• トップ
  • リリース
  • アリババ以降で最大規模のIPOを果たした「Meitu」の「BeautyCam」がぐるぐる目効果のヒットで日本のアプリダウンロードランキングトップに!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

Xiamen Meitu Technology Co., Ltd.

アリババ以降で最大規模のIPOを果たした「Meitu」の「BeautyCam」がぐるぐる目効果のヒットで日本のアプリダウンロードランキングトップに!

(PR TIMES) 2017年02月13日(月)09時22分配信 PR TIMES

今の中高生の流行りは「ぐるぐるデビュー」!?

Xiamen Meitu Technology Co., Ltd.(以下Meitu)の「BeautyCam」が日本のiOSアプリ総合ダウンロードランキングで2月5日に1位となり、その後1週間近く1位を維持。

[画像1: https://prtimes.jp/i/24081/2/resize/d24081-2-390635-0.jpg ]

Meituのカメラアプリシリーズはグローバルで11億のモバイル端末にインストールされており、MAUは4.56億を超える。そのカメラシリーズの1つである「BeautyCam」は2013年にリリースされて以来、ワンクリックで可愛くなれると多くのユーザーに利用されてきた。7レベルで調整できる美肌効果などが好評。

[画像2: https://prtimes.jp/i/24081/2/resize/d24081-2-872285-1.jpg ]


最近追加された効果は「Dizzy」、「Bubble」、「Zanilia」、「Weepy」、「Lucky Cat」など計23個。今回1位をなった要因でもある「Dizzy」機能(通称ぐるぐる目)もその1つ。他にも日本アニメ風、変顔など様々な効果がワンクリックで楽しめ、女子高生を中心に「プリクラみたい」「詐欺レベル」「1番盛れる」というTwitter上でのコメントがある。
[画像3: https://prtimes.jp/i/24081/2/resize/d24081-2-649700-2.jpg ]


バレンタインに向けて、ゲームセンターや遊園地のプリクラの代わりに、「BeautyCam」のアプリを使って恋人同士でも、友達同士でも「Dizzy」を使ってぐるぐるデビューしてみよう!

[画像4: https://prtimes.jp/i/24081/2/resize/d24081-2-667885-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/24081/2/resize/d24081-2-193846-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/24081/2/resize/d24081-2-172117-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/24081/2/resize/d24081-2-194387-6.jpg ]

※本記事のPDFダウンロード
https://prtimes.jp/a/?f=d24081-20170213-9664.pdf

【Xiamen Meitu Technology Co., Ltd.(Meitu)について】
Meituは2008年10月成立。「世界をもっと美しく」というミッションののもとにモバイルインターネット事業を行う。「Meitu(美圖秀秀)」や「BeautyCam(美顔相機)」などのカメラアプリ、「Meipai(美拍)」などショート動画、実況アプリを開発。App Annie社のデータによるとMeituはiOSの非ゲームアプリデベロッパーでトップ8位に入る。

企業URL:http://corp.meitu.com/en/
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/mei-yan-xiang-ji/id592331499?l=jp
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.meitu.meiyancamera
所在地 : 1-3F, Unit 2, Building No.6, Wanghai Road, Software Park, Siming District
CEO: Wu XinHong



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る