• トップ
  • リリース
  • サイバーエリアリサーチ、自社サービスどこどこJPが提供する「気象データ」がデータアーティストと連携開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

サイバーエリアリサーチ株式会社

サイバーエリアリサーチ、自社サービスどこどこJPが提供する「気象データ」がデータアーティストと連携開始

(PR TIMES) 2017年02月28日(火)10時18分配信 PR TIMES

天候/気温によってダイナミックに移り変わるユーザー行動をリアルタイムにターゲティング

 サイバーエリアリサーチ株式会社(本社:静岡県三島市 代表取締役:山本敬介 以下サイバーエリアリサーチ)が提供するAPI「どこどこJP」の気象データは、データアーティスト株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:山本 覚 以下データアーティスト)の最先端LPOツール「DLPO Act」と連携をいたしました。
 DLPOによるABテスト、ターゲティングテストの出し分けロジックに天候情報を組み込むことによって、ダイナミックに移り変わる消費者行動にリアルタイムで対応するクリエイティブやメッセージを表示し、より最適なユーザーコミュニケーションを実現することが可能になりました。


■気象情報を活用した新規機能実装により実現できること
気象データとの連携によって「DLPO」は新しく以下のようなABテストプランニングが可能になります。

・天候に合わせたターゲティング
[画像1: https://prtimes.jp/i/23824/1/resize/d23824-1-303857-0.jpg ]



・紫外線に合わせたターゲティング
[画像2: https://prtimes.jp/i/23824/1/resize/d23824-1-277163-1.jpg ]


※その他、気温に合わせたターゲティングも可能


■気象情報を判定できる仕組み
サイバーエリアリサーチは、IPアドレスから位置情報を判定するという技術を保有しています。気象情報の判定は、この位置情報の判定技術を応用しています。IPアドレスから位置情報を市区町村単位で判定した後、あらかじめ用意した市区町村単位の気象情報データベースから、対応する地域の気象情報を取得するという仕組み用いています。これによって、GPSなどの機器を持たないPC経由のアクセスであっても、ユーザーの置かれた気象条件を知ることができます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/23824/1/resize/d23824-1-395801-3.jpg ]

気象情報データベースは定期的なアップデートを行っています。アップデートの間隔は項目によって異なりますが、最も頻度の高いデータでは、1日に24回の更新を行っています。


■どこどこJPで判定できる気象データ
どこどこJPでは、「天気」「気温」「湿度」「降水量」「降水確率」「風向き」「紫外線」、気象データの関連情報として「データの更新日時」を判定することができます。気象情報は、「晴れ」や「10℃」といった日本語での表記の他、テロップ番号(天気と番号を対応させたもの)やコードで取得することも可能です。取得できる項目の一覧は、「気象データオプション」をご覧ください。

どこどこJPで判定できる気象データは、気象情報がどのような情報に基づいているのかという切り口から、「予報データ」と「現況データ」に区別されます。
予報データはその名の通り「天気予報」「最高(最低)気温予報」「紫外線強度予報」といった、予測に基づくデータです。天気予報であれば、明後日までの予報データが取得可能です。「天気予報を確認して週末の予定を立てる」など、天気予報はユーザの行動を少なからず左右するはずです。
これに対して、「現況データ」は「今、どのような気象条件下にあるのか」を、アメダスや気象衛星などから得られた情報をもとに推定したデータです。予報データよりも更新頻度が高く、よりリアルな情報であると言えます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/23824/1/resize/d23824-1-283333-2.jpg ]



■サイバーエリアリサーチ株式会社について
サイバーエリアリサーチ(株)は、2000年2月に設立され、アドテクノロジー・デジタルマーケティングの分野を主なフィールドとしています。
私たちの技術は、日々生き物のように変化する世界のIPアドレスを、一つひとつ調査し判定する「IP Geolocation」(位置情報認識技術)を土台としています。さらに、そのデータベースをマーケティングやブランディングの分野・不正アクセスの検出や著作権保護の分野において、顧客の機会損失を最小化し、利益を最大化するソリューションとして提供する「IP Intelligence」の技術に発展させています。

<会社概要>
サイバーエリアリサーチ株式会社 会社概要
会社名: サイバーエリアリサーチ株式会社(英文名:Cyber Area Research, Inc.)
代表者: 代表取締役社長 山本敬介
所在地: 〒411-0036 静岡県三島市一番町 18-22 アーサーファーストビル 4F
設立: 2000 年 2 月 21 日
資本金: 1億75万円(平成28年6月30日現在)
事業内容: IP Geolocation 事業、IP アドレス移転事業、Ad Tech 事業
URL: http://www.arearesearch.co.jp/


■データアーティスト株式会社について
データアーティストは、LPO事業を軸として2013年8月に設立され、「お客様が"ひらめき"="アート"に集中できる環境の構築」をスローガンに、国内導入実績450社のLPOツール導入実績により培ったノウハウと技術力を背景にデータサイエンスを追究し、データドリブンなマーケティングコンサルティングとソフトウェア提供を行っています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る