• トップ
  • リリース
  • 女性の顔まわりの毛のケア実態とライフスタイルに関する調査 顔まわりの“毛”のケア不足で美人台無し!「おば毛」女子が大量発生中!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

女性の顔まわりの毛のケア実態とライフスタイルに関する調査 顔まわりの“毛”のケア不足で美人台無し!「おば毛」女子が大量発生中!

(PR TIMES) 2017年04月10日(月)20時11分配信 PR TIMES

7割以上の女性が、相手の“毛”のケア不足が気になった経験あり!一方、“毛”への意識が高い女性はライフスタイルも充実傾向〜あなたも実はあてはまるかも!?“恐怖の「おば毛」あるある”公開!〜

眉毛・まつ毛・うぶ毛を活かし操る 「毛beauty lab.」 サイト 第二弾!
「“おば毛”タイプ診断」「30代以上の“美”に悩める女性に向けたメッセージコラム」も合わせて公開
URL: http://www.ke-beauty.jp/

 ピアス株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役:阪本和俊)は、美容やライフスタイルにおいてターニングポイントとなる30代以上の女性に向けて、新たな“美”の可能性や伸び白を提案していく「毛beauty lab.」を発足し、特設サイト「毛beauty lab.」(URL: http://www.ke-beauty.jp/)を公開しております。
 この度、第二弾として、「顔まわりの毛のケア実態と女性のライフスタイルの相関」についての調査を実施しましたのでその結果を発表します。また、本調査に合わせて、あなたの“おば毛”度がわかる「診断」コンテンツや、毛のケアと美についてのコラムを「毛beauty lab.」内にて公開します。

毛beauty lab.サイトURL: http://www.ke-beauty.jp/

===========================
【調査結果サマリー】
顔まわりの毛のケア・メイクをできていると思っている人が8割以上いる一方で
相手の顔まわりの毛のケア不足を気にする女性は7割以上存在!
自分ではケア・メイクしているつもりでも、実は相手からみるとケア不足と思われている女性が多いのでは!?
・眉毛・まつ毛・うぶ毛のメイク・ケアについて、気を使ってケアしている人は8割以上存在。
・一方で、友人・知人女性などの顔まわりの毛のケア・メイク不足が気になった経験がある女性は7割以上。

相手の顔まわりの毛のケア不足で最も気になるのは「口周りの毛」!
毛のケア・メイクができていない人への印象は「もったいない・おしい」がトップとなることからも
少しの顔まわりの毛のケア不足で、美人が台無しになっているかも!?
・顔まわりの毛で最も気になるのは「口周りの毛」、次いで「生えっぱなしの眉毛」「細すぎる眉毛」があがる。
・顔まわりの毛のメイク・ケアができていない人の印象トップは「もったいない・おしい」。
次いで「だらしがなさそう」「老けて見える」が続く。

顔まわりの毛のケア・メイクをしている女性は、女性としても自信をもっている人が多く
家族との関係や仕事とプライベートのバランス等においてプラスの要素が働き、ストレスも少ないことが明らかに
・顔まわりの毛のケア・メイクをしている人と、していない人の比較ではケア・メイクしているほうが年齢を重ね ることに抵抗がなく、女性としても自分に自信を持っている傾向。
・また、顔まわりの毛のケア・メイクをしている人は、していない人と比べ「整理整頓」「家族・夫・パートナー との関係」「ストレス」「仕事とプライベートの両立」において全てプラスに働いている傾向。

相手の顔まわりの毛の“痛い”シーンに遭遇した割合はなんと約8割
「眉だけ90年代」「うぶ毛豊作女子」「重量級まつ毛アラサー」など、“おば毛”女子大量発生中!
あなたも気づかないうちに“おば毛”女子になっているかも!?
・相手の顔まわりの毛の“痛い”シーンに遭遇した女性は約8割存在。
・フリーアンサーで“痛い”シーンを聞くと、美容・メイクなどの意識が高く美人なのに、顔まわりの毛だけ残念な 人の存在が伺える。
===========================

【調査概要】
・調査タイトル :顔まわりの毛のケア実態と女性のライフスタイルに関する調査
・調査方法 :インターネットアンケート
・調査実施期間 :2017年3月17日〜2017年3月22日
・対象地域 :全国主要都市圏:関東圏(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)、
関西圏(京都府・大阪府・兵庫県)、北海道、宮城県、愛知県、福岡県
・対象者 :30〜50代女性 計1,000名

