• トップ
  • リリース
  • 国内の有名日本料理店等での研修を終えた外国人料理人の修了式開催!同時に日本料理の調理技能認定にも挑戦し、世界初のシルバー認定者7名誕生!

プレスリリース

  • 記事画像1

国内の有名日本料理店等での研修を終えた外国人料理人の修了式開催!同時に日本料理の調理技能認定にも挑戦し、世界初のシルバー認定者7名誕生!

(PR TIMES) 2017年03月02日(木)19時20分配信 PR TIMES

〜 研修修了式・調理技能認定式を同時開催 〜

農林水産省の補助事業により日本食・食文化普及人材育成支援協議会(会長:村田吉弘)では、我が国の食関連事業者等が海外展開をする際にパートナーとなりうる外国人日本料理人の人材育成を目的として、外国人料理人を招へいし、日本料理専門の有名店における実務研修等を昨年6月から実施してまいりました。
[画像: https://prtimes.jp/i/23342/2/resize/d23342-2-449166-0.jpg ]

3月1日、菊乃井本店(京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前)にて、米国、カナダ、ブラジル、英国、トルコ、オーストリア、ラトビア、シンガポール計8か国の外国人料理人の研修生計11名が参加した修了式を行い、山田啓二京都府知事からお祝いのお言葉を頂戴すると共に、農林水産省 食料産業局 高橋一郎外食産業室長も研修生に向けて激励の言葉を送りました。

研修生たちは、研修修了にあたり、当協議会からの修了証及び集団研修協力校であるル・コルドン・ブルー東京校からの修了証に加え、農林水産省が制定した「海外における日本料理の調理技能の認定に関するガイドライン」に基づき、研修生全員がそれぞれの修得した調理技能のレベルに応じて、ブロンズ又はシルバーの認定を受けました。このうち、7名は、同制度における世界初のシルバー認定者となります。

スキルアップした研修生たちは、認定料理人として、日本食や食文化、日本産食材の魅力を世界へ広めていくことが期待されています。

【事業概要】
・事業名称:日本食・食文化普及人材育成支援プログラムJapanese Cuisine Bursary Program
・事業主体:日本食・食文化普及人材育成支援協議会
      東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル3F (株)テー・オー・ダブリュー内
・集団研修協力校:東京国際日本語学院、ル・コルドン・ブルー東京校

【実務研修協力店】※順不同
 菊乃井 京都本店
 京料理 たん熊北店
 京料理 木乃婦
 魚三楼
 祇園さゝ木
 京懐石 美濃吉本店 竹茂楼
 嵐山熊彦
 つきぢ田村
 銀座寿司幸 本店
 さかえ寿司 
 日本橋ゆかり
 日本料理 賛否両
 日本料理 龍吟

【研修生一覧】 ※順不同
 1.ジュンファ・ニー/Junhua Ni/イギリス
 2.エバンドロ・ヒデトシ・カワナミ/Evandro Hidetoshi Kawanami/ブラジル
 3.ホン・カイ・タン/Hong Kai Tan/シンガポール
 4.ペトゥラ・ヒーブラー/Petra Hieblerオーストリア
 5.マイルズ・ジェイコブ・オデル/Miles Jacob O'Dellアメリカ
 6.パトリック・ギャノン・グリーンウェイ・オデア/Patrick Gannon Greenway O‘Dea/アメリカ
 7.アルトゥロ・オネイト/Arturo Onate/アメリカ
 8.エドガー・シュトゥカ/Edgars Sutka/ラトビア
 9.フレデリック・デュモン-プランテ/Frederic Dumont-Planteカナダ
 10.ナディム・フレン/Nadim Fren/カナダ
 11.シナン・ダンガジュオグル/Sinan Damgacioglu/トルコ

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る