プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社くるみんぱく

全国初、民泊運用代行会社の評価アンケート実施について

(PR TIMES) 2017年05月17日(水)09時29分配信 PR TIMES

民泊新法を見据え、民泊ホスト/不動産オーナーの意見を募集

「安心して管理を任せられる民泊運用代行会社を知りたい」という多くの声を受け、株式会社くるみんぱくは、インターネット上で代行会社の評価アンケートを実施します(期間:2017年6月30日まで)。
 日本橋くるみ行政書士事務所の行政書士・石井くるみが代表を務める株式会社くるみんぱく(東京都中央区)は、 民泊運用代行業者の評価アンケートを実施します(http://chousa.kurumigyosei.com/)。


[画像: https://prtimes.jp/i/25947/2/resize/d25947-2-806251-2.jpg ]


【アンケート調査の背景と目的】
 今国会に提出されている住宅宿泊事業法(以下、 「民泊新法」)では、 家主不在型の民泊を営む場合、 行政に登録した「住宅宿泊管理業者」への管理の委託が義務付けられます。 この住宅宿泊管理業の担い手として、 我が国での民泊普及に伴い急成長している民泊運用代行会社の活躍が期待されています。
 
 しかし、 民泊運用代行会社を利用する民泊ホスト/不動産オーナーの方々からは「担当者の対応が遅い」、 「稼働率が改善しない」、 「経費の水増し請求の恐れがある」などの様々な不安の声とともに、 「安心して管理を任せられる民泊運用代行会社を教えてほしい」という強い要望が寄せられています。
 
 このような要望に応えるため、 当社では代行会社の評価アンケートを実施することとしました。 当社で集計・要約した調査結果は、 2017年7月末を目途に、 アンケート回答者の方々に速報する予定です。 速報後、 調査結果の一般公開を検討いたします。

【調査概要】
 調査名 :民泊運用代行会社の満足度調査
 調査対象:民泊運用代行会社を利用する不動産オーナー/民泊ホストの方
 調査期間:2017年5月17日(水)〜2017年6月30日(金)
 調査方法:インターネットによるアンケート調査
 サイト :http://chousa.kurumigyosei.com/
 所用時間:5分〜15分(目安)

【株式会社くるみんぱくについて】
 株式会社くるみんぱくは、 我が国における健全な民泊の普及を目指し設立された法人であり、 民泊に関する研修企画、 寄稿執筆、調査研究等の啓発活動及び民泊経営に関する包括的なコンサルティング・サービスを提供しています。 社名には、 未来のCoolな民泊を包括的に支援したいという想いがこめられています。

【日本橋くるみ行政書士事務所について】
 日本橋くるみ行政書士事務所(http://kurumigyosei.com/)は、 宅建業、 建設業、 旅館業等の不動産関連ビジネスの許認可を専門とする行政書士事務所です。 民泊の規制緩和にいち早く対応し、 東京23区を中心に、 戸建住宅、 マンション、 シェアハウス等で数多くの旅館業・民泊許可案件を手掛けています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る