• トップ
  • リリース
  • スナップチャットがAR技術プラットフォーム「Lens Studio」を大幅にリニューアル

プレスリリース

スナップチャットがAR技術プラットフォーム「Lens Studio」を大幅にリニューアル

(PR TIMES) 2019年08月27日(火)19時44分配信 PR TIMES

更に多様なクリエイターの方々を応援する6つの新しいテンプレートと、14か所に更なる「ランドマーカー」が追加されました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/47853/1/resize/d47853-1-732985-0.png ]

米SnapがARレンズを開発するクリエイターの方々を応援するプラットフォーム Lens Studio をアップデートしました。 この無料デスクトップアプリ「Lens Studio」のリニューアルにより、誰でも新しいARレンズを作成することが出来るようになりました。2Dイラストレーターから、経験豊富な開発者まで、更に多様なクリエイターの方々に対応できる、新しい6つのテンプレートや、14か所に更なる「ランドマーカー」が追加されました。
SnapのLens Studioによって誰でもARレンズが簡単に作成、そして共有ができます。


アップデートに含まれるもの:

最新テンプレート
既存の40以上のテンプレートに更に6つ追加されました。


Face In Video: 自分の顔を映像の中でトラックできます。
Portrait Particles: ユーザーの頭の周りにカスタムされた粒子がちりばります。 ヘッダー、フッター、飾りで装飾できます。パーティーに最適です!
Countdown: 位置についてよーいカスタム!特定した日にちまでカウントダウンするレンズを作れます。3Dハットやメガネも追加できます。
Skeletal: 2D画像を頭、首、肩、肘、手にトラックし、骸骨風のフィルターを作成できます。
Hair colour: 自分のヘアカラーを変化できます。
Make-up: ARリップ、チーク、シャドーなどでお化粧も簡単にできます。



更なるクリエイターを応援
[画像2: https://prtimes.jp/i/47853/1/resize/d47853-1-519388-2.png ]

初めてダウンロードするレンズクリエイターの方々にも、簡単に参加していただけるように、入門ツアーとして、利用方法を段階をおって説明しております。Lens Studioの経験がある方々は「スタート」画面から、新しい機能を説明するポップアップで確認していただけます。

Lens Studioのテンプレートは現在GitHubに掲載されており、クリエイターの方々が自分の作品をアップすることが可能です。*lens-studio* で検索しアップロードすれば他のクリエイターがあなたの作品を閲覧でき、感動を分かち合うことができます。


新しいランドマーカー
[画像3: https://prtimes.jp/i/47853/1/resize/d47853-1-837848-1.jpg ]


今年の春に導入された「ランドマーカー」が世界各国の名箇所(ランドマーク)にリアルタイムで反応するAR技術です。

本日、新しく14ヶ所 の「ランドマーカー」が追加されました。Snapchatのユーザーの方は実際のロケーションにいって、経験することができます。


エトワール凱旋門 - パリ、フランス
プラハの天文時計 – プラハ、チェコ
ブランデンブルク門 – ベルリン、ドイツ
エル・カスティーヨ – チチェン、メキシコ
ガラタ塔 – イスタンブール、トルコ
インド門 – ムンバイ、インド
ピサの斜塔 – ピサ、イタリア
ロンドン自然博物館 – ロンドン、イギリス
新市庁舎 – ミュンヘン、ドイツ
マダイン・サーレハ - マダイン・サーレハ、サウジ・アラビア
ギザの大スフィンクス – ギザ、エジプト
自由の女神像 – アメリカ
タージ・マハル – アグラ、インド
タワー・ブリッジ – ロンドン、イギリス



Lens Studio 2.1についての更なる詳細は lensstudio.snapchat.com にて掲載されています。


≪ 本件の掲載に関する問い合わせ先 ≫
コミュニオン株式会社
TEL:03-5468-5278 / MAIL:snapchat@communion.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る