• トップ
  • リリース
  • 【9月6日(火)共同記者会見のご案内】日本初 IoT×都市型遠隔診療の共同研究を開始

プレスリリース

  • 記事画像1

【9月6日(火)共同記者会見のご案内】日本初 IoT×都市型遠隔診療の共同研究を開始

(PR TIMES) 2016年08月29日(月)11時18分配信 PR TIMES

―ポート株式会社と東京女子医科大学による効果実証研究がスタート―

ポート株式会社と東京女子医科大学は、都市部での医療受診の利便性向上に向け、『都市型遠隔診療』の効果実証研究を行う運びとなりました。つきましては、9月6日(火)に共同記者会見を実施する事に決定致しましたので、お知らせ致します。
[画像: http://prtimes.jp/i/16325/3/resize/d16325-3-454991-1.jpg ]


ポート株式会社は、これに先立って遠隔診療プラットフォームサービス「ポートメディカル」(医師の診療から薬の処方・受け取りまでを可能とするIoTを活用したサービス。現在β版リリース準備中)の提供を開始しており、2016年6月には宮崎県日南市と無医地区における遠隔診療の実証事業を開始しています。

今回は東京女子医科大学と協働し、IoTを活用することで都市部での診療の利便性を飛躍的に向上させる為の臨床研究を開始いたします。

高血圧治療では長期間にわたる定期的な血圧のモニタリング、特に家庭血圧の測定が非常に重要です。IoT活用と遠隔診療により自宅での血圧コントロールが可能になれば、通院などに要する時間が緩和され、医療費の節約にもつながります。高血圧を放置することや、不十分な治療で起こり得る脳出血や脳梗塞などの脳卒中、心筋梗塞や心不全、不整脈などの心臓病、腎不全などの腎臓病といった心血管病の予防にもつながります。

共同記者説明会では、ポート株式会社CEO春日より今回の取り組みに関する説明を、東京女子医科大学 市原教授・講座主任より『高血圧治療における非対面型遠隔診療と従来型対面診療の比較試験』についての説明をいたします。

【共同記者説明会 実施概要】
■日 時:2016年9月6日(火) 10:30〜12:00(10:00〜受付開始)
■内 容:共同研究説明/デモンストレーション/質疑応答/フォトセッション
■登壇者:ポート株式会社 代表取締役CEO 春日 博文
     東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科 教授・講座主任 市原 淳弘

〔東京女子医科大学 市原教授・講座主任の紹介〕
昭和61年慶應義塾大学医学部 卒業
平成21年慶應義塾大学医学部 抗加齢内分泌学講座 准教授
平成23年4月東京女子医科大学 内科学(第二)講座 主任教授 現在に至る。

■会 場:ポート株式会社 東京都新宿区西新宿8−17−1住友不動産新宿グランドタワー12階
≪アクセス≫丸の内線西新宿駅1番出口より徒歩5分

◆ メディア関係者の参加方法:
当日ご取材いただけるメディア関係者の方は、9月2日(金)までに、お電話もしくは下記メールアドレスにご一報ください。
ポート株式会社 広報担当:對馬 電話:03-5937-6731 メールアドレス:pr@theport.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る