• トップ
  • リリース
  • アクゾノーベル、2016年度第4四半期および通期の業績を発表

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

AkzoNobel (China) Investment Co. Ltd

アクゾノーベル、2016年度第4四半期および通期の業績を発表

(PR TIMES) 2017年02月20日(月)14時27分配信 PR TIMES

2016年度通期で販売数量伸長・過去最高の利益率を達成


2016年通期の業績
• 事業計画の確実な履行により2016年度通期で販売数量の伸長と過去最高の利益率を達成
• デコラティブ・ペイント事業とスペシャリティ・ケミカル事業にて販売数量が伸長、パフォーマンス・コーティング事業は前年並み
• 売上高は為替レートと価格/プロダクトミックスの影響により4%減
• EBIT(*1)は3%増の15億200万ユーロ(2015年度:14億6,200万ユーロ)、販売数量伸長、継続的改善効果および原価の低下が寄与
• 過去最高の利益率:売上高利益率(*2)は10.6%に(2015年度:9.8%)、投下資本利益率(*2)は15.0%にそれぞれ改善(2015年度:14.0%)
• 調整後1株あたり利益は3%増の4.15ユーロ(2015年度:4.02ユーロ)
• 2016年度通期の予定配当額は6.5%増の1株あたり1.65ユーロ(2015年度:1.55ユーロ)
• 営業活動からのネットキャッシュフローは14%増の12億9,700万ユーロ(2015年度:11億3,600万ユーロ)
• BASFから工業塗料事業の買収を完了
• 米国、英国、中国、およびインドにて、内部成長を支える生産能力増強のための投資を継続
• 持続可能なイノベーション:エコプレミアム(*3)製品の売上高に占める割合が20%を達成

1.偶発的事象を除く営業利益。
2.ROS(%)はEBITを売上高で除算したものです。移動平均ROI(%)は12か月間のEBITを12か月間の平均投資資本額で除算したものです。
3.Eco premiumソリューションとサービスは、競合製品と比較して環境的および社会的な利益をお客様に提供します。


今後の見通し
アクゾノーベルは2017年度について、EMEA(ヨーロッパ、中近東、アフリカ)地域、北米地域およびアジア地域においては一年を通じて状況の改善がみられる一方で、中南米地域においては現在の状況が継続すると予測しています。現在不安視されておりますいくつかの経済的および政治的不確実性は2017年中も解消されないものと予測しています。2016年度下半期に経験した海洋および石油・ガス産業などを含めた市況は2017年度上半期にも継続すると予測しています。

アクゾノーベルは市場の発展に寄与する能力を企業の構造面から向上させており、インフレ環境下における原材料価格の高騰に対しても適正な対策を講じています。この事業・財務基盤の強化を通じて、アクゾノーベルは買収を含めた成長の機会をより迅速かつ的確に捉えることが可能となりました。アクゾ ノーベルは2016〜2018年度のフィナンシャル・ガイダンスを堅持してまいります。


CEO Ton Büchner(トン・ブフナー)より
「2016年度は過去最高水準の利益率を達成し、持続的改善と成長という企業戦略の実現に向けたさらなる一歩を踏み出しています。
厳格な財政規律を通じたキャッシュフローの改善とともに現在実行されている株式買戻しプログラムにより企業戦略の実現に向けた我々の現在の活動に自信を深めています。
アクゾノーベルは市場の発展に寄与する能力を企業の構造面から向上させており買収を含めた成長の機会を迅速かつ的確に捉えることがより可能となりました。BASFから工業塗料事業の買収を2016年12月に完了しました。
アクゾノーベルは米国、英国、中国およびインドにおける工場や研究施設の新設等、成長を支えるための投資を継続してまいります。
アクゾノーベルは一年を通して革新的な新製品やデジタル分野での最新の取り組みを市場に紹介してまいりました。売上に占めるエコプレミアム製品の割合がさらに高まったことは、サステナビリティにおいて大変重要なステップとなりました。
『我々のすべての活動は社会のためにそして社会とともに』 をコンセプトとするアクゾ ノーベルのヒューマン・シティー(Human Cities)プログラムは、世界中の多くの人々にご好評をいただいております。
アクゾ ノーベルは、卓越したブランド、世界中に広がる事業活動、健全な財務体質と事業基盤を持つ、より強く機動力のある企業となりました。アクゾノーベルは2016〜2018年度のフィナンシャル・ガイダンスを堅持してまいります。」

[画像1: https://prtimes.jp/i/24227/1/resize/d24227-1-222573-0.jpg ]


デコラティブ・ペイント事業:通期の販売数量は全体として3%増加し、アジアとEMEA(欧州・中東・アフリカ)では好調だったものの中南米では減少しました。この販売数量増加の効果を不利な為替レートと価格/製品ミックスの影響が上回り、売上高は4%の減少となりました。オランダではウェットカラーテスターが大変栄誉ある賞を受賞しました。これは消費者が色の選択をより簡単にできる現在展開中の取り組みのひとつであり他の市場への紹介の準備を進めています。

