• トップ
  • リリース
  • 医師が考えた 新しい発想のマスク 「花粉を水に変えるマスク」2017年3月1日(水)販売開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

DR.C医薬株式会社

医師が考えた 新しい発想のマスク 「花粉を水に変えるマスク」2017年3月1日(水)販売開始

(PR TIMES) 2017年02月22日(水)14時41分配信 PR TIMES

花粉、ハウスダスト、カビ等のタンパク質を分解して水に変える「ハイドロ銀チタン(R)テクノロジー」活用

感染症・アレルギー疾患治療薬開発を専門とする創薬会社、DR.C医薬株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:岡崎成実/以下DR.C医薬)は、花粉等のタンパク質を分解し水に変える「ハイドロ銀チタン(R)テクノロジー」を用いた、医師が考えた 新しい発想のマスク「花粉を水に変えるマスク」(小さめサイズ/ふつうサイズ)を、2017年3月1日(水)より全国の小売店等で販売開始いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/24138/1/resize/d24138-1-280392-0.jpg ]

            医師が考えた 新しい発想のマスク 「花粉を水に変えるマスク」

 「ハイドロ銀チタン(R)テクノロジー」は、DR.C医薬の代表であり、医師である岡崎成実によって開発された、光触媒を進化させた光がなくても作用するハイブリット触媒であり、花粉、ハウスダスト、カビ等のタンパク質を分解して水に変える画期的なクリーン技術です。

 今回の医師が考えた 新しい発想のマスク 「花粉を水に変えるマスク」は、4層構造となっており、不織布と高密度フィルターの間に「ハイドロ銀チタン(R)」を配合したフィルターを挟み込み、そのフィルター上で花粉、ハウスダスト、カビ等のタンパク質を分解して水に変えるものとなっています*。

 DR.C医薬では、今後も「ハイドロ銀チタン(R)テクノロジー」の展開を通じて人々の暮らしの清潔と安心を守って参ります。

*花粉・ハウスダスト・カビ・汗・ニオイ・ハナミズ・不衛生タンパク質の種類・量によっては分解できないものもあります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/24138/1/resize/d24138-1-210744-1.jpg ]

                      マスク内部の4層構造

【商品情報】
・商品名:医師が考えた 新しい発想のマスク 「花粉を水に変えるマスク」
・価格:600円 (税抜き)
・入数:5枚入り
・サイズ:〈小さめサイズ〉約145mm×95mm、〈ふつうサイズ〉約160mm×95mm

【DR.C医薬株式会社】
代表取締役社長: 岡崎成実
資 本 金: 3億3550万円
設   立: 2007年9月10日
本   社: 東京都新宿区西新宿六丁目2番3号新宿アイランドアネックス407号室
事 業 内 容: 医薬品・動物用薬品・試薬・医療部外品の製造、輸出入、販売 等

※ニュースリリースの情報は発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。予めご了承下さい。

《商品に関するお客様からのお問い合わせ先》
DR.C医薬株式会社 TEL:03-3340-1979 (受付時間:祝日を除く月〜金9:00〜17:00)
http://drciyaku.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る