• トップ
  • リリース
  • 谷口 英喜 医師 編著(済生会横浜市東部病院 周術期支援センター長)『術後回復を促進させる周術期実践マニュアル』真の周術期チーム医療が学べる一冊!4月17日(月)発売

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社日本医療企画

谷口 英喜 医師 編著(済生会横浜市東部病院 周術期支援センター長)『術後回復を促進させる周術期実践マニュアル』真の周術期チーム医療が学べる一冊!4月17日(月)発売

(PR TIMES) 2017年04月17日(月)11時21分配信 PR TIMES

周術期管理における多職種連携のノウハウを満載! 患者さん中心の周術期管理を実現するためのテキスト


 従来の周術期管理は、患者さんにとって「入院や手術は不安でつらいもの」が当たり前でした。患者さんが手術に対して持つイメージは、「痛い、食べられない、動けない」など苦痛や不安ばかりと言われています。しかし、現在では、ERAS(Enhanced Recovery After Surgery、イーラス)をはじめとする術後回復促進策が発案されるようになり、わが国にも浸透してきました。

手術の後に、早期に飲み始めることができる(Drinking)、食べ始めることができる(Eating)、動き始めることができる(Mobilizing)という、術後促進策(DREAM)を目指して、様々な工夫が行われています。

本書は、術後回復促進策を日本の医療機関のなかで進められるように分かりやすくまとめたテキストです。執筆陣も多職種で構成され、真の周術期チーム医療が学べます。管理栄養士、看護師、薬剤師、医師など多職種で読んでいただきたい最新エビデンス満載のチーム医療テキストです。

NST、周術期管理チームを立ち上げてきたノウハウのすべてをお伝えします。
[画像: https://prtimes.jp/i/25409/2/resize/d25409-2-889378-0.jpg ]


■目次
 第 1 章  術後回復促進策について知り尽くそう
 第 2 章  術前チームが行う術後回復促進策
 第 3 章  術中チームが行う術後回復促進策
 第 4 章  術後チームが行う術後回復促進策
 おわりに 術後回復促進策のすばらしさ
 付録    私のかいふく日記

■書籍概要
 書籍名:術後回復を促進させる周術期実践マニュアル
 編著:谷口 英喜(済生会横浜市東部病院 周術期支援センター長)
 定価:2,800円(本体価格)+税
 判型:B5判/270頁
 ISBN:978-4-86439-542-7

■販売サイト
 日本医療企画: http://www.jmp.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=1754
 Amazon: http://amzn.asia/7cIcBgw

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る