• トップ
  • リリース
  • 【新商品】熱中症予防に効果のある世界初のスポーツCAPの販売を開始。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ビルマテル株式会社

【新商品】熱中症予防に効果のある世界初のスポーツCAPの販売を開始。

(PR TIMES) 2017年05月11日(木)09時27分配信 PR TIMES

今後、日本の大きな課題となる『熱中症予防』に効果のある世界初のスポーツCAP 『Airpeak』の販売を開始します。『世界初の構造』を採用しており、帽子業界に革新をもたらす新しい帽子です。

ビルマテル株式会社(東京都中央区日本橋茅場町1-7-5)は『熱中症予防に効果のある帽子』を開発し、スポーツCAPブランドを2017年4月より立ち上げました。当社は産業用ヘルメットにおいて通気性を向上させるヘルメットの特許を保有しており、総流通量160万個の大ヒットとなりました。同技術を改良することでAirpeakは誕生しました。
 ※通気性を向上させるヘルメットについて   http://blog.tinect.jp/?p=37956
 ※熱中症予防に効果のある帽子について    http://blog.tinect.jp/?p=38556
2017年5月13日、14日に開催される『2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会』の公式CAPにも採用されており、当日はスタッフ・審判2000人がAirpeakを着用します。Airpeakは大会の熱中症予防の一環として採用して頂きました。【取材案内は下部に記載しております。】

[画像1: https://prtimes.jp/i/25433/1/resize/d25433-1-654314-2.jpg ]

□Airpeakの機能

当社が開発した世界初のFlow Systemを採用しおり、従来の帽子に比べ帽体内の温度を2℃、湿度を30%カットします。京都女子大学 家政学部 食物栄養学科 教授 寄本明氏(医学博士)に実証実験を依頼し、『熱中症予防に効果がある』と認めて頂きました。
(寄本教授「Airpeakの効果」についてのインタビュー内容 URL http://blog.tinect.jp/?p=39314

<FLOW Systemとは>
 ツバ上部の通気口、帽子サイドの二層構造、頭頂部の通気口が帽子内部の温度・湿度を外部に排出します。

<製品特徴画像>
[画像2: https://prtimes.jp/i/25433/1/resize/d25433-1-940480-0.jpg ]

<イメージ動画>
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=T85Iev0hqCY ]



□Airpeakの実績
・2016年 国別対抗世界選手権「モトクロスオブ ネイションズ」にて日本代表チームへ協賛

・一般社団法人 Save Our Kidsへ協賛

 一般社団法人 Save Our Kids は「子供たちを熱中症とケガから救え!」という理念のもと、
 学校教師向けに熱中症予防の講演会を行っています。Airpeakは熱中症予防に効果のある帽子として
 紹介される予定です。

・一般社団法人 Save Our Kidsと共同でニュージーランド野球代表選手に熱中症予防のコンサルティング実施

・2017年 ニュージーランド野球代表 U16、U18、U20 協賛

・2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会 公式キャップに採用

□Airpeak販売製品
 Airpeak Speed
ランニングに特化したAirpeak前方向からの風を効率よく循環させる構造と軽さを追及しています。
 販売価格:¥3,700 (税別)
[画像3: https://prtimes.jp/i/25433/1/resize/d25433-1-841342-3.jpg ]



□企業情報
 ビルマテル株式会社 知財コンサルティング事業部
http://www.builmatel.com/k_tizai/
 Airpeak 公式HP
http://airpeak.jp/
Airpeak 公式Facebook
https://www.facebook.com/Airpeak-1490706971260158/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf 
 
 



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る