パフォーマンス・コーティング事業:通期の販売数量は横ばいでしたが、これはいくつかの市場セグメントでの成長が海洋および石油・ガス産業分野の不調で相殺されたことによります。需要動向は市場セグメントや地域によって異なりました。売上高は為替レートと価格/ミックスの影響により5%減となりました。アクゾ ノーベルのビークル・リフィニッシュ(Vehicle Refinishes)事業部門は、塗装工場での等色(color matching)のスピードと精度を高め、生産性と利益を最大限に高める独自のシステムであるColorvationデジタルテクノロジーの提供を開始しました。

スペシャルティ・ケミカル事業:通期の販売数量は1%増加し、主にアジアと欧州での好調が寄与しました。販売数量の増加を複数の市場での価格低下の影響が上回ったことにより、売上高は4%減少しました。成長市場への注力を継続するアクゾ ノーベルは、中国寧波での2つの新工場の竣工式を執り行うとともに天津での工場新設の発表を行いました。またインドでのモノクロル酢酸工場新設のためAtul社との合弁会社設立を発表しました。


継続的改善活動
アクゾ ノーベルは成長とイノベーションを加速させるために、グローバルにおける機能を標準的な事業運営モデルに変換し事業サポートに供する複数年度にわたるプログラムの導入を順調に進めています。これに加え、アクゾ ノーベルの工場の75%において生産性と業務パフォーマンスの向上を目的としたAkzoNobel Leading Performance System(ALPS)が展開されています。

買収関連
アクゾ ノーベルはBASFからの工業塗料事業の買収を第4四半期に完了しました。この事業は2017年度に約2億8,000万ユーロの売上高を創出する見込みです。この買収によりコイルコーティング分野における世界最大のサプライヤーとしてのアクゾ ノーベルの地位がさらに強化されるとともに風力タービンの保護・保全に関してフルサービスのソリューションを提供できることになります。当該買収にはイギリスと南アフリカの製造工場も含まれています。

サステナビリティ、Human Citiesおよびイノベーション
アクゾノーベルはオランダにおいて再生可能エネルギープロジェクトによる電力源を共同で利用する目的で、グーグル、フィリップスおよびDSMとのパートナーシップの締結に積極的な役割を果たしました。
アクゾノーベルは厳格な環境基準を満たすために必要とされるDissolvine M-40を上市し界面活性剤メーカーへのサポートをしています。アクゾ ノーベルのヒューマン・シティー(Human Cities)イニシアティブは、オランダのロッテルダム、中国の上海、エクアドルのキト、およびウルグアイのモンテビデオなど世界の各地域の再活性化を支援し、人々の生活をより快適で活気あるものにしています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/24227/1/resize/d24227-1-125711-1.jpg ]

※アクゾノーベルのフィナンシャル・ガイダンスの詳細は下記よりご覧ください
www.akzonobel.com/about-us/strategy

※2016年度第4四半期業績報告書は下記URLからダウンロードしてご覧いただけます。
http://www.akzonobel.com/quarterlyresults


セーフハーバーステートメント
本プレスリリースには、アクゾ ノーベルの成長戦略、将来の業績、市場での位置付け、製品開発、開発パイプライン中の製品、および製品の承認を含む重要課題に関するステートメントが含まれています。このようなステートメントについては慎重な検討が必要であり、また予測された、および実際の結果は多くの要因によってそれらのステートメントとは相違し得ることを了解していただく必要があります。このような要因には価格の変動、通貨の変動、原材料と人件費に関する状況の変化、年金、物理的および環境的リスク、法的問題、ならびに立法、財政、およびその他の規制措置が含まれ、ただしこれらには限られません。ステートメントに含まれる競争上の位置付けは、外部専門機関から提供された情報に基づき経営陣が推定したものです。www.akzonobel.comサイトからダウンロードしていただける直近の年次報告書には、アクゾ ノーベルの事業に影響するリスク要因がより幅広く検証されています。


【アクゾ ノーベルについて】
アクゾノーベルは、人々の生活をより暮らしやすく活気に満ちたものにするための日々の必需品を作り出しています。塗料およびコーティングのグローバルリーダーならびにスペシャルティ・ケミカルの大手メーカーとしてアクゾノーベルは世界中の産業界および消費者にとって不可欠な原料、防護ソリューションならびにカラーをお届けしています。パイオニアとしての伝統に支えられたアクゾノーベルの革新的な製品とサステナブルなテクノロジーは、世界で急速に変化し成長し続ける需要に応えていくとともに人々の暮らしの安心を支え続けることを目指しています。オランダのアムステルダムに本社を置くアクゾノーベルは世界80か国に約45,000人の社員を擁し、事業ポートフォリオにはDulux、Sikkens、International、Interpon、Ekaをはじめとする著名ブランドが含まれています。アクゾノーベルは継続してサステナビリティのリーダー企業にランクされ、企業としての活動を通じて都市やコミュニティ-が活性化し、人々がより暮らしやすく安全で色彩に満ちた世界を作り出すことに貢献してまいります。
日本語Webサイト:http://www.akzonobel.co.jp
グローバルWebサイト:http://www.akzonobel.com



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る