• トップ
  • リリース
  • 機密文書処理業界でシェアNo.1*1の日本パープル、急速ニーズにこたえ、 「認証コンサルティングおよび情報セキュリティ教育」『Coach MAMORU(コーチマモル)』本格化          

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社日本パープル

機密文書処理業界でシェアNo.1*1の日本パープル、急速ニーズにこたえ、 「認証コンサルティングおよび情報セキュリティ教育」『Coach MAMORU(コーチマモル)』本格化          

(PR TIMES) 2018年09月13日(木)10時01分配信 PR TIMES

「Coach MAMORU(コーチマモル)」は、機密文書処理業界でシェアNo.1*1の日本パープルが培ってきた情報セキュリティのノウハウを軸に、『認証資格※コンサルティング』『規程・ルール作成』『教育・研修』を提供するサービスです。
※プライバシーマーク・ISMS(ISO27001)
急速な需要の高まりに応え、個社事に抱える課題をカスタマイズして解決するコンサルティング事業「Coach MAMORU(コーチマモル)」を本格的に展開することを発表いたします。
https://www.mamoru-kun.com/edu_consul/
サービスへの需要が増加した理由は、3点あります。1点目にコンプライアンス違反を起因とする倒産企業の増加、2点目に社員の情報漏洩率が依然7割*2という社会的背景、3点目にプライバシーマークの基準が8月度から新審査
[画像1: https://prtimes.jp/i/37527/1/resize/d37527-1-418863-1.jpg ]

基準へ移行したことで、新規程等へ改善・更新するための助言が必要になったという時期的背景があります。

統計的にも、情報セキュリティ対策を組織的に実施していない企業は全体で5割、従業員向けセキュリティ教育を未実施の企業は6割*3と、未だまだ徹底していない現状があります。
一方で、情報漏洩した企業には、顧客の7割が「取引を停止する」と回答、9割が「法的措置を検討する」という厳しい調査結果*4 も公表されており、情報セキュリティは、もはや企業の存続にかかわる重要なファクターとなっています。

*1:矢野経済研究所調べ
*2:日本ネットワークセキュリティ協会 2018 年調べ
*3:IPA 2017 年調べ
*4:ジェムアルト 2017 年調べ

日本パープルは徹底したセキュリティ対策を実施しつつ、今後もお客様の情報資産とコンプライアンスを守り続けるために、安心安全を第一としたソリューションを提供してまいります。


Coach MAMORU[コーチマモル]サービス

認証資格コンサルティング(取得・更新)


[画像2: https://prtimes.jp/i/37527/1/resize/d37527-1-977248-2.jpg ]



規定・ルール作成

[画像3: https://prtimes.jp/i/37527/1/resize/d37527-1-319035-3.jpg ]



教育・研修(集合研修・e ラーニング)

[画像4: https://prtimes.jp/i/37527/1/resize/d37527-1-551009-4.jpg ]



【株式会社 日本パープル 会社データ】
所在地:〒107-0052  東京都港区赤坂8-5-6 翻訳会館3F TEL:0120-826-066
設立:1972年 資本金:1千万円 社員:100名 売上高:16億円
主な業務:情報セキュリティ・業務効率化サービス
取引実績:5,000社 12,000事業所 (機密抹消処理サービス業シェアNo.1)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る