• トップ
  • リリース
  • 株式会社キメラ、シードステージで総額1億円超の第三者割当増資を実施、ならびにあすかホールディングス取締役会長の谷家衛氏が取締役に就任

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社キメラ、シードステージで総額1億円超の第三者割当増資を実施、ならびにあすかホールディングス取締役会長の谷家衛氏が取締役に就任

(PR TIMES) 2015年08月18日(火)12時02分配信 PR TIMES


株式会社キメラ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:家入一真)はEast Ventures(イーストベンチャーズ株式会社、パートナー:松山太河、衛藤バタラ)、谷家衛氏(詳細後述)、山田進太郎氏(株式会社メルカリ:代表取締役社長)、内藤裕紀氏(株式会社ドリコム:代表取締役社長)など複数の個人投資家、株式会社リブセンス(代表取締役社長:村上太一)を引受先に第三者割当増資を実施しました。

この第三者割当増資により総額1億円超を資金調達したことをお知らせ致します。また、合わせてあすかホールディングス取締役会長の谷家衛氏が取締役に就任致しました。

この度の資金調達により、開発人材の拡充、マーケティング強化、開発環境の整備を行う予定です。

・株式会社キメラについて

株式会社キメラは、東京(渋谷)を拠点に、あたらしい働き方の提案や雇用力を強化するサービスを開発しています。現在、あたらしい採用プラットフォーム「LEAN」を開発中。

所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目10番12号
創業:2015年2月
代表者:代表取締役社長 家入一真
URL:http://ximera.co.jp/


<LEANについて>
企業の雇用力を強化するあたらしい採用プラットフォーム。ただいま、クローズドβ版の利用者の応募を受付中。
URL:http://lean.jp/


・谷家衛氏について

東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズに1987年に入社。アジア最年少のマネジングディレクターに就任し、日本及びアジアの投資部門の共同統轄者を務める。1999年にチューダーキャピタル•ジャパンに創設中心メンバーとして参加。2012年に同社のMBOにより、あすかアセットマネジメントを設立。日本における有数の独立系オルタナティブ運用会社に育て上げる。
創業支援としては、ライフネット生命、スタジオヨギー、Campus for H、お金のデザインなどがある。
NPO、NGOとしては、日本初のインターナショナルボーディングスクール(ISAK)を着想し、発起人代表として学校を開設すると同時に、 ヒューマン・ライツ・ウォッチの東京委員会Vice Chair Person、日本再建イニシアティブの理事を務める。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る