• トップ
  • リリース
  • 日本の伝統である着物帯を、Japaranが世界に一つの鞄に生まれ変わらせます

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

日本の伝統である着物帯を、Japaranが世界に一つの鞄に生まれ変わらせます

(PR TIMES) 2017年02月13日(月)09時22分配信 PR TIMES

『もったいない』から生まれたエシカルブランド Japaran。使われなくなった伝統織物の着物帯を、職人の技で世界に一つだけの鞄に再生しました。日本の伝統文化に新しい発想を加え新たなカタチを提案します

大人が使えるファッションアイテムとしてのランドセルを販売し話題になったJaparanが、平成29年2月15日(水)~17日(金)国立代々木第一体育館(10:00~18:00)で行われるrooms34にて新しく生まれ変わったJaparanをお披露目いたします。
西陣、レザー、ジャパンデニムの3種が新たにバージョンアップし、より華やかなラインナップになりました。また京都西陣織り織元とのコラボ商品「西陣×蝶ネクタイ」も新発表いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/16125/2/resize/d16125-2-425689-0.jpg ]

大人のランドセル「Japaran」から新作を発表!

使用済みのランドセルをリユース
エコサイクルから生まれた 新しいランドセルのスタイル。
ランドセルをより自由に。ランドセルが、丈夫で機能的、そしてオシャレなバッグとして愛用できる大人向けアイテムへと生まれ変わりました。
『不要になったランドセル』に日本の伝統織物、西陣織の帯や上質な本革、岡山県児島のJAPANデニムを使い,当社の職人がひとつひとつ丁寧に手作業で作る、世界にひとつのランドセルです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/16125/2/resize/d16125-2-404659-4.jpg ]


西陣クラッチ・西陣×レザークラッチ 装い新たに新登場!
《帯は着物を着るためのアイテム》という固定概念ではなく、伝統的な織物技術の美しさ・繊細さはそのままに、もっと気軽に色々な場面で身に付ける現代(いま)の感覚で表現した
世界に一つだけの鞄を提案いたします。

〜西陣クラッチ〜
 1000年以上に渡り織り続けてこられた日本を代表する絹織物である西陣織のアンティーク帯をリユースし、
職人が一つ一つ丁寧に手作りで作る世界に一つの鞄です。
西陣織の鮮やかで大胆な色の組み合わせ、絹織物の贅沢な質感を活かした存在感あるデザインは、和装から
フォーマル、カジュアルな装いまで様々なスタイルで楽しめます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/16125/2/resize/d16125-2-345737-1.jpg ]


〜西陣×レザークラッチ〜
 鞄本体に手を挟み込める形を実現しました。今までのクラッチバッグ特有の不安定感を解消し、よりスタイリッシュな装いに改良しました。後ろにはポケット付き、機能的にもアップした新しい「西陣×レザークラッチ」を提案いたします。
 上質な本革とアンティークの西陣織をMIXしたクラッチバッグ。スタッツをあしらった大人かっこいいデザインから、人気のフリンジタイプなど、どれも存在感抜群です。革の色やデザインにもこだわり、どれも個性的な1点物の鞄です。
[画像4: https://prtimes.jp/i/16125/2/resize/d16125-2-483005-2.jpg ]


[画像5: https://prtimes.jp/i/16125/2/resize/d16125-2-260876-3.jpg ]


[画像6: https://prtimes.jp/i/16125/2/resize/d16125-2-657787-6.jpg ]

京都西陣織の織元とのコラボ商品!
 
 西陣織×蝶ネクタイ
  京都西陣織りの織元とのコラボ商品
  左右非対称のアシンメトリーデザインや、本革・JAPANデニムなど異素材をミックスしたデザインなど、
  個性と存在感を存分に楽しめる商品です。

[画像7: https://prtimes.jp/i/16125/2/resize/d16125-2-989001-8.jpg ]



JAPANデニムとアンティーク着物帯のコラボ商品!

《JAPANデニム×着物帯クラッチバッグ》
世界有数のデニム産地 岡山県倉敷のJapanデニムと、アンティークの着物帯をミックスしたコラボ商品。
A4サイズが入る大きさなので、PCや書類なども収納できる機能性にもすぐれた鞄です。
男女問わず、通勤や通学にも使えるデイバッグです。

[画像8: https://prtimes.jp/i/16125/2/resize/d16125-2-395544-5.jpg ]

    
ブランド:Japaran(ジャパラン)とは

国や世代を超えて、世界へ語り継ぎたいモノが日本には沢山ある
〜MOTTAINAI(もったいない)から生まれた エシカルブランド『Japaran』〜
使われなくなった伝統織物の着物帯を職人の技で世界に一つだけの鞄に再生しました。 日本の伝統文化に新しい発想を加え、新たなカタチを提案します

私たちのモノ創りのきっかけは「もったいない」でした。
日本各地の繊維織物産地との繋がりを軸に
今までの《帯は着物を着るためのアイテム》でしかなかった固定概念を取り払い
伝統的な織物技術の美しさ・繊細さはそのままに
現代(いま)の感覚で表現した「和モダン」な鞄をコンセプトに
もっと気軽に、もっと様々なシーンで身につけられる
世界に一つだけの鞄を提案します。

そのひとつとして、Japaranは、
様々な素材で表現されたデザイン。
厳選された本革や、
世界有数のデニム産地、岡山県児島の「ジャパンデニム」など、
上質な素材を用いて生み出された
伝統織物の帯に負けないプロダクトは、
コーディネートの幅を広げ、多彩なスタイルが楽しめます。

日本には、国や世代の垣根を超えて、世界へ発信したい日本の伝統文化がたくさんあります。
その中でも「着物の帯」は、日本の伝統織物として世界に誇れる技術と美しさです。
今、沢山の帯が使われることなく、眠っています。
私達はその眠っている古き良き『帯』に命を吹き込み
新しい発想を加え、職人の技で新たなカタチを再生します。

『もったいない』から生まれた私たちのモノづくりは、
使われずに眠っている日本伝統の着物帯をバッグに生まれ変わらせ、
日本の伝統文化に新たな命を吹き込み、拡げ伝えていくプロジェクトです。

Japaran出店情報
*2017年2/15(水)〜2/17(金) ファツションとデザインの合同展示会「rooms 34」出展
 開催場所:  国立代々木競技場第一体育館
時間:    10:00〜18:00
ブースエリア: rooms地場産エリア「J-35」
 HP:     http://www.roomsroom.com/

*2017年2/20(月)〜2/28(火)和洋折衷 出店
 開催場所:東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル6階
      Galerie La Salon de La(ギャルリー ラー・サロン ドゥ ラー)
      http://salondela.com/
 時間:  12:00〜19:00(期間中日程により開催時間が異なりますのでお問い合わせください)
 
  
     



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る