• トップ
  • リリース
  • 著作権侵害を防ぐために 〜今、求められる“情報モラル”〜スマホ時代のオンライン資格講座 「通勤講座」4月より「ビジネス著作権検定(R)通勤講座」が登場

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

KIYOラーニング株式会社

著作権侵害を防ぐために 〜今、求められる“情報モラル”〜スマホ時代のオンライン資格講座 「通勤講座」4月より「ビジネス著作権検定(R)通勤講座」が登場

(PR TIMES) 2017年04月19日(水)12時08分配信 PR TIMES

 空き時間にスマホで学べるオンライン講座「通勤講座」を運営するKIYOラーニング株式会社は、2017年4月3日(月)より「ビジネス著作権検定(R)通勤講座」の提供を開始いたしました。

 空き時間にスマホで学べるオンライン講座「通勤講座」を運営するKIYOラーニング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:綾部 貴淑)は、2017年4月3日(月)より「ビジネス著作権検定(R)通勤講座」の提供を開始いたしました。

講座紹介:https://manabiz.jp/chosakuken/

今ビジネスパーソンに求められている「ビジネス著作権」
 「ビジネス著作権検定(R) (主催:サーティファイ著作権検定委員会< http://www.sikaku.gr.jp/bc/>)」は、著作権に特化した国内唯一の資格検定試験として2004年にスタートした資格です。近年、音楽教室の著作権問題や不正コピー、キュレーション(まとめ)サイト等の著作権侵害が社会的問題となりましたが、著作権は誰もが権利者・侵害者になりうる権利であり、これからのビジネスパーソンに必要不可欠な知識ともいえます。
 ビジネス著作権検定(R)は、こうしたビジネスや日常生活において発生する著作権に関する知識について、その基礎的な理解や具体的な裁判例、ビジネス実務における慣例を基準とする事例判断での応用力をそれぞれ測定するものです。BASIC・初級・上級の3つに分かれており、上級合格者は国家資格である、知的財産管理技能士1級および2級の受験資格を得ることができます。「通勤講座」では、この初級と上級を対象とした3つのコースを開講しました。

【ビジネス著作権検定(R)通勤講座の特長】
●スマホでスキマ時間に勉強することが可能
●初心者でも分かりやすいビデオ&音声講座
●短時間合格を実現するためのオリジナルの学習フロー
●頻出課題を重点的に学べる
●圧倒的低価格を実現
[画像1: https://prtimes.jp/i/25499/1/resize/d25499-1-879555-12.jpg ]

基本的な知識や体系を「ビデオ・音声」や「WEBテキスト」で効率的にインプット学習し、アウトプット(問題演習)としてオリジナルの「通勤問題集」や「予想問題集」を解くことで短期間合格を実現する実力を身につけることができます。


「通勤講座」ビジネス著作権検定(R)スマートフォンからの閲覧イメージ

[画像2: https://prtimes.jp/i/25499/1/resize/d25499-1-955357-11.jpg ]
ビデオ講座・予想問題集の他、学習や進捗状況がひと目で分かる学習レポート機能なども利用可能

[画像3: https://prtimes.jp/i/25499/1/resize/d25499-1-528912-13.jpg ]

企業・大学にて年間100時間以上の講義を行う塩島 武徳が主任講師を務め、テレビの情報番組のような理解しやすい動画形式で解説

「通勤講座」4月開講 ビジネス著作権検定(R) コース種別

[表: https://prtimes.jp/data/corp/25499/table/1_1.jpg ]

「ビジネス著作権検定(R)通勤講座」開講を記念し、お得なキャンペーンを実施中!
上級検定合格者に「合格お祝い金3,000円」を進呈!(4/30申込み分まで)

講師 塩島 武徳よりメッセージ
「ビジネス著作権検定(R)通勤講座」にようこそ!
コンテンツビジネスが盛んになり、また、プロに限らず誰でもコンテンツを作成・発信できるようになった今日ですが、著作権を正しく理解し、運用できる人、すなわち「著作権に詳しい人材」が足りません。

