プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ファーマインド

バナナの調達についてフィリピン政府と基本意向書締結

(PR TIMES) 2016年10月26日(水)15時56分配信 PR TIMES

年間2,000万ケースを安定的に日本へ


 株式会社ファーマインド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堀内達生)は本日、フィリピン政府とフィリピン産バナナの調達についての基本意向書(MOU)を締結しました。調印式はザ・プリンスパークタワー東京にてドゥテルテ大統領並びに関係閣僚とともに執り行われました。

 今回の合意で弊社は、フィリピンから年間2,000万ケースのバナナの調達を目指し、ドゥテルテ大統領が推進する付加価値のある農産物の生産・販売によるフィリピンでの地域開発プログラムへの協力を行います。

 弊社は日本国内にコールドチェーンによる14の青果専用加工・流通設備を有しており、全国のバナナ供給のおよそ1/3の追熟加工を担っております(注)。今回の合意によるフィリピン産バナナの調達により、一層効率的に輸入・加工・流通・販売と一貫したサプライチェーンを完結できることとなり、今までにも増して年間を通じて安定的に消費者の皆さまへ高品質で美味しいバナナを供給させていただくことが可能となります。


(注)日本には現在、年間約6,600万ケース(2015年:バナナ輸入組合)のバナナが輸入されており、その9割超がフィリピンからの輸入です(6,016万ケース)。また、バナナは総務省統計局・家計調査でみると、日本で最も消費されている果物です(2015年:年間1家計当たり18.124kg)。


<株式会社ファーマインドについて>

 株式会社ファーマインドは、日本全国で輸入及び国産青果物の流通・加工・販売を行う総合的な青果流通企業です。2015年7月に青果持株会社であったフレッシュMDホールディングス(株)、青果加工・流通会社であった(株)フレッシュシステム、青果物の受発注システム開発及びFMD事業を行っていたフレッシュリミックス(株)、九州地区の青果持株会社であったアインバンドホールディングス(株)の4社が合併し、株式会社ファーマインドとして発足いたしました。全国14拠点の青果物の流通加工ネットワークを構築し、最先端技術とコールドチェーンで、生産地から消費者の皆様へ新鮮で美味しい青果物をお届けしております。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る