プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

一般社団法人母子栄養協会

「離乳食アドバイザー」第1期生の誕生

(PR TIMES) 2016年11月28日(月)10時11分配信 PR TIMES

子育てファミリーに寄り添える「離乳食の専門家」を目指し、「離乳食アドバイザー養成講座」に全国から受講生が集まりました

「離乳食の専門家になりたい!」「お母さん達の悩みを解決したい!」…熱い思いをもった受講生が、
関東近郊だけではなく、東北、四国、九州からも集まり、代表理事の川口 由美子(管理栄養士:女子栄養大学 生涯学習講師)の熱い講義に耳を傾けました。
2016年11月26日に行われた「第1回 離乳食アドバイザー養成講座」のレポートです。



現在の子育てファミリーは、離乳食について何らかの困りごとを抱えています。「作るのが負担、大変」「食べる量が少ない」など、悩み事は多岐にわたり、それぞれにいろいろな生活背景があります。
そんな今だからこそ、乳児の生態を深く理解した上で、子育てファミリーに寄り添ったアドバイザーが望まれています。


[画像1: https://prtimes.jp/i/22186/2/resize/d22186-2-602097-1.jpg ]

そのような現代のニーズに対応して、11月26日、一般社団法人 母子栄養協会(http://boshieiyou.org)が第一回「離乳食アドバイザー養成講座」を開きました。
講座を受けた受講生は、保育士や栄養士、学校教師、食育関連資格保持者などが多くみられ、受講理由を尋ねると「保育園では離乳食の相談が多いので、アドバイスができたらいいと思った」と実際に指導に困った経験がある人から、「子どもが産まれて食育に興味が出たため」という母親まで様々でした。
丸一日の講義を受講した後は「正しい離乳食を広めたい」「地元で離乳食教室を開いてみたいと思った」「保護者さんにアドバイスしていきます」など、この受講を活かしたいという意気込みにあふれていました。


新しく誕生した「離乳食アドバイザー」の今後の活躍にご期待ください。
ーーーーーーーーーーー
[画像2: https://prtimes.jp/i/22186/2/resize/d22186-2-407301-0.jpg ]

母子栄養協会では、各種アドバイザー養成講座を通じて、乳幼児期の子供がいる家族を支援する人材の育成、また子育て中の家族と地域をつなぐコミュニケーションの支援や、地域の健康増進に貢献していきます。さらに今後は、妊活・妊娠期の女性の食事にはじまり、離乳食・幼児食・学童期の子供まで、それぞれのライフステージにあわせた母子栄養の専門家を育成することで、育児に悩む母親たちに寄り添う人を増やし、子供たちの健やかな成長を応援する取り組みを行っていきます。
次回は2017年1月26日(土)妊産婦アドバイザー養成講座、2月4日(土)幼児食アドバイザー講座です。
ーーーーーーーーーーー
【本件に関するお問い合わせ】
一般社団法人 母子栄養協会
TEL:03-4405-5515 (8:30 - 17:30 / 日・祝日除く)
http://boshieiyou.org
MAIL: info@boshieiyou.org



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る