• トップ
  • リリース
  • 中国最大手のオンライン旅行会社「Ctrip」北海道、北海道観光振興機構と連携協定を締結

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

Ctrip.com International Ltd.

中国最大手のオンライン旅行会社「Ctrip」北海道、北海道観光振興機構と連携協定を締結

(PR TIMES) 2018年09月03日(月)20時01分配信 PR TIMES

北海道は今回初となる海外企業との連携協定締結


 
[画像1: https://prtimes.jp/i/34124/2/resize/d34124-2-149284-3.jpg ]


Ctrip.com International, Ltd.(本社:中国・上海、CEO:孫 潔、以下「Ctrip」)は、2018年9月3日(月)、北海道及び公益社団法人北海道観光振興機構と、海外からの誘客促進等に関し、連携協定を締結しました。北海道が海外の企業と連携協定を締結するのは本件が初の事例となります。

協定の締結は9月3日、北海道庁本庁舎にある知事会議室で行い、はるみ北海道知事と、公益社団法人北海道観光振興機構会長堰八義博氏、Ctrip高級副総裁波(スン・ボウ)の3者が出席しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/34124/2/resize/d34124-2-105403-1.jpg ]



北海道は、2020年度を目途に外国人観光客500万人の来道を目標として掲げています。近年、個人旅行(FIT)が増加傾向にある中、個人客の取り込みが重要であることから、中国最大手のオンライン旅行会社であるCtripと連携し、誘客促進に取り組んでいくこととなりました。

今回の協定締結に基づく、主な取り組みは下記の通りです。

<連携協定に基づく主な取組>

(1)中国市場などでの共同プロモーション
・Ctripが運営するHP等の媒体、Ctripのパートナー企業、双方のSNSなどで北海道の観光情報を発信。
・共同で招聘事業を実施。

(2)観光案内所での観光情報の提供等
・Ctripが道内に設置する(予定)観光案内所での観光情報の発信やイベントの開催

(3)マーケティング・リサーチ
・入込や観光関連データの共同マーケティング・リサーチ

(4)道内宿泊施設への誘客促進

・道内宿泊施設への誘客を促進するためのセミナー開催など

Ctripは、今後も国内外のお客様に、気軽で楽しい旅を提供するべく、活動を行っていきます。日本国内向けの予約サイト『Trip.com』にはホテル、航空券、列車商品が含まれており、 24時間の日本語サービス顧客サービスセンターも運営しています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る