• トップ
  • リリース
  • 新卒社員の経済的負担を軽減。奨学金返済支援制度をはじめます

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社情報戦略テクノロジー

新卒社員の経済的負担を軽減。奨学金返済支援制度をはじめます

(PR TIMES) 2017年04月20日(木)15時29分配信 PR TIMES

ITコンサルティング・情報システム開発を運営する株式会社情報戦略テクノロジー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高井 淳)は、2018年4月1日以降の新卒採用枠により入社した社員を対象とし、毎月の返済額と同額を月額3万円、返済開始から5年間を上限に給与に上乗せして支給します。
■本制度導入の背景

現在、大学生の51.3%、博士課程の62.7%が奨学金を受給しています。
(独立行政法人日本学生支援機構「平成26年度奨学金の返還者に関する属性調査結果」)

また、昭和50年度から平成24年度にかけて学費は劇的に上昇(国立大学の入学費309%、授業料823%)した一方で初任給や平均年収は微増(大卒の初任給124%、平均年収112%)に留まっています。
(厚生労働省「賃金構造基本統計調査」を平成27年度の消費者物価指数にあわせて換算)
[画像1: https://prtimes.jp/i/24769/1/resize/d24769-1-981251-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/24769/1/resize/d24769-1-993891-1.jpg ]


このような背景より、奨学金受給者の9%以上が返済滞納者になるなど奨学金制度が社会問題となっています。
この対策として給付型奨学金制度や所得額に応じた返済額を決める奨学金制度が国会などで議論に上がり法改正なども進んでおりますが、現状は問題が解消されておりません。

また、延滞が継続した場合、クレジットカード利用の制限や住宅ローンが組めなくなるなど将来のリスクがあり、さらには返済しきれずに自己破産に至るなどの問題が既に発生しております。

弊社の若手社員も半数以上が奨学金を利用しており、現在選考を進んでいる学生の多くも奨学金を借りています。彼らの将来のリスクを取り除き、不安が無い状態で職務に集中してもらえれば5年後にはキャリアアップして返済が負担にならないと考えています。


■社内制度概要


[表: https://prtimes.jp/data/corp/24769/table/1_1.jpg ]





■会社概要

商号   : 株式会社情報戦略テクノロジー
代表者  : 代表取締役 高井 淳
所在地  :〒155-0011 東京都渋谷区東3-9-19 VORT 恵比寿 maxim 8F
設立   : 2009年1月
事業内容 : 「情報戦略・情報システム・情報技術」に関するコンサルティングおよび
システムインテグレーション
資本金  : 5,000万円
URL   : https://www.is-tech.co.jp/


■本件に関するお問い合わせ先

企業名:株式会社情報戦略テクノロジー
担当者名:広報課 稲葉
TEL:03-5468-6670
Email: marke@is-tech.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る