プレスリリース

  • 記事画像1

北海道天塩町、ランサーズと提携

(PR TIMES) 2016年11月16日(水)11時23分配信 PR TIMES

地域住民の働き方改革プロジェクトを開始し、ICTを活用した仕事機会を創出

北海道・天塩町(町長:浅田弘隆)は「時間と場所にとらわれない新しい働き方を創る」ことをビジョンに掲げるランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:秋好 陽介、以下ランサーズ)と、クラウドソーシングの普及による地域住民の働き方改革を目指し提携致しました。
ランサーズがこれまで全国の地域で取り組んできた地方創生プログラムのノウハウを活かし、地域住民に新しい働き方の定着を図ることで、天塩町を離れなくても仕事ができるようになる継続的な基盤を整備して参ります。
[画像: http://prtimes.jp/i/22605/2/resize/d22605-2-815093-0.jpg ]

・働き方改革モデルワーカー、町内を育成
北海道北部に位置し、稚内空港から約1時間の天塩町は、若者の町外への流出や高齢化などの影響で、現在町の人口は約3,200人にまで落ち込んでいます。こうした状況を受け、プロフェッショナルとのコラボレーションを次々と開始し、「未来への投資」を積極的に行っています。
天塩町は、ランサーズと協力し、地域の主婦や若者を働き手として「新しい働き方」を推進するため、クラウドソーシングを活用した仕事機会創出と、スキル向上プログラムを実施します。
・現役フリーランスのノウハウを提供
スキル向上はクラウドソーシングを活用し、実際に高い収入を得ているフリーランスを講師に招き、その仕事獲得ノウハウやスキルを育成しています。
また、受講生を仕事受注チームとすることで、ランサーズ上にある様々な案件に対し対応できる体制づくりも整備し、これにより本事業終了後も、継続した仕事受注体制を地域に定着させて参ります。
・ランサーズの地方創生×働き方改革
ランサーズの提供するクラウドソーシングサービスは、インターネット上で仕事の受発注が完結されることから、働く場所、距離の制約がないという特長があります。
現在、労働人口の減少をはじめ社会的な様々な要因に伴い、政府を中心に「働き方改革」が模索されていますが、ランサーズ株式会社では、業界のパイオニア企業としてこれを社会的責務としてとらえております。
これまでも全国10の地域と提携し、クラウドソーシングの特長を活用した主婦や若者の働き方改革に取り組んでおり、引き続きこれを推進して参ります。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る