• トップ
  • リリース
  • ≪47都道府県 スギ花粉症に対する意識・実態調査≫スギ花粉症が「完治しないこと」に患者の78.5%が不満 一方で、ほぼ毎年医療機関を受診している割合は30.1%に止まる

プレスリリース

鳥居薬品株式会社

≪47都道府県 スギ花粉症に対する意識・実態調査≫スギ花粉症が「完治しないこと」に患者の78.5%が不満 一方で、ほぼ毎年医療機関を受診している割合は30.1%に止まる

(PR TIMES) 2017年04月25日(火)10時47分配信 PR TIMES

〜医療機関を受診したことがない理由は市販薬での対応(35.4%)、受診しても治らないと思うから(30.5%)〜

鳥居薬品株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:高木 正一郎)は、47都道府県のスギ花粉症患者さん9,300人(各都道府県の15歳~65歳の男女各100人。沖縄のみ男性43人、女性57人)を対象に、スギ花粉症に関する理解と対処の現状についてのインターネット調査を実施しました。スギ花粉症は、日本の国民病と評されており、医療関係者や研究者、企業などによってスギ花粉症に関する様々な研究、取り組みが行われています。一方で実際にそれらの情報が患者さんに届き、理解されることが必要です。そこで、スギ花粉症患者さんの意識と情報到達の実態を調査し、分析しました(調査期間:2017年2月24日〜3月6日)
花粉症の現状と生活に及ぼす影響の実態
■スギ花粉症を発症してから10年以上経つ人が66.8%と、長年花粉症に悩まされている人が多い
という結果に
10年以上経つ人が多い地域は静岡県、栃木県、群馬県、山梨県等が上位に
■ 重症度について5段階評価で「4」以上との回答は44.0%にのぼる
「4」以上との回答トップ3は、新潟県、長野県、秋田県と東日本が並ぶ
■辛い症状では、「鼻水」と「目のかゆみ」が1、2位で患者さんの約90%が辛いと感じている
「集中力の低下/眠気」を辛いと感じる人も43.8%を占めるなど、日常生活への影響も

現状の対策と満足度
■「ほぼ毎年、病院・医院で受診している」と回答した人は、30.1%
「今までに、受診したことはない」人の理由として1位は「市販薬(薬局、ドラッグストアで購入できる薬)で対応しているから」で35.4%、2位は「受診しても治らないと思うから」で30.5%
■受けたことがある治療法で最も多いのは「飲み薬」で、67.6%が経験
「非常に満足している」と回答した人の割合は、皮下免疫療法や舌下免疫療法等のアレルゲン免疫療法で他の治療法と比べ高い結果に
■ スギ花粉症の治療や対策で不満に思っていることの1位は「完治しないこと」

治療に対する理解度と情報の到達度
■治療法について、対症療法と根治療法があることを内容まで詳しく知っている人は11.9%
■ 舌下免疫療法の内容を説明したところ、「治療を受けたいと思う」が10.8%、「治療をやや受けたいと思う」が36.9%という結果に

今回の調査結果から
日本医科大学耳鼻咽喉科教授・大久保公裕先生(本調査監修)先生のコメント

日本においては全国民の4人に1人がスギ花粉症と推計されており、今や国民病とも評されています。スギ花粉症は10〜50歳代の勉強や仕事に精力的に取り組む年代に幅広く発症しており、スギ花粉症によるQOLの低下やそれに伴う労働生産性の低下等の社会・経済的損失が問題になっております。(※1)今回の調査結果からも、改めてこれらの課題が鮮明になりました。

一方で、近年セルフメディケーションの普及、新たな治療法の登場によりスギ花粉症に対する対策、治療の選択肢は増えています。
近年、保険適応されたスギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎に対する「舌下免疫療法」は、アレルゲン免疫療法の1種です。アレルゲン免疫療法は、WHO(世界保健機関)が示した見解書(※2)の中でもアレルギー症状を抑えたり軽減する薬物療法とは異なり、根治が期待出来る治療法として位置づけられています。

残念ながら日本では、今後もスギ花粉は毎年必ず多かれ少なかれ飛散しますので、ご自身のライフスタイルに合わせた対策、治療を適切に選択し、QOL改善を図ることが重要です。
以上

(※1) スギ花粉症克服に向けた総合的研究(旧科学技術庁/2000)
(※2)WHO Position Paper Allergen immunotherapy:therapeutic vaccines for allergic disease. Geneva:January27-29 1997

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る