• トップ
  • リリース
  • <トレーニングと水分補給についての意識調査>毎日続けるなら宅トレ派!?運動をしている人の8 割がジムより自宅!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社

<トレーニングと水分補給についての意識調査>毎日続けるなら宅トレ派!?運動をしている人の8 割がジムより自宅!

(PR TIMES) 2017年03月17日(金)11時37分配信 PR TIMES

トレーニングをする約6 割の人が"宅トレーナー"を希望していることが判明!〜宅トレ派は水分補給を怠りがちなことが判明!〜

 ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社は、20 代〜60 代のジムに通っている(ジムトレ)または自宅トレーニング
(宅トレ:自宅周辺などのウォーキング、ジョギング、ランニングなども含む)をしている男女1,000 名を対象とした、
インターネットによる「トレーニングと水分補給についての意識調査」を実施しました。調査から判明した結果と、
栄養士の川端先生から伺った「トレーニング時の正しい水分補給の方法」をご紹介します。
[表1: https://prtimes.jp/data/corp/24773/table/2_1.jpg ]



 本調査では、トレーニングを行っている人の8割が宅トレを実践しており、宅トレ派はジムトレ派に比べてトレ
ーニングの頻度が高いことが判明。更に、ジムトレ派・宅トレ派それぞれの普段のトレーニングに対する満足度を
調査したところ、ジムトレ派の方が満足度が高い結果となりました。
 しかし、パーソナルトレーナーのサポートを求めている人が全体の約6割(58.5%)に達していることから、ジム
トレ派・宅トレ派どちらもトレーニングへの意識が高く、場所の違いは影響しないことが分かりました。
宅トレ派はジムトレ派に比べトレーニング時の水分補給への意識が低いものの、効果的な補給方法を知りたいと
感じている人が80%以上いる事が判明。トレーニングと水分補給の関係性についての調査では、トレーニング後にもっとも飲まれている飲料は“水”であり、飲料を選ぶ理由は、スッキリする・ミネラルが摂取出来るという回答が上位に挙がりました。

< 調査概要 >
・調査タイトル :「トレーニングと水分補給についての意識調査」
・対象者    :20 代〜60 代のジムに通っているまたは自宅トレーニング(※)をしている男女1,000 名
         (※ウォーキング、ジョギング、ランニングなども含む)
・調査期間   :2017 年2 月11 日(土)〜14 日(火)
・方法     :インターネット調査
・対象エリア  :全国
・その他   :構成比は小数点以下を四捨五入しているため、合計しても100 とならない場合があります。

1.今や時代は宅トレ派!?トレーニングをしている人の8割がジムよりも宅トレを選択!
 事前調査で『あなたは現在、自宅またはジムで体を動かすトレーニングをしていますか?』という質問をしたところ、「している」と回答した人のうち80%が自宅で行うトレーニング″宅トレ“を行っていることが判明しました。また、『あなたは、どのくらいの頻度でトレーニングをしていますか?』という質問では、「ほぼ毎日」と回答したジムトレ派は約11%(11.4%)に対し、宅トレ派は約28%(27.6%)と頻度に関しても宅トレ派が高いことが判明しました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-261437-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-373013-0.jpg ]



2.トレーニング時の満足度はジムトレ派のほうが高い事が判明!トレーニングをする約6割の人はプロのサポートを希望!
 宅トレ派とジム派それぞれに対し、『あなたが普段しているトレーニングの満足度を、点数でお答えください』という質問をしたところ、ジムトレ派は「平均72点」、宅トレ派は「平均60点」という結果となり、満足度はジムトレ派のほうがわずかに高い結果となりました。
 また、トレーニングをする人へ『あなたは、普段トレーニングをする際「パーソナルトレーナー」に指導して欲しいと思いますか?』という質問をしたところ、約59%(58.5%)の人が「してほしいと思う」と回答しました。宅トレ派とジムトレ派のそれぞれの結果をみても半数以上がパーソナルトレーナーの指導を求めており、パーソナルトレーナーへの期待が高いことが判明。また、プロからのアドバイスがもらいにくい環境にある宅トレ派においては、20〜30代が特に指導を希望していることが分かりました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-295458-2.jpg ]



Q.普段トレーニングをする際「パーソナルトレーナー」の指導をして欲しいと思いますか?

