• トップ
  • リリース
  • Allxon、第11回 Japan IT Week秋における「エッジAI情報の見える化」をテーマとした三信電気の展示ブースにてAI x IoTデバイス管理ソリューション「Allxon DMS」を紹介。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

Allxon、第11回 Japan IT Week秋における「エッジAI情報の見える化」をテーマとした三信電気の展示ブースにてAI x IoTデバイス管理ソリューション「Allxon DMS」を紹介。

(PR TIMES) 2020年10月22日(木)11時15分配信 PR TIMES

AI x IoT管理のためのプラットフォームを提供するSaaSプロバイダAllxon Inc.(本社:台湾台北市)は2020年10月22日、同10月28日から30日にかけて開催される『第11回 Japan IT Week 秋』におけるエレクトロニクス総合商社の三信電気株式会社(本社:東京都港区)の展示ブース「エッジAI情報の見える化」において、AI x IoTデバイス管理ソリューション「Allxon DMS」が紹介されることを発表しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/65002/2/resize/d65002-2-948363-0.jpg ]

■Allxon Device Management Service(DMS)の活用
三信電気株式会社による「エッジAI情報の見える化」をテーマとした展示ブース(第11回 Japan IT Week 秋/幕張メッセ 6ホール 小間番号40-4)では、ASUS IoTのAIアプリケーション向けシングルボードコンピュータ「Tinker Edge R」をベースに、どのようにして遠隔からAIデバイス群を見える化するかについて具体例が展示されます。本例においてAllxonのAI/ IoTデバイス管理ソリューション「Allxon DMS(Device Management Service)」は、広範囲に展開された多数のデバイス群を一元的にリモート制御および死活監視をするために活用されます。

■ASUS IoTのAIアプリケーション向けシングルボードコンピュータ「Tinker Edge R」
ASUS IoTのAIアプリケーション用に特別に設計されたシングルボードコンピューター(SBC)「Tinker Edge R」は、処理効率の向上や低消費電力を実現し、接続デバイスやインテリジェントアプリケーションの構築を容易にする機械学習 (ML) アクセラレータRockchip NPUを採用し、最大3TOPS (Tera Operations per Second) の演算を実現します。また、最適化されたニューラルネットワーク(NN)アーキテクチャを備えた「Tinker Edge R」は、多様なMLフレームワークに対応しており、一般的なMLモデルを多数コンパイルし、簡単に実行することができます。

■大規模AI/IoT環境におけるデバイス管理の課題
ネットワークに大量のデバイスを接続して構築される大規模AI/IoT環境では、システム全体の管理と保守のための負担が課題となります。例えばAIを活用した交通監視では、24時間稼働のエッジコンピューティングデバイスが交差点等に広範囲に配置されますが、これら大量のシステムの更新やリフレッシュなどのメンテナンスは構築される環境の規模に比例して困難になります。また、環境内に異なるOSやインターフェースが混在することによって稼働状態の把握や維持、デバイス更新のための難易度はさらに増加します。
Allxon Device Management Service(DMS)は、これらの課題を解決するために大量配置されたデバイスをクラウドで集中的に管理します。各デバイスに対してはインバンド(帯域内)からの制御のみならず、より確実なAI/IoT運用のためにアウトオブバンド(OOB、帯域外※)経由での制御も実現しています。 ※OOB対応のデバイス機種を使用します。詳しくはお問い合わせください。

■第11回 Japan IT Week 秋について
『第11回 Japan IT Week 秋』は最新のIT製品とサービスが一堂に集まる日本最大のIT展示会です。2020年10月28日から10月30日までの間、千葉県の幕張メッセで開催されます。

■三信電気株式会社について
エレクトロニクスの総合商社としてお客さまのベストパートナーをモットーにデバイス事業とソリューション事業を展開しております。お客様のニーズにあわせた最適なIoTデバイスとエッジジAIを取り入れたIoTシステムの提案や構築、導入後のサポートメニューも含め一括したサービスをお客様にご提供しております。
※三信電気はAllxon Inc.の正規代理店です。
Webサイト:http://www.sanshin.co.jp

■ASUS IoTについて
ASUSは、5,000人以上のR&D専門家と98か国を網羅する1,000カ所のサービスセンターを持つグローバルテクノロジーリーダーです。ASUS IoTは、完全に統合された効率的な製品化の開発ならびに総所有コストの削減に向けてお客様をサポートするために、ハードウェア、ソフトウェア、カスタマイズされたモノのインターネット(IoT)、および人工知能ソリューションの包括的なポートフォリオを提供いたします。
Webサイト:
https://iot.asus.com/
https://tinker-board.asus.com/jp/index.html

■Allxonについて

[画像2: https://prtimes.jp/i/65002/2/resize/d65002-2-378598-1.jpg ]


Allxonは、オープンで最適化されたビジネスオペレーションの実現を目指して、世界各国のシステムインテグレータやIoTサービスプロバイダ企業のために効率的なデバイス管理ソリューションを提供します。業界内の専門チームとして設立され、2001年よりIaaS、2011年よりPaaSプロバイダとしてのサービス提供を経て2019年に純粋なSaaS企業として独立しました。Allxonはクラウドサービスに対する高度な専門知識のもと、ソフトウェア・ハードウェアを統合する強力なソリューションで企業と社会のAI/IoT化推進を支援します。
Webサイト:https://allxon.com/ja-JP/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る