• トップ
  • リリース
  • 技能実習・特定技能の口コミ&ポータルサイトの「MAsia Web」、5月15日より公開

プレスリリース

Cross Border Mobility Asia Co., Ltd.

技能実習・特定技能の口コミ&ポータルサイトの「MAsia Web」、5月15日より公開

(PR TIMES) 2019年05月15日(水)11時40分配信 PR TIMES

ベトナムで人材プラットフォーム事業を行うCross Border Mobility Asia Co.,Ltd.(本社:ベトナム・ハノイ、代表:久田 健、以下 CBM Asia)は技能実習・特定技能の口コミ&ポータルサイトの日本語版「MAsia Web」を2019年5月15日より日本で公開いたします。

▼日本語版MAsia Web:https://masiaweb.com/

[画像: https://prtimes.jp/i/43715/1/resize/d43715-1-228423-0.png ]



■背景について
日本人の労働人口減少に伴い年々外国人労働者が増加し、多くの外国人が日本で活躍しています。
しかし、日本では外国人の失踪や犯罪などの増加、外国では仲介手数料の高騰や情報の信憑性の不足などたくさんの問題があります。
技能実習制度の日本と外国で発生している問題を解決するために各関係機関の情報の公平性・透明性・客観性が必要です。
技能実習と特定技能の情報を集積し、各機関の利用者からレビューを掲載することで正しい情報を入手できるようにします。


■MAsia Webの特徴
1.各機関の豊富な情報
元技能実習生からのレビューは約100名、ベトナムの送り出し機関は約70社、監理団体は約50社(予定)の詳細情報やレビューを掲載します。
業界内のニュースなども更新しているため、サイト内で必要な情報を検索することができます。

2.中立的な第三者の立場
技能実習制度には送り出し機関、監理団体、送り出し機関、技能実習生と4者が関わり、全ての中立的な立場で情報の掲載を行います。

3.運営元がベトナム
ベトナムのハノイに拠点を置いているため日本では入手しにくい情報や現地のリアルタイムの情報を入手することができます。
ベトナムの現地でのイベントの参加や各機関との関係構築もできます。



■今後の展開
1.多言語展開
現在、日本語のみですがベトナム語版(2019年6月上旬)や英語版を公開します。
これから技能実習や特定技能で就労する外国人のためのポータルサイトを目指し、公平性・透明性・客観性のある情報を外国人に提供し、現在発生している仲介手数料の高騰や情報の信憑性の不足の解決に努めます。

2.情報量の拡大
現在はレビューが送り出し機関のみですが、監理団体や企業の情報の公開します。
監理団体や企業のレビューも既に約100件ありますので随時公開します。
併せて、コンテンツ量を増やし外国人を受け入れに成功するための方法を共有・公開します。


■会社概要
商標:Cross Border Mobility Asia co.,Ltd.
代表者:CEO 久田 健
所在地:ベトナム・ハノイ 6F,No599,Kim Ma St.,Ngoc Khanh Ward,Ba dinh Dist.,Hanoi,Vietnam
設立:2019年2月
事業内容:人材ITプラットフォーム、Webメディア、コンサルティング
資本金:600万円
URL:http://cbmasia.net/
MAsia Web:https://masiaweb.com/

■本件に関する問い合わせ先
企業名:Cross Border Mobility Asia Co.,Ltd.(CBM Asia)
担当者名:久田
TEL:+84 38 8684187(ベトナム)
Email:masiaweb.info@gmail.com

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る