• トップ
  • リリース
  • 富士化学工業、関西学院大学と光エネルギーを使い、水から水素を発生させる安価な新規触媒を共同開発

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

富士化学工業株式会社

富士化学工業、関西学院大学と光エネルギーを使い、水から水素を発生させる安価な新規触媒を共同開発

(PR TIMES) 2017年03月03日(金)10時30分配信 PR TIMES

3月の人工光合成国際会議ICAPR2017で発表

富士化学工業株式会社(本社:富山県中新川郡上市町、代表取締役社長:西田光徳)は、関西学院大学理工学部橋本秀樹教授と共同で、光エネルギーと鉄・炭素・酸素のみから成る新規触媒を使い、水から水素を発生させるシステムを開発しました。この研究について、3月3日に京都で開催される人工光合成国際会議ICAPR2017でポスター発表いたします。

水素は次世代エネルギーとしての活用が見込まれており、その市場規模は2050年に日本だけでも8兆円にのぼると言われています(※1)。現在その原料には、化石燃料ならびに天然ガスが主に使われており、現在開発中の水素発生システムには白金などの高価な金属が必須です。そのため地球上に豊富に存在する安価な素材を使用したシステムの開発が望まれています。

このたび弊社と橋本教授とが共同で開発した新規触媒は、地球上に最も多く存在する鉄、炭素、酸素を材料としているため安価であることが特長です。またこの触媒は繰り返し使うことができ、電極触媒としても利用可能でプラチナの代替ともなり得ることが、研究でわかっています。

橋本教授は世界の人工光合成研究の第一人者であり、人工光合成による次世代燃料開発を手掛けてきました。また弊社はCSD(クローズドスプレードライ)に代表される粉体加工技術のリーディングカンパニーとして培ってきた技術を触媒の加工に活かし、水素発生システムの開発を行なっており、その一貫した共同開発のもとで本成果が実現いたしました。

なお、人工光合成国際会議ICAPR2017では、1.触媒の合成法と性状 2.触媒の水素発生評価の2題を発表いたします。

※1 経済産業省「水素・燃料電池戦略ロードマップ」
※2 人工光合成国際会議ICAPR2017 ウェブサイト http://artificial-photosynthesis.net/ICARP2017/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る