• トップ
  • リリース
  • 日本初!中小企業が「イクメン教育」を男性従業員に実施!

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ハイリード

日本初!中小企業が「イクメン教育」を男性従業員に実施!

(PR TIMES) 2017年05月09日(火)11時42分配信 PR TIMES

日本初!中小企業が「イクメン教育」を男性従業員に実施! 〜独身・新婚10代・20代男性従業員に育児参加・育児休業を指導〜

電気工事業を展開する「株式会社ハイリード(大阪府寝屋川市小路北町29番39号)」は、2017年5月18日(木)18時より当社会議室(大阪府寝屋川市小路北町29番39号)で、10代20代中心の独身・新婚男性従業員に≪イクメン教育≫授業と男性育児休業についての指導を実施いたします。若者の建築業離れで人手不足が益々進むと予想される中、働きやすい職場環境をという想いで、男性の育児休業取得の推進や、出産祝い金、イクメン教育をスタートしました。

[画像: https://prtimes.jp/i/25786/1/resize/d25786-1-687524-0.jpg ]

男性の育児休暇取得率は2%程度
イクメン意識をつける取り組み!

男性の育児休暇取得率は2%程度、しかし、育休の取得を希望する男性の割合は68.9%(東京都の調査)取りたくても我慢している現状。企業自体が「男は仕事、女は家庭」といった企業風土を変えていく必要があります。当社でも10代、20代の独身・新婚の男性従業員に育休希望のアンケートしたところほぼ全員が希望、より結婚や育児にイメージをつけてもらうためにイクメン教育の専門家に依頼し、子供ができたら、すぐ、イクメンとして活躍してもらうよう取り組んでいる。

若者の建築業離れが深刻な建築業界!
働きやすい職場環境を
 
建築業、電気工事業を含め、若者が行きたがらない、入ってもすぐに辞めてしまう代表格になってしまっています。以前から言われている、休日の少なさや長時間労働、作業の危険さといった3K(きつい、危険、きたない)のイメージも影響しています。若い人が減っていることから職場へ行っても面白くないという悪循環。そんな中2020年には東京オリンピック需要などで人手不足は益々進むと予想されます。これからの若者が働きやすい職場づくりを創っていくことが中小企業にも必要になってきます!

■イクメン教育の授業内容

・赤ちゃんのおむつ交換。
・赤ちゃんの抱き方。
・赤ちゃんの沐浴
・妊婦ジャケット着用
・産前産後のサポート
・育児休業について
・代表者・従業員から一言


■会社概要
会社名:株式会社ハイリード
住所:大阪府寝屋川市小路北町29番39号
連絡先:072-820-7888
URL:http://www.hylead.jp


プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る