• トップ
  • リリース
  • KantarとProfitero、メーカー向けeコマース事業サポートサービスを共同開発

プレスリリース

KantarとProfitero、メーカー向けeコマース事業サポートサービスを共同開発

(PR TIMES) 2019年04月24日(水)10時40分配信 PR TIMES

ショッパー戦略はじめ営業戦略に精通する世界的コンサルティング会社Kantarと世界50ヶ国以上の全ECモールを分析するツール開発企業Profiteroが共同でサービス提供へ

ショッパー戦略はじめ営業戦略やマーケティングに精通する世界的コンサルティング企業であるKantar Consulting(以下カンター社)と世界各国に拠点を持ち、50ヶ国以上の全ECモールを分析するツール開発プロバイダーであるProfiteroが共同でeコマース事業サポートサービスを共同で開発、提供することに合意いたしました。本サービスは、自社ECサイトを運営またはECモール上で自社製品を販売する企業を対象するもので、日本のみならず、世界各国で展開されるものです。具体的には、ネットワーキングサービスやイベント、ネット配信による研修を通じたクライアントのEC事業担当者のスキルアップや、EC事業のデータ分析パッケージサービスやコンサルティングサービスをご提供することで、ECビジネス拡大を狙う企業のサポートを行うものです。
本件は、アメリカ・ボストンで開催されていた「eCommerce & Omnishopper Conference」で発表されたものです(ロンドン&ニューヨーク 2019年4月3日発)。

実店舗事業、ブリック&モルタル事業で成功することは容易なことではありません。Amazonのような、アルゴリズム主導のデジタルプラットフォーム、eコマースビジネスで成功することはなおさら困難なことでしょう。

デジタル上の在庫に影響を与える要因は実に多岐に渡ります。ブランドごとに何百もの商品が存在し、何十もの販売業者が存在するため、在庫は多岐にわたります。その為、デジタル在庫は、とてつもなく早いスピードで動いてしまいます。

こうした状況に対応する為、企業は雇用拡大、投資を急速に増やしています。昨年12月にカンター社とプロフィテロ社が共同で実施した調査によれば、大手メーカーは、2017年からeコマース関連の人材登用をほぼ90%も増加させ、76%が、さらにeコマースビジネスへの投資を増やす予定であることが明らかとなっています。3分の1の企業が、売上の10%をツールや人材、外部業者の利用に投資する計画をしていると言われています。

カンター社とプロフィテロ社は、戦略と実行を円滑に繋げる為のサービスを開発し、eコマースビジネスに携わる企業がより効率的に投資ができるようサポートいたします。

・効果的な戦略の策定
カンター社が提供する市場データやコンサルティングサービスを使うことで、クライアントは最も増加している顧客や流通経路、カテゴリーやアソートメントの機会を特定できます。アマゾンや何千ものECモールで販売されている商品販売動向を読み解くプロフィテロ社のきめ細かいアイテム単位のデータを組み合わせて使うことにより、よりきめ細やかな戦略やプランニングをすることが可能となります。

・効果的な組織運営
カンター社の組織運営に関する知見、専門性やベンチマークの研究手法とプロフィテロ社のデータを活用することにより、最重要事項に対し企業は最適な人材数、プロセス、仕組みづくりに活用できるようになります。また、カンター社とプロフィテロ社は、eラーニングツールやライブ配信による研修プログラムを共同開発していますので、企業がより高いパフォーマンスを出すことができるeコマースの人材づくりのお手伝いができます。

・効果的に業務を遂行
プロフィテロ社のきめ細やかなデジタル在庫の分析やアマゾンの売上やシェア、トラフィックやコンバージョン分析のツールは、カンター社の回帰モデルをより強固なものとし、クライアントが真にビジネスが直面する課題に穴をあける戦術や商品をより効果的を特定できることに役立ちます。メーカーは新しいコンテンツやプロモーション手法をテストし、全ポートフォリオに通ずるROI(投資利益率)を計測できるようになるでしょう。

