• トップ
  • リリース
  • 株式会社WQ ―国内初RECパートナープログラムメンバーに認定

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社WQ ―国内初RECパートナープログラムメンバーに認定

(PR TIMES) 2015年07月10日(金)11時22分配信 PR TIMES

日本の住宅向け太陽光発電市場に攻勢をかける

この度、株式会社WQ(東京都港区、代表取締役:シュトゥデニー シュテフェン、以下WQ)は、ヨーロッパ最大の太陽光モジュールメーカーであるREC Solar Holdings(以下REC)と、国内初となるRECパートナープログラムメンバーとして提携する事が決まりました。WQは、その経験とRECの高品質な太陽光モジュールを最大限に活かし、安定的に需要のある住宅市場で販売を促進するために、本プログラムに参加することになりました。RECとWQは、製品と設置において卓越した品質を確保するためRECソーラープロフェッショナルの認定を協力して行っていきます。
[画像: http://prtimes.jp/i/11698/3/resize/d11698-3-970144-0.jpg ]


日本の太陽光市場は、買取価格の見直しにより産業用から住宅用へとシフトしていく中でも、生涯を通じた発電コスト (LCOE)の視点では太陽光発電は益々有望視しされており、グリッドパリティは間近に迫りつつあります。住宅用太陽光発電の買取価格は33円/kWhとなり、初年度から比較すると15円も引き下げられたことになります。しかし、太陽光発電システムの導入平均価格は過去6年間で約50%下がっていることから、今後も、住宅用太陽光発電の導入が進んでいくと考えられます。

「固定買取価格値下げの影響は、大規模発電所、商業施設および産業向けの設置に比べて住宅市場ではそれほど大きなものではありません」とRECソーラージャパンの笠原唯男会長は言います。「RECでは住宅向けの販売を強化していく予定であり、一方、2015年の日本全体の住宅向けの太陽光発電の導入量は2GWに達すると予測しています。モジュール、パワコン、ケーブルなど住宅向けのシステム販売が開始できたこともあり、クリーンエネルギーを求め太陽光発電へ移行を望む日本の住宅オーナーの期待に応える上で、当社は磐石な状況となりました」と同会長は話しています。

RECとの新たなパートナーシップによって、WQは日本でのビジネスの成功に不可欠な長期的なアライアンスを構築していきます。WQは、世界で業界最高水準の品質を持つRECの太陽光モジュールを日本の市場に導入する取り組みを行ってきています。「世界一流品質を、日本へ」をモットーに、お客様の状況に合わせた最適な商品を、より多くの日本の皆様に広めていけるよう活動してきた結果、WQは約400件の太陽光発電プロジェクトにトータル122,000枚以上のRECソーラーモジュールを販売し、その合計容量は31.3 MWに達しています。その実績が認められ、今回、国内メンバー第一号として、本提携プログラムの最高ランクであるプラチナ・パートナーメンバーとなりました。WQのCEOであるシュトゥデニー シュテフェン氏は、「強力なブランド名をもった経験豊富なRECとのコラボレーションを楽しみにしています。当社では、お客様に長期に渡る高い信頼性をお届けするため、高品質なREC太陽光モジュールを採用していきます」と話しています。


【お問い合せ先】
株式会社WQ(ダブルキュー) / 担当:河内
東京都中央区銀座3-11-3 LEAGUE銀座9F
TEL:03-6228-4560
MAIL:info@wqinc.co.jp


▼プレスリリース_株式会社WQ ―国内初RECパートナープログラムメンバーに認定(PDF)
http://prtimes.jp/a/?f=d11698-20150709-1221.pdf



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る