• トップ
  • リリース
  • シ゛ェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムス゛「ジャパン・ドローン2017」に出展

プレスリリース

  • 記事画像1

ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ

シ゛ェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムス゛「ジャパン・ドローン2017」に出展

(PR TIMES) 2017年03月23日(木)15時44分配信 PR TIMES

2017年3月23日 - 遠隔操作航空機(RPA)システム、レーダー、および電子光学と関連ミッション・システム・ソリューション製造分野においての主要企業であるシ゛ェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムス゛社(以下「GA-ASI」)は、本日3月23日(木)から25日(土)まで幕張メッセで開催される「ジャパン・ドローン2017」に出展します。GA-ASIのブースは、幕張メッセ 国際展示場5ホール小間番号C-11に位置しています。
[画像: https://prtimes.jp/i/21964/2/resize/d21964-2-691716-0.jpg ]


昨年10月開催された国内外の航空宇宙関連企業・団体を一同に集めた「2016年国際航空宇宙展への出展に続き、今回、ドローンに特化した単独開催の国際展示会および会議イベント「ジャパン・ドローン2017」へ出展します。GA-ASIは、RPA分野でのパイオニアとして、SAA( Sense-And-Avoid)や、DDR(Due Regard Radar)などによる能動的な周辺監視機能と優れた安全性を提供しており、展示ブースではカテゴリーの中でも主要機であり、アメリカ国土安全保障省で数多くの運用実績を持つガーディアンをはじめとするGA-ASI製品とそのすぐれた機能性、操作性をご案内します。

ガーディアンERは、海上での使用を想定した情報・監視・偵察(ISR)用の航空機であり、NATOのSTANAG 4671に規定(UAV SYSTEM AIRWORTHINESS REQUIREMENTS)に完全に準拠し、幅広いミッション・セットに備えて積載量が大幅に拡大されています。同機には海面捜索レーダー・センターライン・ポッドが搭載され、近年、非常に関心が高まっている対弾道ミサイル防衛と海上での広域監視や、海上保安庁による災害救助や環境モニタリングに最適です。なお、同機はイージス艦をはじめとする他のプラットフォームとの相互運用も可能です。

なお、3月23日(木)13時からブース内にて、アジア太平洋地域 国際戦略開発担当 副社長のテリー・クラフト(Terry Kraft)による同社の製品およびサービスの最新情報についてのプレゼンテーションが行われました。来場者からは、製品についての多くの質問が出るなど、同社への関心の高さがうかがえました。


■出展概要は下記の通りです。

〜 記 〜

・展示会名:「ジャパン・ドローン2017(第2回 Japan Drone 2017)」
・開催期間:2017年3月23日(木)〜25日(金)
・会場:幕張メッセ(〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1)
・ブース小間番号:国際展示場5ホール C-11
・交通:JR京葉線 - 海浜幕張駅から 徒歩約5分
・JR総武線・京成線 - 幕張本郷駅から「幕張メッセ中央」行きバスで、約17分


【GA-ASIについて】
ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムス゛社(General Atomics Aeronautical Systems, Inc.)はGeneral Atomicsの関連会社であり、軍事および民間向けの無人航空機(RPA)システム、レーダー、および電子光学と関連ミッション・システム・ソリューションを通じて、世界中に状況認識能力を提供しています。GA-ASIのAircraft Systems部門は、Predator(R) A、Predator、またはB/MQ-9 Reaper(R)、Gray Eagle、新しいPredator C Avenger(R)、およびPredator XPを含む、優れた信頼性に定評あるRPAシステムの設計と製造をリードしています。また次世代Advanced Cockpit GCSを含む、さまざまな超高度なデジタルGCSも製造し、パイロットのトレーニングとRPA運用のためのサポートサービスも行っています。Mission Systems部門はLynx(R) Multi-mode Radarと高度なClaw(R)センサー制御および画像分析ソフトウェアの設計、製造、および有人と無人の両方の航空機へのそれらの組み込みを行っています。この部門はまた情報・監視・偵察(ISR)用航空機への一体型センサー・ペイロード提供にも注力し、高エネルギー・レーザー、電子光学センサー、およびメタマテリアル・アンテナの開発も行っています。詳細についてはwww.ga-asi.comをご覧ください。


以上

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る