• トップ
  • リリース
  • D2C X 訪日外国人インバウンドマーケティングセミナー第4弾 「中華圏 訪日観光客1,500万人時代到来!中国・台湾・香港の消費行動とは」

プレスリリース

  • 記事画像1

D2C X 訪日外国人インバウンドマーケティングセミナー第4弾 「中華圏 訪日観光客1,500万人時代到来!中国・台湾・香港の消費行動とは」

(PR TIMES) 2019年02月21日(木)19時40分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/41189/2/resize/d41189-2-353371-0.jpg ]


株式会社D2C X(本社:東京都中央区、代表取締役社長:萩原 良、以下D2C X)は、「D2C X訪日外国人インバウンドマーケティングセミナー」(無料)の第四弾として、来る2019年3月14日(木)に「中華圏 訪日観光客1,500万人時代到来! 中国・台湾・香港の消費行動とは」を開催いたします。

訪日外国人観光客向けに観光、宿泊情報などを提供する国内最大級の訪日観光情報メディア「tsunagu Japan」を運営するD2C Xは、これまでメディア運営で培った知見やノウハウを活かし、外国人観光客誘致を行う企業や地方自治体のマーケティングサポートやセミナーを通じた情報発信を行って参りました。

今回のセミナーでは、訪日観光客全体の約5割を占める中華圏からの訪日観光客にフォーカスを当て、「訪日ラボ」「訪日コム」を運営するmov様には、19年1月より中国で施行された電子商務法の影響を現場レポートを踏まえてお話し頂き、 中国検索シェア率第1位の「百度」を運営するバイドゥ様より、中国人の多様化する消費行動についてお話し頂きます。
また、国内最大級の訪日観光情報メディア「tsunagu Japan」を運営するD2C Xより、台湾人・香港人の行動・興味関心について講演する予定です。

訪日外国人の約5割を占める中華圏の情報を一日で学ぶことが出来る貴重な機会になりますので、是非ご参加ください。

▼お申し込みはこちら
https://www.d2cx.co.jp/seminar/

【開催概要】
■日時: 2019年3月14日(木)17:00〜19:00
受付 16:30〜 (受付にて、ご本人様のお名刺を1枚頂戴致します。)
開演 17:00〜

■場所:  D2Cホール(東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル5F)
会場はこちら(http://www.d2c.co.jp/company/summary/#tokyo)よりご確認下さい。

■参加費: 無料

■プログラム: ※タイムスケジュール・プログラムは変更になる場合がございます。
17:00〜17:05
挨拶
株式会社D2C X 取締役 中西恭大

17:05〜17:35
「大阪から現場レポート! インバウンドの爆心地で今、何が起こっているのか 〜電子商務法の影響は如何に〜」
株式会社mov インバウンド研究室 室長 田熊力也

17:35〜18:05
「"爆買"の正体とは? 多様化する消費行動・購買商品」
バイドゥ株式会社 国際事業部 アカウントエグゼクティブ 張宇馳

18:05〜18:15
休憩

18:15〜18:45
「訪日観光メディアtsunagu Japanのデータから読み解く、台湾人・香港人の行動分析」
株式会社D2C X 代表取締役社長  萩原良

18:45〜
名刺交換タイム
-------------------------------------------------------------------------------------------
◆ご注意事項
※セミナーで講演者に取り上げてほしい内容、質問がございましたら、登録フォームの備考欄にお書き添え下さい。講演者へお伝えさせて頂きます。(内容に盛り込むことを保証するものではございませんので、予めご了承下さい)
※応募者が定員数を超えた場合、お申し込みを早期に打ち切る場合がございます。
※お申し込み多数の場合、抽選とさせていただくことがございます。あらかじめご了承ください。
※お申込み後、個別に参加可否をご連絡させて頂きます。
※会場での受付時にお名刺を頂戴しております。
※会場内での撮影・録音はご遠慮ください。

◆報道関係者の方
※イベントレポート執筆をご希望のメディア様・個人様は、登録フォームの備考欄にお書き添え下さい。別途ご連絡差し上げます。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る