• トップ
  • リリース
  • 羽田空港を拠点とした革新的鮮魚流通を目指すCSN地方創生ネットワーク株式会社 〜 三菱地所株式会社との資本業務提携について

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

CSN地方創生ネットワーク株式会社

羽田空港を拠点とした革新的鮮魚流通を目指すCSN地方創生ネットワーク株式会社 〜 三菱地所株式会社との資本業務提携について

(PR TIMES) 2017年01月18日(水)15時31分配信 PR TIMES

三菱地所をリードインベスターとした最大10億円の資金調達を実施

平成28年12月22日、CSN地方創生ネットワーク株式会社(以下、「CSN」)は、三菱地所株式会社(以下、「三菱地所」)を引受先とする第三者割当増資による資金調達を実施致しました。また、同時に業務提携を行い、相互の事業基盤を最大限に活用することで事業シナジーを実現し、競争力を一層向上して参ります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/19609/2/resize/d19609-2-684822-2.jpg ]

資金調達の概要
CSNは、本ラウンドで最大10億円の資金調達を予定しており、リードインベスターである三菱地所による資金調達の一部は完了しておりますが、平成29年6月26日を最終クロージング日として、相互に事業シナジーを享受できる複数の事業会社を中心に、追加の資金調達プロセスを進めております。三菱地所を中心とした複数の事業会社等と連携しながら、政府の掲げる「水産日本復活」、「地方創生」及び「水産物輸出拡大」を強力に推進して参ります。

資金使途
CSNは、本ラウンドにおける資金調達により、ITプラットフォームの整備、優秀な人材の獲得及び海外展開に関する事業投資を進めて参ります。また、成長スピードを加速するために、引き続き企業価値向上に資するM&Aを積極的に実行して参ります。これらの将来に向けた積極的な投資を行いつつも、早期収益化の実現にコミットして参ります。

業務提携の概要
CSNと三菱地所は、パートナー企業として、複数の具体的事業領域で連携して、事業シナジーを実現して参ります。本提携は、数年後の株式公開を目指すCSNにとって非常に強力な成長エンジンとなることが期待されます。
<連携を行う事業領域>

羽田空港での市場運営に関する知見や産地リレーションの共有を通じた、国内外の拠点整備における連携
三菱地所レジデンスが分譲する分譲住宅の居住者や三菱地所のレジデンスクラブ会員様へのサービス提供
三菱地所グループの商業施設テナントやホテルの仕入れサポート
三菱地所による国内外における不動産取得や紹介に関するサポート



今後のスケジュール
平成28年12月22日: 出資及び業務提携の合意
平成29年01月18日: 出資及び業務提携に関するプレスリリース
平成29年01月19日: カンブリア宮殿放送日
平成29年1月〜3月:  フォロー投資家によるデュー・ディリジェンス
平成29年4月下旬:  最終合意、プレスリリース
平成29年6月26日:  追加発行可能期間の最終期日


+++ ご参考資料 +++

CSNの概要
羽田空港の制限区域内に鮮魚加工センター「羽田鮮魚センター」を有する世界に類のないベンチャー企業であり、羽田鮮魚センターを拠点に革新的鮮魚流通を目指しています。平成27年9月29日の羽田鮮魚センターのオープン以来、顧客や取引産地を順調に増やし、今月下旬には、銀座にプロ向け鮮魚店のオープンを予定しております。

<前年度月次売上高の推移(単位:百万円)>
[画像2: https://prtimes.jp/i/19609/2/resize/d19609-2-148193-3.jpg ]


<国内事業と輸出事業の売上高比率(2016年9月末時点)>
[画像3: https://prtimes.jp/i/19609/2/resize/d19609-2-258855-5.jpg ]


<経営陣の概要>

代表取締役 野本 良平
2014 年 10 月、当社設立。代表取締役に就任
就任以前は、エー・ピーカンパニー副社長、柿安本店常務執行役員、他企業役員を歴任
農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE) 6 次産業化プランナー
塚田農場・四八時代から培ってきた漁師との信頼関係と地方の農家・漁師と直接契約して食材流通の仕組みを変革した実績を有す

取締役CFO 三輪 航平
2016 年4月、当社取締役 CFO に就任
以前は、ゴールドマン・サックス証券、モルガン・スタンレー証券等で M&A や資金調達業務に従事。その他外資系コンサルティング会社等にて勤務
北海道大学 理学部化学科量子化学修了

取締役 加藤 百合子
エムスクエア・ラボ 代表取締役、2014 年 10 月、当社取締役就任
総務省情報通信審議会専門委員、経済財政諮問会議「選択する未来」専門委員、信州大学客員教授などを務める
第 1 回 DBJ 女性新ビジネスプランコンペティションで女性起業大賞受賞
東京大学 農学部卒

取締役 木内 博一
和郷園 代表理事、和郷 代表取締役、2016 年8月、当社取締役に就任
野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社顧問
千葉大学非常勤講師、明治大学非常勤講師
千葉県農林水産功労者賞を受賞、「千葉県ベンチャー企業経営者表彰」優秀社長賞を受賞など
農林水産省・農業者大学校卒

監査役 伊藤 徳高
アレン・アンド・オーヴェリー外国法共同事業法律事務所 弁護士、2016年12月、当社監査役就任
以前は、アンダーソン・毛利法律事務所(現アンダーソン・毛利・友常法律事務所)、スキャデン・アープス法律事務所、バークレイズ証券投資銀行部門等にて勤務
早稲田大学法学部卒業、コロンビア・ロースクール(LLM)卒業


<羽田鮮魚センターの概要>
2015年9月29日、羽田空港の制限区域内に鮮魚センターをオープンし営業を開始致しました。半導体精密機械工場におけるクリーン環境と同等の衛生基準を実現し、米国FDA基準HACCPを取得。鮮魚仕分けのみならず、加工や真空パックなどの要望にも対応が可能となっています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/19609/2/resize/d19609-2-901141-4.jpg ]



本件に関するお問い合わせ先
CSN地方創生ネットワーク株式会社:
取締役CFO 三輪 航平 (TEL : 03 - 4500 - 2340)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る