• トップ
  • リリース
  • 【なんかすごい先回りしてくるマーケティング】Antuit、最先端のテクノロジーを駆使し、マーケティングフルオートメーション・フォーキャスティングサービスを提供開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

【なんかすごい先回りしてくるマーケティング】Antuit、最先端のテクノロジーを駆使し、マーケティングフルオートメーション・フォーキャスティングサービスを提供開始

(PR TIMES) 2017年04月01日(土)11時45分配信 PR TIMES

さき まわり【先回り】(名) 1.(近道などをとって)他人よりも先に目的地に到着すること。 「 -して駅で待つ」 2.他人をだしぬいて先に事をなすこと。

2017年4月1日、ビッグデータ・アナリティクスを手がけるAntuit株式会社(アントゥイット、本社:港区赤坂、代表取締役:釼持祥夫、以下Antuit)は、ビッグデータ・アナリティクスとデジタルマーケティングの技術を統合し、予測分析モデルから全てのマーケティングフローが完全に自動化した、マーケティング・フルオートメーション・フォーキャスティングサービスを提供開始いたします。
やつらを追う前に 言っておくッ! おれは今 やつらのソリューションを ほんのちょっぴりだが 体験した
い…いや… 体験したというよりは まったく理解を 超えていたのだが……

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは ECサイトで商品を選んでいたと
思ったら いつのまにかドアチャイムが鳴り、商品が届いていた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが
おれも 何をされたのか わからなかった…
頭がどうにかなりそうだった… 自動化だと機械化かだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

ーーーーーーーーーーーーーーーー

<サービス概要>

この度、ビッグデータ・アナリティクスを手がけるAntuit株式会社は、弊社のビッグデータ・アナリティクスとデジタルマーケティングテクノロジーを統合・融合し、完全自動化を実現したマーケティング・フルオートメーション・フォーキャスティングサービスを提供開始いたしました。

<サービス提供開始>
2017年4月1日〜

Antuitのビッグデータ・アナリティクスが実現するデジタルマーケティングは、近年叫ばれているMA[Marketing Automation:マーケティング・オートメーション]やAI[Artificial Intelligence:人工知能]といった概念を更に超え、自己で分析し、予測し、判断し、施策を実行する、フル・オートメーションとも言える機能を実現します。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【デジタルマーケティング・オートメーション】

AuriQ RTmetricsを利用することにより、お客様はビジネスの過去・現在・未来において、全てのタッチポイント・チャネルで「いつ」「誰に」「何が」「いくら」売れるのかを予測・予言できるようになります。

アクセス解析の高度化は、単にデータの収集だけではとどまらず、どのようなクリエイティブを制作すれば、最もアクセスPVを向上させることができるのかといった、これまでお客様のデジタル制作部門の方々が頭を悩ませていた問題を解決します。RTmetrics製品群を利用することにより、最適化のプロセスは完全に自動化されます。

もうデザインを行う必要などありません!
RTmetrics ROBOTを利用することにより、お客様のWebサイトを構成する写真を撮影し、テキストを書き、Webサイトデザインを構成することは一瞬で、いや、起動する前に終了しています。

そして、アクセス解析の結果から、どのようなデザインがよりアクセスを稼ぐことができるのかを判断することもありません。高度な予測・予知エンジンを搭載したRTmetrics ROBOTが作成したWebサイトは、それそのものが「最大のアクセスを」「最大のコンバージョン・レートで」実現するものであり、定義も、調査も、プランニングも、設計も、開発も、運用も、全てはRTmetrics ROBOTが自動的に行ってくれます。すごい。本当にすごい。
[画像1: https://prtimes.jp/i/24127/2/resize/d24127-2-534767-1.jpg ]

【RTmetrics ROBOT】イメージです。商品とは余り関係はありませんが、だいたいあってます。

ーーーーーーーーーーーーー

【オムニチャネルマーケティング・オートメーション】

AuriQ RTmetrics/BIQQは、お客様のビジネス・インテリジェンスの機能を柔軟に拡張し、どのようなビジネスチャンネルからお客様が来るのかを、事前に何ら設定することもなく、何ら、あれです、なんかすごい。

