• トップ
  • リリース
  • 最大獲得賞金総額$15,000!日本、韓国、オーストラリアの3カ国で同時開催するシスコバーチャル・ハッカソンアジアパシフィックが2017年1月16日(月)より開始

プレスリリース

  • 記事画像1

最大獲得賞金総額$15,000!日本、韓国、オーストラリアの3カ国で同時開催するシスコバーチャル・ハッカソンアジアパシフィックが2017年1月16日(月)より開始

(PR TIMES) 2017年01月13日(金)12時18分配信 PR TIMES

日本を含む、3カ国のスタートアップやデベロッパーが集結!シスコのIoTテクノロジーを取り入れた革新的なプロダクトを生み出そう!

Cisco Systems, Inc. US (以下、シスコ)と株式会社BeMyApp(以下、BeMyApp)は、日本を含む3カ国で同時開催するオンライン上のハッカソンである「シスコバーチャル・ハッカソンアジアパシフィック」を2017年1月16日(月)より開始致します。(参加登録の締め切りは、2017年1月25日)
本イベントは、日本を含む、3カ国で同時開催されるオンライン上のハッカソンで、参加することで、シスコのエキスパートやメンターよりアドバイスなどを受けつつ、開催期間中には、Spark、Tropo、DevNetなどを無償で使用することが可能になります。
[画像: https://prtimes.jp/i/23548/1/resize/d23548-1-970519-0.jpg ]

<概要>
■イベント名 
シスコバーチャル・ハッカソンアジアパシフィック

■開催期間  
2017年1月16日(月)から2017年2月22日(水)まで

■参加募集の締切 
2017年1月25日(水)

■賞金総額 
$25,000 (※1カ国の勝者あたりの賞金は$5,000、3カ国での勝者は更に$10,000獲得可能)

■参加資格 
日本、韓国、シドニー、オーストラリアのいずれかに在住していること

■受付可能な企画 
シスコのテクノロジーを使用あるいは使用の検討をしているアプリやIoT関連の企画 (※IoT関連以外のプロジェクトでも応募可能)

■利用可能なシスコのテクノロジー 
Spark、Tropo、DevNetなど

■審査基準
1.プロジェクトのオリジナリティ  
2.イノベーション性 
3.ビジネスの可能性 
4.ユーザーエクスペリエンス 
5.シスコのテクノロジーの使用度合い

■参加登録URL
http://ciscovirtualhackathon.bemyapp.com/?utm_source=bma&utm_medium=japandevs&utm_content=&utm_campaign=virtualhackathon

■公式ハッシュタグ
#ciscovirtualhackathon

つきましては、本ハッカソンの開催に関するニュースをご紹介頂けますと幸いです。
ご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽に下記お問い合わせ先までご連絡ください。

ご検討の程、何卒宜しくお願い申し上げます。


Cisco Systems, Inc. USについて
Cisco Systems, Inc. US(シスコ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼに本拠を置く多国籍テクノロジー企業。ネットワーキングハードウェア、通信機器、その他のハイテクサービスなどの製品開発、製造、販売を行う。

BeMyAppについて
BeMyAppは、ハッカソンやデベロッパー向けコミュニティ、カンファレンス、インキュベーター、オンラインコンテストなどを提供するテクノロジー業界に特化したマーケティングカンパニー。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る