• トップ
  • リリース
  • LEOC、社員・契約社員約4,500人を対象とした「80歳定年制度」を導入

プレスリリース

LEOC、社員・契約社員約4,500人を対象とした「80歳定年制度」を導入

(PR TIMES) 2017年04月19日(水)12時08分配信 PR TIMES

「一億総活躍社会」の実現に向けて


フードサービス事業を行う株式会社LEOC(本社:東京都千代田区大手町 代表者:小野寺 裕司)は、2017年4月1日から、75歳の定年を80歳とする「80歳定年制」を導入しました。本制度の対象となるのは、社員および契約社員を含めた従業員の約4,500人です。また、パート従業員は2013年4月より定年制を廃止しており、現在LEOCの全従業員数は約15,000人にのぼります。

「一億総活躍社会」の実現に向けてシニア層のさらなる活躍が期待される中、LEOCでは2013年から定年を70歳、2016年から75歳とするなど、シニア層が働きやすい環境の創出を図ってきました。その結果、LEOCでは現在、70歳以上の従業員1,000人以上が活躍しています。

厚生労働省が2017年3月に発表した「完全生命表」によると、2015年の日本人の平均寿命は男性が80.75歳、女性は86.99歳となり、過去最高を更新しました。LEOCでは、今回の制度を導入することによって、シニア社員が経験やスキルを活かしながら働くことで、より元気にいきいきと生活を送っていただける場を提供します。さらに、少子高齢化が進み、「年金制度」が不安視される社会の中で、シニアの就労ニーズに応え、雇用を確保することで社会貢献の一助となることを期待しています。

今回、お客様一人ひとりへ「喜びと感動」を提供しようと努力し、LEOCの成長に貢献する従業員に対して、一生LEOCで安心して働いてほしい、また、80歳を過ぎてもより充実した人生を送ってほしいという願いから、制度導入に至りました。LEOCは今後も従業員に対して働きやすい環境を提供するとともに、従業員と一緒に成長する企業を目指してまいります。


株式会社 LEOCについて
LEOCは、全国約2,000ヶ所の事業所において、病院、福祉施設、企業、学校、スポーツ関連施設などに幅広く食事を提供する給食事業を展開しています。食事で様々なスポーツチームを支援する中で、2005年からはJリーグの三浦知良選手が所属する横浜FCのオフィシャルクラブトップパートナーとして協賛し、シーズン中は選手の栄養管理を担当するなどのサポートも行っています。
また、グループ内では本格的鮨、鉄板焼、天ぷらを中心とする外食事業「銀座おのでら」や、日本語学校運営などの学校事業も行っています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る