明日、明後日、明々後日、いつ、誰が、どこで、何を買うのかについて、AuriQ RTmetrics/BIQQに搭載された予測・予知エンジンが全てを予測し、回り込みます。お客様が何を必要としているのかも予測することで、Webサイトを閲覧したとき、街中でデジタルサイネージが目に入ったとき、店頭でウィンドウショッピングをしているときも、全ての視線の先にその商品をリコメンドします。

リコメンドで不足の場合、RTmetrics Shobainin(関西版)をご利用ください。商品を推薦し、お客様が購入するまで帰さないなど、素晴らしい機能が搭載されています。

姉妹製品として、RTmetrics Uwamezukaiもございます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/24127/2/resize/d24127-2-311426-5.jpg ]

【RTmetrics Uwamezukai 】つい購入したくなってくる。

ーーーーーーーーーーーーー

【ストラテジック・マーケティング・プロモーション/キャンペーン】

そろそろ何を言っているのか私どももわかりません。

一般消費財の購入のうちおよそ半分は、キャンペーンやプロモーションと連動しています。競合の多い地域や国では、小売業者やメーカーはチャネルの争奪線や、SKUの増大、低価格プロモーションなどで凌ぎを削っています。そのため取引先は、過密な市場で目立つために広告やチラシに多くを頼っています。

Antuitの開発したIntegrated Forecasting System (IFS)のオプションであるAd-integrateは、需要予測の最高峰である「予言」を実装しており、お客様が行うプロモーション/キャンペーンにおいて、最も広告のROI(投資対効果)が得られる投資配分を自動的に決定、執行します。

Webだけでなく、テレビ、新聞、看板、その他のプロモーションチャネルにおいて、最も顧客がそれを見て、最も広告された商品を購買するルートに広告を設置するため、最適な予算とクリエイティブを実現することが可能です。

ーーーーーーーーーーーーーー

【リアル・マーケティング・オートメーション】

Antuitの需要予測テクノロジーは、Webなどのデジタルだけでなく、現実世界におけるマーケティングをも包括します。

機械学習アルゴリズムによって高度にチューニングされた人工知能(Artificial Intelligence; AI)は、漁師コンピュータの働きにより全てのチャネルにおけるビジネスを予測し、お客様が欲しい商品、欲しいタイミング、お客様の予算を把握し、必要なときにその商品が届けられるように自動化を行います。

例えば、貴方がトイレに行きたくなった時、トイレットペーパーが切れそうな場合、トイレの窓を開けて領収書付きのトイレットペーパーを投げ込むことも実現します。

例えば、貴方がアパレル・ショップに入った際、最も適したサイズで、最も似合っている商品を選定し、クレジットカードで決済が終わっており、着替えもしてくれるといったことも可能です(この機能は別名「OSAKA-no-Obachan」とも言います)。

例えば、明日の面接に着ていく服がないときに、玄関先にプレスしたスーツが届いている、といったことも可能にします。

全てのビジネスにAntuitの需要予測が活用されることで、貴方は自宅から出ずに過ごすことも可能であるといえます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/24127/2/resize/d24127-2-153256-7.jpg ]

【リアルマーケティングオートメーションの実例】 注文などしなくてよいのです、自動的に商品が届き、段ボールのスキマから目があいます。

ーーーーーーーーーーーーーー

Antuitの提供するサービスは、下記のようなビッグデータ・テクノロジーと、弊社に所属する多くのデータサイエンティスト、データエンジニア、データメンタルコーチ、データセールスマン、データセクレタリー、データベビーシッター、データコピーライター、データソムリエ、データバーテンダー、データアストロノーツ、データアテンダントによって支えられています。

【Data Lake Solution : essentia】〜統合され、分析されるありとあらゆるデータたち〜

Antuitの提供するデータ・レイク・ソリューション essentiaによってありとあらゆるデータが自動的に収集され、形式が異ったり、そもそもデジタルデータとなっていないものについても、全てを統合したDMP[データ・マネジメント・プラットフォーム]へと昇華していきます。お客様は何も設定する必要はありません。