多くの企業が「著作権をよく知らずにビジネスを行っている」という現状は、見方を変えれば、「著作権知識をうまく活用すれば、ビジネスチャンスが広がること」を意味します。「著作権」に特化した検定試験は、「ビジネス著作権検定(R)」しかありません。

まず「初級検定」で著作権法の原則、すなわち著作権の基礎を学び、さらに「上級検定」で応用力を身につけることにより、社内はもちろん、取引先や営業シーンにおいても、自信をもって著作権について説明し、かつ、安心・安全にコンテンツを運用することができるようになります。

「通勤講座」では、初めて著作権を学ぶ方でも、無理なくステップアップできるよう合格のノウハウをお伝えいたします。 ビジネス著作権検定(R)合格に必要な知識を無駄を省いて、効率的に身につけていくことができます。
ぜひ、「通勤講座」でビジネス著作権検定(R)の合格を勝ち取りましょう!
[画像4: https://prtimes.jp/i/25499/1/resize/d25499-1-651571-4.jpg ]

塩島 武徳
ビジネス著作権検定(R)通勤講座
主任講師

[画像5: https://prtimes.jp/i/25499/1/resize/d25499-1-408983-5.jpg ]

塩島 武徳 著(青月社)
「瞬解・ビジネス著作権検定(初級・上級)テキスト」

[画像6: https://prtimes.jp/i/25499/1/resize/d25499-1-229694-6.jpg ]



受講者1.5万人突破!スマホ時代の新たな学習ツール 〜効率的な勉強方法を徹底追求〜
 「通勤講座」はスマートフォンやタブレットに特化した資格取得のためのオンライン講座です。短期間で合格した人々の勉強法を徹底的に研究し、忙しい方が毎日の生活の中でスキマ時間を使って効率的に勉強できる教材・カリキュラムを提供しています。ビデオでのインプット学習と、練習問題を解くアウトプット学習を合わせることで、従来よりも早いスピードで実力をつけられるため、毎年多くの受講生が短期間で合格しています。動画や問題集はスマホだけでなくPCからも閲覧することができ、また動画や音声は倍速再生にも対応しているため、復習時など時間を短縮し効率的に学習できます。

ビジネスパーソンの資格取得の3大悩みを解決
1.「忙しい」→ 通勤・通学時のスキマ時間を活用
2.「続かない」→ 独自の学習フローで続く学習を実現
3.「お金をかけられない」→ コスト削減で低価格を実現

[画像7: https://prtimes.jp/i/25499/1/resize/d25499-1-445798-7.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/25499/1/resize/d25499-1-134141-8.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/25499/1/resize/d25499-1-604729-9.jpg ]

運営コストを大幅削減


通勤講座ラインナップ

[画像10: https://prtimes.jp/i/25499/1/resize/d25499-1-850009-10.jpg ]



【会社概要】
会社名    KIYO ラーニング株式会社
代表     代表取締役 綾部 貴淑
資本金    3,810万円 (資本準備金含む)
設立     2010年1月4日(通勤講座は2008年10月1日より営業開始)
所在地    〒107-0061 東京都港区北青山2-12-8 荒川ビル2F
社員数    14名
電話番号   03-6434-5886
FAX番号   03-6434-7116
URL     https://www.kiyo-learning.com/
事業内容   ビジネスパーソン向け教育コンテンツおよび教育サービスの企画、制作、販売、運営

「通勤講座」の詳細は下記ホームページをご覧ください。
通勤講座 : https://manabiz.jp

Facebook:https://www.facebook.com/tuukinkouza/
Twitter:https://twitter.com/tuukinkouza
YouTube:https://www.youtube.com/user/kiyolearning

KIYO ラーニング株式会社は、「ミッション(学びを革新し、誰もが持っている無限の力を引き出す)」「ビジョン(世界一「学びやすく、分かりやすく、続けやすい」学習手段になる)」 を掲げ、革新的な学習サービス/コンテンツを提供する企業です。
※プレスリリースに掲載されている内容、価格等の情報は発表時点の情報となります。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る