• トップ
  • リリース
  • CareTechのuzuram、複数のエンジェル投資家と西武信金から資金調達(金額非公開)を実施

プレスリリース

  • 記事画像1

CareTechのuzuram、複数のエンジェル投資家と西武信金から資金調達(金額非公開)を実施

(PR TIMES) 2017年04月10日(月)09時26分配信 PR TIMES

〜介護事業の拡大、人材獲得強化へ〜

CareTechのuzuram、複数のエンジェル投資家と西武信金から資金調達(金額非公開)を実施しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/25324/1/resize/d25324-1-727368-0.jpg ]

介護×クラウドソーシング【JOJOS】の企画、運営及び、介護入門向けWebメディア【CARER】の企画、運営を行うuzuram株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮本 和典、以下「ウズラム」)は、「JOJOS」や「CARER」をはじめとする介護関連事業の拡大にあたり、複数のエンジェル投資家と西武信金からの資金調達(金額非公開)を実施いたしました。


【uzuram株式会社について】
ウズラムは『老いることが不安にならない社会をつくる』ことを目的(Vision)として、 介護職(ケアワーカー)と要介護者をつなぐクラウドソーシングサービスを開発・提供しています。

JOJOSという自社サービスを通じて、助けを必要としている人と助けたい人を つなげ、健全で持続可能な介護を民間から実現しようとしています。 あわせて、介護職の社会的地位や労働環境・報酬の水準を向上を図り、フリーランスと しての介護(自費介護)という働き方を広く提案することで「自由な働き方」「労働機会の充実」などの社会におけるテーマに、介護職という領域からチャレンジしていきます。

2025年の高齢者数 約3,600万人(推定) そのうち 約18% の 650万人が介護、支援が必要になるといわれています。*厚生労働省調査 介護の問題は決して他人事ではなく、私たちは等しく年を取り、老いていきます。 年金制度や介護保険制度も崩壊しかけている現状で、介護においても様々な問題が表面化しています。今後私たちが生きる社会、私たちの子どもが生きていく社会において 『老いることや、親を持つこと、家族を持つこと』が『不幸なこと、不安なこと』で あっては絶対にいけないと思っています。
行政にできないのなら、民間から、私たちが 生きていく社会、参加している社会をつくるため、介護における課題を一つひとつ解決していきたいと思っています。幸いにして、課題の数だけ、企業としてのビジネスチャンスも 埋まっているのです。 JOJOSという自社サービスの開発、運用をしています。 これは、介護・自費介護を専門としたクラウドソーシングサービスで、介護職 (ケアワーカー)と要介護者をつなぐことで、新しい介護のカタチを提案します。 フリーランスの介護職という新しい市場、価値観をつくり、社会で普及させることで、 介護保険など既存の枠組みで解決することのできない様々な課題を解決します。

介護や 医療は、保険や保証の整備が心配な領域ではありますが、ウズラムは三井住友海上火災保険と提携して、自社独自のJOJOS保証を提供することで、万一の事故などがあっても 安心して働くことができるようインフラを整備しています。また、介護職の方を主として 約 2,700 名以上が在籍する介護コミュニティを自社で運営し、勉強会などのイベントも 主催しています。現役の介護職の方からの評価や意見をしっかりと拾い上げることで、 適切で価値のあるサービスを提供できるよう努めています。
そのような活動で得た知識を ストックし、社会全体の介護に対する理解、認識を高めるために、自社で介護入門メディアも運営しています。

【サービス一覧】
https://jojos.jp/
http://n-carer.net/

【会社概要】
会社名:uzuram株式会社
代 表:代表取締役宮本 和典
所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-18-8
設 立:2017年1月5日
URL:http://www.uzuram.jp/#home
問い合わせ先:uzuram株式会社 広報担当 メールアドレス:info@uzuram.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る