• トップ
  • リリース
  • 経済産業省創設「おもてなし規格認証2017」★★(紺認証)パイロット認証を取得

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社東京個別指導学院

経済産業省創設「おもてなし規格認証2017」★★(紺認証)パイロット認証を取得

(PR TIMES) 2017年03月08日(水)12時35分配信 PR TIMES

当社のコアバリューであるホスピタリティ人材育成が評価

ベネッセグループの株式会社東京個別指導学院(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:齋藤 勝己)は、創業以来ホスピタリティ経営を推進してきた結果、2017年3月6日に、経済産業省が創設し一般社団法人サービスデザイン推進協議会が運営する「おもてなし規格認証2017」の現時点で最高位である「★★(紺認証)」をNPO法人日本ホスピタリティ推進協会による認定審査のもと取得しました。今回認証された11社のうちの1社としてパイロット認証されており、教育業界では、初の「★★(紺認証)」認定になります。
[画像: https://prtimes.jp/i/24567/1/resize/d24567-1-492428-0.jpg ]

経済産業省が2016年に創設した「おもてなし規格認証制度」は、サービス産業の生産性の向上と経営品質の向上を目的として、サービス品質を「見える化」することによって、サービス事業全体の成長、発展を促す仕組みです。サービス事業者が「おもてなし規格認証」に申請し、認定されることで、認証マークが付与され、サービス品質が「見える化」されます。当社は、今回、認証機関による審査を伴う「おもてなし規格認証2017」に申請し、「★★(紺認証)」のパイロット認証認定をいただきました。

当社では、創業以来大切にしている、「ホスピタリティ」を最大の強みとして、日々お客様と接してまいりました。
「やればできるという自信」「チャレンジする喜び」「夢を持つ事の大切さ」 我々は、この3つの教育理念を世界に広める事業を通じ、1人ひとりの大切な人生を輝かせる事に全力を尽くす。
という経営理念のもと、教育サービスを提供しております。
また、当社では、さらなる企業価値向上を目指し、顧客感動満足、従業員感動満足を高める活動をしております。NPO法人日本ホスピタリティ推進協会日本ホスピタリティ教育機構が認定するグローバル・ホスピタリティ・コーディネータ資格やホスピタリティ・コーディネータ資格を保有する社員を増やし、全社員、リーダー講師を対象にホスピタリティに関する研修を実施しております。これは、「ホスピタリティ」の概念を体系的に学び直し、単なる概念で終わらせてしまうのではなく、「教育サービスにおけるホスピタリティとは何か」を問いかけ、行動に移すことを目的としております。

教育業界では2020年に迎える大学入試改革など、環境変化が激しくなり、お客様のニーズの多様化が想定されます。今後もより一層、一人ひとりの課題解決に「ホスピタリティ」をもって向き合ってまいります。

【当社代表取締役社長 齋藤 勝己のコメント】
訪日外国人旅行客の急増もあり、日本人らしい「おもてなし」の精神を背景に「ホスピタリティ」が注目されています。
このたびの受賞は、創業以来「ホスピタリティ」を信条としている当社にとっては、大変光栄に存じます。
現在当社では、相手を思いやる心、人と人との関係性を大切にする「ホスピタリティ」をコアに、一人ひとりの個性と学ぶ力を育むパーソナルな教育サービスを展開しております。
今後はさらに、社会性や対人関係構築力に寄与するサービスを開発し、お客様に提供してまいりたいと思います。

【株式会社東京個別指導学院について】https://www.tkg-jp.com/
2017年3月8日現在、小中高生を対象とする個別指導塾を直営にて231教室展開(首都圏177教室、関西圏40教室、愛知8教室、福岡6教室)。高いホスピタリティと万全の生徒ケアを実現した個別指導塾のパイオニアです。
高品質・高付加価値なサービス提供にこだわり、多様化するニーズにきめ細かく対応しております。2007年に株式会社ベネッセコーポレーション(現株式会社ベネッセホールディングス)と資本業務提携契約を締結し、連結子会社となっています。個別指導塾の他、サービスポートフォリオ拡充のため、株式会社ベネッセコーポレーションから事業を譲り受けた、幼児から小学生を対象とする一人ひとりの可能性を育むサービス、「Benesseサイエンス教室・Benesse文章表現教室」を運営。また、2014年8月より、生徒の自宅と教室をインターネットでつなぎ、双方向通信による個別指導「CCDnet」の運営を開始しました。ドミナント戦略によって全国の大都市圏で教室展開しておりますが、このCCDnetを活用し、より多くの学びの機会を創出するというCSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)の役割も担い、当社の出店地域以外の子どもたちにもご利用いただいております。

【ほおもてなし規格認証について】
 詳しくは右記のホームページをご参照ください。 https://www.service-design.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る