両社双方のサービスをご利用のクライアントは、同社開催のイベント、ネットワーキンググループ、アドバイザリープロジェクト、分析パッケージサービスを通じて、メリットを享受できるでしょう。

「eコマースは、投資に値するにふさわしい、成長過程にある事業ではあるが、大手メーカーは、どのようにルール作りを図り、どこにポイントを定めて実行すべきか明確でない現時点において、十分な支出を行う判断ができないでいるようです。それは、特に大手企業の場合、実店舗事業を維持しなくてはならなことが多いからです。我々が提供できるデータやノウハウによって、カンター社とプロフィテロ社は大手メーカーがデジタル事業戦略と実行をつなぎ、迅速に効果的に事業拡大ができる、唯一の存在になる事でしょう。」(カンター社CEO、Phillip Smiley氏)

「カンター社とプロフィテロ社は有用なデータを数多く保有しており、グローバル企業にメリットを提供できるという点で、我々はeコマースビジネスが抱える問題を唯一明らかにできる存在となるでしょう。我々はカンター社とパートナーシップを取ることに非常に喜びを感じております。我々のデータ技術やAIテクノロジーは、クライアントがeコマースでより効果的かつ迅速に業務を遂行する上で役立てられることでしょう。」(プロフィテロ社CEO兼共同設立者Vol Pigrukh氏)

KANTAR CONSULTING社(カンターコンサルティング社)について
カンターコンサルティング社は、世界的なコンサルティング会社です。1000名を超えるアナリスト、ソフトウェア開発者、コンサルタントを保有し、クライアントのブランド開発やマーケティング、店舗事業、営業戦略や売上向上のためのショッパー戦略の開発をお手伝いをしています。世界1200もの店舗をトラッキングし、2億人を超える買い物客の購入記録データを保有、世界中の社会的現象、カルチャートレンド、消費者動向などを予測するサービスを提供しております。

Profitero社(プロフィテロ株式会社)について
Profitero 社は、eコマースデータ分析ツールの開発企業です。弊社ツールは、世界的な大手消費財メーカーがご利用されているもので、現在世界50 ヶ国以上、8,000 を超える EC モール(PC 及 びモバイル。アマゾン、楽天、ロハコなど世界中の全ECモール対象)上のデジタルデータを計測し、商品別表示順位や掲載ページ数、商品ページとの関連性の高いキーワードの特定、カスタマー・レビューや商品ページの問題点の特定と改善案の指摘、在庫切れの防止、対象商品の価格帯動向の把握など、eコマースビジネスの拡大施策のための行動にすぐにつながるヒントや情報を日々提供しております。

特にAmazonにおいては、弊社ツールは、上記情報だけでなく、Amazonで取引されている自社、他社、自社製品 を販売する第3者販売業者の売上高、売上数量、シェアを計測し、Amazon全体における対象製品市場の動向及び自社、競合、第3者業者の動向把握を可能とします。これにより、ご利用者様は、どのような要素が売上に影響を 与えているのかを細部にわたって把握することができます。世界的大手消費財メーカー(バイヤー 社、バイヤスドルフ社、アイロボット社、エッジウェルパーソナルケア社、ゼネラル・ミルズ社、 ハイネケン社、キッズ・ツー社、ミラー・クアーズ社、ロレアル社など)の多くが、e コマースビジネスを計測、向上させるのに役立つ、弊社のきめ細やかで高い精度を誇るデータを信頼してご利用されていらっしゃいます。

弊社サービス及び本調査結果についてより詳しくお知りになりたい方は Profitero社までご連絡ください。デモサイトを実際に使用してのご説明、1ヶ月のフリートライアルなどもご用意しております。


プロフィテロ株式会社(Profitero, Ltd)
担当: 樋口
TEL: +44 (0) 79-1771-4431
Email: rie@profitero.com
https://www.profitero.com/

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=1CZ1vK1vEB0 ]


プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る