや、ドローンスポーツの人口の推移など、世界の主要ドローンスポーツ団体と議論し、新スポーツである、これからのドローンレースの在り方や世界の情報を共有し、夢を語り合ってきたいと思います。
[画像3: http://prtimes.jp/i/16868/3/resize/d16868-3-291587-3.jpg ]



【開催概要】
大会名: International Drone Sports Competition 2016
主催:韓国江原道政府、中央日報
日時:2016年12月2日(金)3日(土)、4日(日)
場所:アルペンシアリゾート(2018年韓国平昌冬季五輪・主要会場)
競技会内容:世界初、国際ドローンスポーツカンファレンス
      国際ドローンレース大会

[画像4: http://prtimes.jp/i/16868/3/resize/d16868-3-157504-4.jpg ]



*1.ADRO(アジアドローンレース連盟)
2016年3月に日本(JDRA)、韓国(KDRA)、中国(D1)で立ち上げた、アジア最大のドローン連盟。
https://roboteer-tokyo.com/archives/3560


一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)
HP:http://jdra.or.jp/
FB:https://www.facebook.com/japandroneracingassociation/
tw:https://twitter.com/JDRADroneRacing
LINE@:@agm2002b
Instagram:https://www.instagram.com/japandroneracingassociation/?hl=ja
mail:info@jdra.or.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る