• トップ
  • リリース
  • 村上龍による書き下ろし短編小説を通じて、都市に生きる人々を応援!新企業広告「山手線、新しい風景の物語」4月17日(月)より順次公開開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

NTT都市開発株式会社

村上龍による書き下ろし短編小説を通じて、都市に生きる人々を応援!新企業広告「山手線、新しい風景の物語」4月17日(月)より順次公開開始

(PR TIMES) 2017年04月17日(月)12時14分配信 PR TIMES

“山手線”をキーワードに一貫したプロモーションを展開/17日からはスペシャルサイト公開、トレインチャンネル放映開始/「山手線1年分のびゅう商品券」が当たるキャンペーンも!

NTT都市開発株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 牧 貞夫、以下 「NTT都市開発」)は、小説家・村上龍氏の完全新作短編小説を用いた企業広告「山手線、新しい風景の物語」を、2017年4月17日(月)より公開開始します。
「山手線、新しい風景の物語」は、山手線沿線にあるNTT都市開発の所有・管理するビルや街を舞台に、そこに生きる人々の物語を季節感あふれる風景の中で描く小説シリーズです。4月17日(月)より公開になる第1回「光あふれる春の日」は、品川シーズンテラスの春の陽ざしあふれる公園を舞台に、主人公である新社会人の不安と希望の物語を描いています。

NTT都市開発では、2014年4月から2017年3月までの3年間、企業の経営者様などに向けて、企業理念などを村上龍氏の体験も交えて伝えるエッセイ「都市は生きている」を、全37回にわたり新聞広告等で展開してきました。今回から始まる新たな広告展開では、これまでのエッセイではなく短編小説と言う新しい形をとることによって、NTT都市開発がビル開発や街づくりを通じて「新しい風景」や「人生の物語」を提供していることを伝えるのが目的です。

4月17日(月)からはスペシャルサイト(URL:https://www.nttud.co.jp/company/adgallery/yamanote/index.html)が公開、山手線ほかJR車内ではトレインチャンネルが放映開始となります。また、24日(月)には日本経済新聞全国版朝刊にて広告を掲出するほか、「山手線1年分のびゅう商品券」が当たるキャンペーンが開始となります。

村上龍氏が紡いだ物語とともに広がる新たな企業広告を、ぜひお楽しみください。
[画像1: https://prtimes.jp/i/25427/1/resize/d25427-1-829753-6.jpg ]

<「山手線、新しい風景の物語」 展開内容について>
■「山手線、新しい風景の物語」とは
「山手線、新しい風景の物語」は、 NTT都市開発の企業広告用に、村上龍氏が執筆した新作短編小説です。山手線沿線にあるNTT都市開発のビルや街を舞台に、そこに生きる人々の物語を季節感あふれる風景の中で描いています。

第1回「光あふれる春の日」は品川シーズンテラスが舞台。春の温もりの中で新生活を迎える新社会人の不安と希望をテーマに4月17日(月)よりWEBサイトで公開開始します。

シリーズは1年間で全6回の展開予定。

・シリーズ展開(予定) ※内容は変更となる可能性がございます
6月:田町・グランパークを舞台にした「父と子」の物語
9月:原宿クエストを舞台にした「50代夫婦」の物語
12月:秋葉原UDXを舞台にした「定年を迎える人」の物語
2月:トラッド目白を舞台にした「同窓会に集まる人々」の物語
3月:アーバンネット大手町ビルを舞台に「春に異動する人」の物語

■村上龍 プロフィール
村上 龍(むらかみ りゅう)
1952年長崎県生まれ。1976年『限りなく透明に近いブルー』で第75回芥川賞受賞。
『コインロッカー・ベイビーズ』で野間文芸新人賞、『半島を出よ』では野間文芸賞、毎日出版文化賞を受賞。『トパーズ』、『KYOKO』は映画化され、監督も務めた。最新作は『オールドテロリスト』。
メールマガジン『JMM』を主宰、『カンブリア宮殿』(テレビ東京)にメインインタビュアーとして出演。

■スペシャルサイト概要
スペシャルサイトでは、村上龍氏の新作小説を用いた企業広告「山手線、新しい風景の物語」を全6回(予定)にわたり、順次公開していきます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/25427/1/resize/d25427-1-844964-2.jpg ]

・公開開始日:4月17日(月)〜
・サイトURL:https://www.nttud.co.jp/company/adgallery/yamanote/index.html

■トレインチャンネル概要
舞台は品川シーズンテラス。桜の木が並ぶ線路を、模型の山手線車両が走っていきます。実際の施設を背景に、まるで本物の車両のように模型が走る不思議な空間を演出しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/25427/1/resize/d25427-1-903392-4.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/25427/1/resize/d25427-1-248740-5.jpg ]

【トレインチャンネル「山手線、新しい風景の物語」篇】
・放映期間:4月17日(月)〜23日(日)
・公開場所:JR東日本トレインチャンネル(山手線・中央線快速、京浜東北・根岸線、京葉線、埼京線、横浜線、常磐線各駅停車)
・制作スタッフリスト
企画・制作:読売広告社/太陽企画
CD・C:二藤正和
AD:野中優介
AE:洗将史、糸瀬道
PR:畑忍、細川修平
PM:高坂菜美、森本美怜
演出:関町茂朗
撮影:平野哲郎
照明:高橋朋裕
美術:根元緑子

■「山手線1年分のびゅう商品券」が当たる!プレゼントキャンペーン概要
「山手線、新しい風景の物語」の第1回となる「光あふれる春の日」を読み、簡単なクイズに答えて応募すると、山手線内均一定期券12ヶ月分相当の「18万円のびゅう商品券」が1名様に、「500円のびゅう商品券」が100名様に当たるプレゼントキャンペーンを実施いたします。
[画像5: https://prtimes.jp/i/25427/1/resize/d25427-1-720087-0.jpg ]

・実施期間:4月24日(月)〜5月21日(日)まで
・応募資格:制限なし/おひとり様1回まで
・プレゼント内容:18万円のびゅう商品券(1名様)/抽選にて選出
         500円のびゅう商品券(100名様)/抽選にて選出
・キャンペーンサイトURL: http://monipla.com/nttud/campaigns/ ※4月24日(月)公開予定

■Navitime広告
今回開始となる「山手線、新しい風景の物語」が、山手線および品川周辺をテーマにしていることから実施する広告展開です。総合ナビゲーションサービス「Navitime」にて、品川駅・大崎駅・田町駅を目的地・出発地に入れて乗り換え検索をすると、広告が表示される仕組みです。
[画像6: https://prtimes.jp/i/25427/1/resize/d25427-1-206560-3.jpg ]

・掲出期間:4月17日(月)〜23日(日)

■Amazon トップレクタングル広告
村上龍氏の新作小説を用いていることを踏まえ、「小説」と親和性が高いAmazonにて広告を掲出します。
[画像7: https://prtimes.jp/i/25427/1/resize/d25427-1-622525-1.jpg ]

・掲出期間:4月17日(月)〜23日(日)

<NTT都市開発株式会社について>
・設立:1986年1月21日
・本社事務所:東京都千代田区外神田四丁目14番1号 秋葉原UDX
・資本金:48,760,000,000 円
・上場証券取引所:東京証券取引所 市場第一部
・主要営業内容:オフィス事業、住宅事業、商業事業、グローバル事業
・ホームページ:https://www.nttud.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る