• トップ
  • リリース
  • 『イングリッシュブートキャンプ』が書籍出版記念で最大22,000円の割引きキャンペーンを開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

グローバルアストロラインズ株式会社

『イングリッシュブートキャンプ』が書籍出版記念で最大22,000円の割引きキャンペーンを開始

(PR TIMES) 2016年08月02日(火)15時21分配信 PR TIMES

人気高騰中の英会話突貫工事プログラム「イングリッシュブートキャンプ」の教えが遂に書籍化、それに伴い最大22,000円の割引きキャンペーンを8月2日より開始

英会話短期集中合宿「イングリッシュブートキャンプ」を運営するグローバルアストロラインズ株式会社(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:児玉 教仁)は、同プログラムでの教えを書籍化した『"カタチ"から入るビジネス英会話』の出版記念で最大22,000円の割引きキャンペーンを8月2日より開始します。
■キャンペーンの内容
8月2日〜8月12日まで。期間中は2日間のプログラム通常価格98,000円(税別)から最大22,000円の割引きを適用できます。

▼イングリッシュブートキャンプ公式サイト
http://english-bootcamp.com/

■ 書籍の内容
タイトル: "カタチ"から入るビジネス英会話
8月4日からダイヤモンド社より発売。
概要: 英語が話せないのは、英語力がないからではない。伝えるコツを知らないからである。英語で伝えるコツは、会話の「カタチ」から身に着けること。「カタチ」ができあがれば、TOEIC350点でもビジネス英会話ができるようになる。2日間で「話せる」を実感させる突貫工事型英語塾「イングリッシュ・ブート・キャンプ」。延べ1000人を「英語が話せる」ビジネスパーソンに変えた講師が、ビジネス英会話の基礎の基礎を伝える。

[画像: http://prtimes.jp/i/12914/3/resize/d12914-3-745782-0.jpg ]


▼ 書籍(amazon)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4478100691

■著者プロフィール
児玉 教仁 – Norihito Kodama
2012年にビジネスパーソンのための突貫工事型英会話プログラム「イングリッシュブートキャンプ」を立ち上げ、これまで1000人以上を「英語が喋れる」ビジネスパーソンに育成。
1972年、静岡県生まれ。静岡県立清水東高等学校卒業。20歳で初渡米。1996年、バージニア州ウィリアム・アンド・メアリー大学より経済・政治のダブル専攻で卒業。
1997年三菱商事株式会社入社。金属グループ鉄鋼製品部門にて多数の国際プロジェクトを手掛ける。2004年よりハーバード・ビジネス・スクールに派遣され、2006年同校よりMBAを取得。三菱商事帰任後は日米に拠点を持つIT子会社を立ち上げCEOに従事。
2011年7月に三菱商事を退社。グローバルアストロラインズ社を立ち上げる。「グローバルで活躍するリーダー人材」を育成することを目指しベンチャーから大手まで様々な企業の人材育成を担っており自身も講師として登壇している。ハーバードビジネスレビュー誌(ダイヤモンド社)アドバイザーを務める。
米国留学時は大学の空手チームを率いて全米優勝するほか、2005年にはバッファローウィングという料理の全米調理選手権に出場し優勝する等、多くの課外活動にも従事してきた。著書に「パンツを脱ぐ勇気(2011年7月、ダイヤモンド社)」等がある。

【本書概要】
■タイトル:"カタチ"から入るビジネス英会話
■著者:児玉教仁
■発行元:ダイヤモンド社
■価格:1200円+税
■判型・ページ数:175p
■目次:
1 とりあえず英語の勉強をやめてみる … 014
2 英会話は暗記のゲームではなく発想のゲーム … 020
3 TOEIC350あればビジネス英会話は開始できる … 028
4 ジーッと音が鳴るくらい相手の目を見続ける … 034
5 弱い自己紹介は自分を小物とアピールしているようなもの … 042
6 握手は格闘技。ギュッと音が鳴るくらい握り込む … 048
7 最高の笑顔は、最強の防御策! … 054
8 中学で習うあの挨拶は一番役に立たない … 060
9 名刺交換を武器にする … 066
10 廊下ですれ違うときは、「ハイ」ではなくて「ジョージ」 … 072
11 相手の話には、ブンブン音が出るくらいうなずく … 078
12 ちゃんと聞いていることを、声で表現する … 086
13 手を自由にすれば大きな声が出る … 092
14 ドラマの主人公のようにボディーラングェッジ … 98
15 単語がすぐに出てこないときは、とにかく音を出す … 104
16 聞き返すのは失礼ではない。積極的に聞き返す … 112
17 オープン・クエスションは生煮えでいいから出してしまう … 118
18 シンプルで短い文ほど美しい … 124
19 会話の構造に目を向けると断然伝わり度が増す … 130
20 英語が下手だからこそ、常にこちらから話す … 136
21 話題がなければコンシェルジェごっこに持ち込む … 142
22 必ずメモ帳を持ち歩く … 148
23 質問を積極的に受ける … 154
24 すべての人に「お先にどうぞ」の精神でリスペクトを … 162
25 英語が苦手だから、パッションを押し込むことができる … 168

■会社概要
商号 : グローバルアストロラインズ株式会社
代表者 : 代表取締役 児玉教仁
所在地 : 〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-21-1アーバンコート玉川4F
設立 : 2011年7月
事業内容 : グローバル人材教育及び英語教育
URL : http://gastrolines.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る