• トップ
  • リリース
  • UC Berkeley 発のNelumbo社、シリーズAで1,400万ドルをUS、日本、デンマーク、ドイツ、台湾の投資家から調達

プレスリリース

UC Berkeley 発のNelumbo社、シリーズAで1,400万ドルをUS、日本、デンマーク、ドイツ、台湾の投資家から調達

(PR TIMES) 2020年04月22日(水)15時05分配信 PR TIMES

高度かつ廉価なナノ構造制御技術をプラットフォーム化し、HVAC-R(空調・冷蔵)や高機能繊維などの分野の事業を拡大

UC Berkeleyの研究成果を基に2016年に起業された素材系のDeep Tech スタートアップで、ナノ構造制御技術を利用した表面改質分野のパイオニアであるNelumbo Inc.(以下Nelumbo)は、米Prime Mover's Lab (PML)と株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)が共同リードするシリーズAとして1400万ドルの資金調達を行ったと発表しました。 本資金調達にはSafar Partners(米)、Darwin Venture Management(台湾)、Neue Fund(ドイツ)が参加し、また既存株主のBerkeley Catalyst Fund(米)、Photon Fund(米)、Danfoss(デンマーク)からの追加出資を受けています。
カリフォルニア州ヘイワード(HAYWARD) 2020年4月16日

Nelumboは、UC Berkeleyの研究成果を基に2016年に起業された素材系のDeep Tech スタートアップです。 ナノ構造の制御技術で対象物の表面に対象物とは異なる素材の3次元構造を生成させる新しい手法をプラットフォーム化しており、様々な分野での応用が期待されています。 当社の技術の特徴は、低コスト、拡張性、環境的に持続可能な方法で精密なナノ構造を設計できることで、大規模なグローバル企業によって活用されています。

今回の増資で調達した資金は既存の空調・冷蔵(HVAC-R)と機能性繊維分野における事業の大幅に成長と、新たなビジネスラインを立ち上げることで先進技術プラットフォームの探索と開発を継続することに使用されます。

Nelumbo社CEOのLiam Berrymanは、次のように述べています。

「私たちの事業展望にマッチした強力なバランスを生み出す新しいパートナーとなる投資家を迎えることができ、非常に興奮しています。 5年前の設立以来、私たちは重要な商業パートナーを引き付け、大きな市場の問題点を検証し、新しい分野での機会を開発することに成功してきました。今回の資金調達と新たなパートナーからの支援により、私たちは、社会を構成する製品を変革する企業としてのリーダーとしての地位を倍増させることを計画しています。」

今回の資金調達に伴い、共同創業者でエンジニアリング担当SVPのDavid Walther氏、Prime Mover's Labの創者でジェネラルパートナーのDakin Sloss氏、UTECのパートナーである井出啓介氏が取締役に就任しました。

Prime Mover's Labの創業者でジェネラル・パートナーのDakin Slossのコメント:

「使用する素材を改良することで、Nelumboは人と地球のために優れた製品を生み出す道をリードしています。世界で最も重要な市場のいくつかでクライアントにサービスを提供しようとするチームの絶え間ない努力には感銘を受けました。Prime Mover's Labは、彼らの野心的な旅のパートナーとして貢献する機会を与えられたことに感謝し、Nelumboが先端材料の未来を変えると信じています」と述べています。

UTECのパートナーである井出啓介のコメント:

「Nelumboの技術プラットフォームは非常に汎用性が高くかつユニークで、人類が直面している問題を一つだけでなく多く解決する可能性を秘めています。 私たちは、経営陣の事業領域の創出に対する熱意や、業界に新しいビジネスモデルを導入するための創造性に感銘を受けました。ビーチヘッド市場であるHVAC-Rは地球温暖化や世界的な生活水準向上の観点からクリティカルな産業であり、特にアジアでは需要・供給両面で極めて重要な産業です。 この地域でのビジネス拡大に向けて、このチームと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。」

Nelumboについて

Nelumboは、独自のナノ構造制御技術を利用した表面改質プラットフォームを活用することでビジネスパートナーが自社の製品ラインを競合他社と差別化し、コモディティ化された環境でより大きな価値を生み出すことができるよう支援しています。金銭的価値だけでなく、Nelumboの製品は天然資源の枯渇を抑え、エネルギーと排出効率の向上にも貢献しています。

今日では、冷却システム(空調・冷蔵)やテキスタイル(機能性アウターウェア)のためのナノ構造表面を利用した商業用途は、2,000億ドル以上の成長市場となっていますが、年間5億トンの炭素相当量の排出にも責任を負っています。私たちは、文明の最も重要な問題を解決するための強力なツールとしてのナノ構造体の採用を推進する新しいパートナーシップにより、私たちのプラットフォームが製品と生活を変える方法を継続的に拡大しています。

Contact

株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ
nelumbo@ut-ec.co.jp

Lisa Palacio
JConnelly
973-850-7317
lpalacio@jconnelly.com

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る