例えば以下のようなデータが、essentiaには集約していきます。
■基幹系データ
・顧客属性(年齢、性別など)
・購買データ(商品、購買額など)
・資料請求データ
・POSデータ
・GISデータ
■Webアクセス解析データ
・PV数
・流入元
・閲覧ページ
・広告効果
■非構造化データ
・写真データ
・音楽データ
・音声ファイル
・オフィスファイル
・動画データ
■リアル媒体
・授業ノート
・手書きメモ
・美術絵画
・壁の落書き
・街中の看板
・外れ馬券
■その他のデータ
・夏の思い出
・愛しさと切なさと心強さ
・ゴースト
・人間関係
・わびさび
・淡い恋心

全てのデータは一箇所に統合され、DMP[データ・マネジメント・プラットフォーム]に格納されます。格納されたデータ群は常に分析可能な形式に自動的にクレンジングされ、高速で処理され、高速すぎて処理の指示をする前に終わっていることすらあります。

セキュリティも万全で、全てのデータに「南京錠」がつけられ、お客様の首から下げたマスターキー以外では針金ぐらいでしか開くことはできませんし、開いたところで困ることはありません。

[画像4: https://prtimes.jp/i/24127/2/resize/d24127-2-161279-8.jpg ]

イメージは全く何も関係ありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【需要予測と予測精度】

お分かりいただけましたでしょうか。

弊社Antuitによる需要予測は、もはや予測精度がどうのこうのではなく、将来の需要を確信的に予測し、必要なときに、必要な人のもとへ、必要なものを届けることができます。

これまでの需要予測については主に「予測精度」についてフォーカスされることが多く、Antuitにおいても、社員の25%を占めるデータサイエンティストが、常にお客様と協働しながら精度向上に資するデータを入力することで、絶対平均比率誤差 (MAPE) 8.8%という高精度の予測を可能としてきました。

それによってお客様は年間の広告投資最適配分をシミュレーションし、同じ合計予算でも媒体毎の予算配分を変化させるだけで、CV数のアップを実現するなど、ビジネスの最大化に貢献してきたのです。

しかし、今回のリアルマーケティング・オートメーションにおいてAntuitは、私達が独自に開発した人工知能AIにディープラーニングを活用して需要予測モデリングを行うことにより、絶対平均比率誤差 (MAPE) 0%を実現し、遂に100%の精度で予測を行うことが可能となったのです。
[画像5: https://prtimes.jp/i/24127/2/resize/d24127-2-587741-3.jpg ]

【予測モデリングが外れた例】

■■■■■■■■■■■■■■■ 4月1日は、エイプリルフールです。 ■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■ 4月1日は、エイプリルフールです。 ■■■■■■■■■■■■■■■

↓↓ここからは、エイプリルフールではありません。↓↓

<プロモーション>
Antuitが提供するRTmetrics for WebLog v10発表に伴うキャンペーンを展開しております。
好評につき、4月末までキャンペーンを延長いたしますので、ぜひアクセス解析、デジタルマーケティングに関しての課題についてご相談ください。

アクセス解析ソリューション RTmetrics for WebLog v10では、ビッグデータ分析への入り口として2016年12月に機能拡充を発表し、for WebLog Advanced Analytic Moduleにおいてessentiaとの連携APIが追加され、より高速に、より多彩なデータとの結合・分析を実現可能となっています。

<キャンペーン概要>
【キャンペーン名】RTmetrics for WebLog v10 発表記念キャンペーン
【キャンペーン期間】2017年4月末申し込みまで
【対象製品】RTmetrics for WebLog・RTmetrics for WebLog AM
【キャンペーンURL】http://www.antuit.co.jp/resources/news/id_6079/


■■■■■■■■■■■■■■■ 4月1日は、エイプリルフールです。 ■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■ 4月1日は、エイプリルフールです。 ■■■■■■■■■■■■■■■



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る