• トップ
  • リリース
  • 【Fortify】Webサイト脆弱性診断サービスが完全無料! Webサイトの攻撃遮断サービス

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

【Fortify】Webサイト脆弱性診断サービスが完全無料! Webサイトの攻撃遮断サービス

(PR TIMES) 2020年09月08日(火)15時45分配信 PR TIMES

株式会社スホは2020年11月30日までの期間限定でセキュリティ専門家からのレポート付きWebサイト脆弱性診断を完全無料で提供することを発表致しました。


<Fortifyとは?>
Cloud Web Application Firewall(WAF)です。
Fortifyは、業界最安でのWAFサービスを提供。サイバー攻撃からWebサイトを守るクラウド型Webアプリケーションファイアウォールです。高セキュリティレベルの確保が簡単導入できます。
Fortifyホームページ ---> https://www.fortify.jp/


【2020年11月30日までの特別キャンペーン情報!!】
WAFを導入検討しているお客様のWebサイトの脆弱性診断を無料で診断キャンペーンを行います。
セキュリティ専門家がお客様のWebサイトを診断後、レポートを提供致します。
是非、この機会に診断されてみてはいかがでしょうか。お気軽にお問い合わせください。
コンタクトフォーム ---> https://www.suhojapan.com/company#contact


<Fortify3つのポイント>
· 1.SSL証明書+DDos対策が永久無料提供
· 2.AIが誤検知を分析し、より正確に攻撃を把握することが可能
· 3.Layer7で通信パケットを分析し、攻撃行動の検知サービス


<SSL証明書完全無料提供+Webサイトの攻撃遮断サービス>
簡単な手続きのみでサービスを開始することができ、なんと最短1日での導入も可能です。なおかつ、セキュリティ管理者が直接管理するレベルのWebサイト攻撃遮断サービスを提供可能としています。速やかに脆弱性を防御できるように常にアップデートを行うなど、リアルタイムで稼働する安心感がFortifyにおける大きな魅力の一つです。


[画像1: https://prtimes.jp/i/62600/2/resize/d62600-2-771318-0.jpg ]



<人工知能のように判断・検知・分析>
Web用ツールが多様化するとともに、Webサイト攻撃も大変巧妙化しています。今までにおいては一般的な遮断方式によってWebサイトを保護していましたが、今やそれだけでは十分に安全とは言えません。むしろ悪意のない普通のアクセス者まで遮断するといった自体も起こるなど十分な運用が難しくなっています。

そこで活躍してくれるのがFortifyです。高度化したWeb環境のなかで、人工知能のようにWebサイトが受信するデータを解析し、攻撃を遮断する「論理演算検知基盤エンジン」を搭載しています。このエンジンにより、あらゆるWebサイト攻撃パターンを正確に検知し、遮断し安全なネットワーク環境作りに役立ちます。


<Web攻撃からしっかり守ります>
Fortifyでは26種類の検知ルールをベースにした多様なWeb脆弱性に備え、Web攻撃を防御することができます。また、オンライン決済における情報漏えい対策として、コードレビュー実施またはWAFを導入することが義務付けられていますが、Fortifyを利用すると、複雑なプロセスを省きながら対応することが可能です。

” 全世界から認められたWAFサービス ”
[画像2: https://prtimes.jp/i/62600/2/resize/d62600-2-813591-1.jpg ]



【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社スホ
https://www.suhojapan.com/
営業部 林(イム)
Tel. 03-6868-6446(代表)
Email: youlim@suhojapan.com



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る