顔まわりの毛のケア・メイクをできていると思っている人が8割以上いる一方で
相手の顔まわりの毛のケア不足を気にする女性は7割以上存在!
自分ではケア・メイクしているつもりでも、実は相手からみるとケア不足と思われている女性が多いのでは!?
[画像1: https://prtimes.jp/i/25083/2/resize/d25083-2-220626-0.jpg ]

相手の顔まわりの毛のケア不足で最も気になるのは「口周りの毛」!
毛のケア・メイクができていない人への印象は「もったいない・おしい」がトップとなることからも
少しの顔まわりの毛のケア不足で、美人が台無しになっているかも!?
[画像2: https://prtimes.jp/i/25083/2/resize/d25083-2-287768-1.jpg ]

顔まわりの毛のケア・メイクをしている女性は、女性としても自信をもっている人が多く
家族との関係や仕事とプライベートのバランス等においてプラスの要素が働き、ストレスも少ないことが明らかに。

[画像3: https://prtimes.jp/i/25083/2/resize/d25083-2-735635-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/25083/2/resize/d25083-2-773755-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/25083/2/resize/d25083-2-256923-4.jpg ]

相手の顔まわりの毛の“痛い”シーンに遭遇した割合はなんと約8 割
「眉だけ90 年代」「うぶ毛豊作女子」「重量級まつ毛アラサー」など、“おば毛”女子大量発生中!
あなたも気づかないうちに“おば毛”女子になっているかも!?
[画像6: https://prtimes.jp/i/25083/2/resize/d25083-2-231243-5.jpg ]

■“おば毛”女子あるある事件簿
顔まわりの毛にまつわる”痛い”シーンに遭遇した人は意外と多いことが判明。
人ごととは思えない”痛い”あるあるシーンをご紹介します!
[画像7: https://prtimes.jp/i/25083/2/resize/d25083-2-487347-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/25083/2/resize/d25083-2-632677-7.jpg ]

【毛beauty lab コンテンツ1.】
あなたも知らない間に、恐怖の“おば毛”女子になっていない!?
あなたに必要な顔まわりの“毛”のケアがわかる「“おば毛”タイプ診断」

[画像9: https://prtimes.jp/i/25083/2/resize/d25083-2-521395-8.jpg ]

「女性の顔まわりの毛のケア実態とライフスタイルに関する調査」結果に合わせて、「毛beauty“おば毛”度診断」を公開します。ライフスタイルや美容に関する設問に解答していくとあなたが陥りがちな“おば毛”キャラクターが登場、顔まわりの“毛”のケアやメイクポイントを紹介します。

【毛beauty lab コンテンツ2.】
ビューティージャーナリスト前田美保さんによる
30代以上の“美”に悩める女性に向けたメッセージコラムを公開!
ビューティージャーナリスト前田美保さんによる、30代以上 “美”に悩める女性たちに贈るメッセージコラム
「10年後に後悔しないための“美”断捨離」を公開します。


[画像10: https://prtimes.jp/i/25083/2/resize/d25083-2-689509-9.jpg ]

■コラム内容
1.30代以上は"テコ入れ世代”!
〜女の土俵を下りたら、二度とあがることはできない〜
2.自分と向き合うことがファーストステップ
〜まずは"自分に備わっている良さ"を分析して〜
3.友達は信用ならない!?
〜プロの手を借りた、客観的な視点が美しさへの近道〜


=========================
【毛beauty lab とは】

[画像11: https://prtimes.jp/i/25083/2/resize/d25083-2-456940-10.jpg ]

「毛beauty lab」は、美容やライフスタイルにおいてターニングポイントを迎える、30代以上の女性たちに向けて、”顔まわりの毛“に意識を傾けてもらい、毛で新たな”美“の可能性や伸び白をご提案するために発足いたしました。眉毛・まつ毛・うぶ毛を活かし操ることによる新たな視点から、女性の”美“をサポートいたします。

今回、30・40代の美容に興味・関心のある女性を対象に調査し、分析したところ「アンチエイジングの気になり始めは平均33.3歳であること」、「美容・メイクへの意識の変化は30代から出てくること」ということが判明。30代前半からは「内面・外見ともに過剰に飾らず自身のよさを生かした自然体の生き方へと移っていく」ことがわかりました。また、「健康」「食生活」「自然体」を意識する傾向になるなど、30代前半は美容やライフスタイルにおいてもターニングポイントであることも浮き彫りになりました。

本サイトでは、さまざまな分野の専門家の方に監修頂き、調査、文化史、コラム、診断テストなど、眉毛・まつ毛・うぶ毛に関する”美“の可能性を広げていけるような情報を発信してまいります。

■サイト開設日:2017年3月30日(木)
■サイトURL:http://www.ke-beauty.jp/
=========================



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る