• トップ
  • リリース
  • ベネッセに対する当社製品の模倣を理由とする訴訟提起について

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ベネッセに対する当社製品の模倣を理由とする訴訟提起について

(PR TIMES) 2017年03月29日(水)09時44分配信 PR TIMES

株式会社ロイロは、2017年3月27日、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下:ベネッセ)に対して、ベネッセによる当社製品の模倣から生じた損害の賠償を求める訴訟を岡山地方裁判所に提起しました。
弊社は、ベネッセが販売するWindows用アプリケーション「オクリンク」が、弊社が開発・販売する「ロイロノート・スクール」に酷似しており、製品を模倣したものと主張しております。
株式会社ロイロは、2017年3月27日、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下:ベネッセ)に対して、ベネッセによる当社製品の模倣から生じた損害の賠償を求める訴訟を岡山地方裁判所に提起しました。
弊社は、ベネッセが販売するWindows用アプリケーション「オクリンク」が、弊社が開発・販売する「ロイロノート・スクール」に酷似しており、製品を模倣したものと主張しております。

昨今、いわゆる「パクリ」に対して世間が大変厳しい見方をしています。ましてや教育分野において、これからの変化の激しい時代を生き抜く子どもたちを育てていくソフトウェアが、他社の製品を模倣したものであってはならないと考えております。

ベネッセに対して再三にわたり通知させて頂いておりましたが、この度大変遺憾ながら正式な裁判によって解決を図るべく提訴に至りました。

当社は、長年の努力により築き上げてきた当社の大切な知的財産を保護するために、今後も継続して断固たる措置を講じていく所存です。

● 製品の比較
・「オクリンク」の画面画像(カタログPDFの1ページ目、画面中央付近に小さく掲載)
http://www.teacher.ne.jp/miraiseed/pdf/miraiseed_2015_catalog.pdf
・「ロイロノート・スクール」の画面画像
[画像: https://prtimes.jp/i/24975/1/resize/d24975-1-149998-0.jpg ]


● 株式会社ロイロについて
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の未踏ソフトウェア創造事業をきっかけに起業。同事業では、創業者の杉山竜太郎が「スーパークリエータ」に認定される。「未踏クリエータビジネスプランコンテスト最優秀賞」「グッドデザイン賞 中小企業庁長官賞」など受賞歴多数。ロイロノート・スクールは「日本eラーニング大賞 総務大臣賞」を受賞するなど、そのオリジナリティあふれるソフトウェアから生み出される直感的なアプリが教育現場で評判になり急成長しています。

● ロイロノート・スクールについて
ロイロノート・スクールは、これからの教育に必要とされる、主体的な学びに最適なタブレット用授業支援アプリです。圧倒的なシンプルさで、先生の授業アイディアをかんたんに実現することができます。

簡単に自分の思考をまとめ、発表することができるので、子供たちが自ら考え表現できる機会をとても増やすことができます。何度も自分の言葉で説明することで自信が付き、「思考力」「判断力」「表現力」を育てます。

2016年度、全国500校以上の学校で導入され、その双方向型授業による成果が報告されています。
詳しくはWebページをご覧ください https://n.loilo.tv/ja  
画像のダウンロードはこちら https://n.loilo.tv/ja/products



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る