プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ダブルエル

株式会社ダブルエル顧問に元衆議院議員 相沢英之氏が就任

(PR TIMES) 2015年12月01日(火)11時19分配信 PR TIMES

 マンガ・アニメ・ゲームを中心としたコンテンツの権利マネジメントとグローバル展開を手掛ける株式会社ダブルエル(本社:東京都文京区、代表取締役:保手濱 彰人)は、当社の顧問として元衆議院議員で自民党税制調査会会長などを務めた相沢英之氏を迎えましたことをお知らせ致します。
[画像: http://prtimes.jp/i/15569/3/resize/d15569-3-145524-0.jpg ]

 ダブルエルは、マンガ・アニメ・ゲームを中心としたメイドインジャパンコンテンツの領域において、知的財産(IP)と金融の仕組みを組み合わせたグローバルライツマネジメントを行っています。
相沢氏と当社代表取締役の保手濱は、2014年に同氏が会長を務める、社団法人「日本パラグアイ協会」の活動を通じて出会いました。「日本のポップカルチャーを世界に」という企業理念に共感いただき、日本が誇るマンガ等のコンテンツ産業を新たな基幹産業に育てるべく、この度当社顧問に就任いただく運びとなりました。 

 ダブルエルでは、様々な活動を通じて海外との友好親善関係の増進に努めてきた相沢氏の参画により、更に多くのコンテンツを国内外に発信すべく今後も事業拡大を進めて参ります。

■相沢英之氏 略歴
1942年大蔵省入省。主計局長、事務次官などを務め1974年退官。1976年第34回衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬し、初当選。以後、9回連続当選を果たす。1984年以降、自民党調査局長、経理局長、衆議院法務委員長などの役職を務め、1990年第2次海部内閣の経済企画庁長官として初入閣。1998年8月に衆議院金融問題特別委員長に就任。2000年自民党金融問題調査会会長を務め、同年7月には第2次森内閣の金融再生委員会委員長に就任。2001年には、自民党税制調査会(税調)会長に就任。2003年衆議院議員を退職し、現在は麻生派の顧問を続けている。2005年84歳で弁護士登録。2009年から2010年まで、東京福祉大学学長を務めた。

【株式会社ダブルエル 会社概要】
社 名:株式会社ダブルエル
URL:http://doublel.co.jp/
所在地:東京都文京区本郷5-25-13 スカイビジョンビル5F(東京大学赤門正面)
設 立:2014年6月4日
資本金:1億48,216円(資本準備金含む)
代表者:代表取締役 保手濱 彰人事業内容:日本のポップカルチャーコンテンツの権利マネジメントと世界展開

  

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る