[画像4: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-718440-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-513831-4.jpg ]



3.宅トレ派・ジムトレ派共に、トレーニングをより効果的にするための「食事方法」「水分補給方法」を『知りたい』と回答!
 普段トレーニングをする人へ『トレーニングをより効果的にするための「食事方法」や「水分補給方法」があるとしたら、あなたは知りたいと思いますか?』という質問をしたところ、ジムトレ派は約90%(90.2%)、宅トレ派は約83%(83.2%)と、半数以上が「知りたい」と回答しました。

Q トレーニングをより効果的にするための「食事方法」や「水分補給方法」があるとしたら、知りたいと思いますか?


[画像6: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-248280-6.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-260072-5.jpg ]



4.宅トレ派は水分補給を怠りがち!約2人に1人がトレーニング時に水分補給が出来ていない事が判明!
 普段トレーニングをする人へ『あなたは、トレーニング中に効果的な水分補給ができていると思いますか?』という質問をしたところ、「できていない」と回答したのは全体の約40%(39.2%)という結果となりました。そのうち、ジムトレ派は約30%(29.8%)という結果に対し、宅トレ派は約49%(48.6%)と、宅トレ派の約2人に1人が水分補給が出来ていないことが判明。ジムへ行かずに自宅でトレーニングを行うことで、水分補給への意識が薄れていることが分かりました。
Q トレーニング中に効果的な水分補給ができていると思いますか?

[画像8: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-378077-8.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-366185-7.jpg ]


5.最も水分を補給しているのは“トレーニング後”という意見が約9割!それって本当に正しいの?
『あなたは普段、「トレーニング開始前」「トレーニング中」「トレーニング後」にそれぞれ何回程度、水分を摂取しますか?』という質問から、以下のような結果が判明しました。

Q トレーニング時に水分補給をしていますか?

[画像10: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-215010-10.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-908729-9.jpg ]



 
 トレーニング時全体を見ると、ジムトレ派に比べて宅トレ派は水分補給への意識が低い事がわかりました。最も水分補給への意識が高いタイミングは、ジムトレ派(約97%)宅トレ派(約87%)と、どちらも過半数の人が『トレーニング後』と回答しました。一方『トレーニング中』の水分補給への意識に関しては、ジムトレ派は約90%(89%)とほとんどの人が「補給している」と回答。それに対して、宅トレ派は約56%(56.4%)以上の人が水分補給を怠っている事が判明しました。

栄養士 川端先生に聞く、トレーニング時の適切な水分補給について

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/24773/table/2_2.jpg ]



6.トレーニング後に飲みたい飲料のポイントは“スッキリ”と“ミネラル摂取”!
 『あなたが普段「トレーニング後」に、もっとも飲んでいる飲料は何ですか?』という質問をしたところ、「水」と回答した人がジムトレ派(約45%)宅トレ派(約46%)ともに最も多い結果となりました。 また、前問で選んだ飲料を飲む理由について尋ねたところ、1位に挙がったのは「スッキリするから」次いで2位に「ミネラルが摂取できるから」という結果となりました。

[画像12: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-701644-11.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-382803-12.jpg ]



[表3: https://prtimes.jp/data/corp/24773/table/2_3.jpg ]



[画像14: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-937898-14.jpg ]

川端 理香(かわばた・りか)

WATSONIA(ワトソニア)代表。管理栄養士。元日本オリンピック委員会強化スタッフ。2004年アテネオリンピック「VICTORY PROJECT」のチーフ管理栄養士として全日本女子バレーボールチームや水泳選手などを、2008年北京オリンピックでは全日本男子バレーボールチームをサポート。JリーグプロサッカーチームやVリーグバレーボールチーム、プロ野球、プロゴルフ、スケートなど多くのトップアスリートをサポート。


▼ゲロルシュタイナーとは
 ゲロルシュタイナーは120年以上の歴史を持つドイツで最も飲まれている(※3)カロリーゼロの天然炭酸水です。 高硬度(1310mg/L)でも飲みやすくバランスの良い味わいです。またカルシウムやマグネシウムなど天然ミネラルも含んでいるので、ミネラル不足が気になる忙しい方やダイエット中の方にもオススメです。
※3:出典元:2015年ニールセン調べ
[画像15: https://prtimes.jp/i/24773/2/resize/d24773-2-946470-13.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る