• トップ
  • リリース
  • かみのやま温泉に関連するモノやコトを題材に、印象や体験、エピソードを川柳で伝える「かみのやま川柳」を大募集!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社上山温泉ホテルあづま屋

かみのやま温泉に関連するモノやコトを題材に、印象や体験、エピソードを川柳で伝える「かみのやま川柳」を大募集!

(PR TIMES) 2016年12月02日(金)10時52分配信 PR TIMES

最優秀賞の受賞者には、老舗宿「果実の山 あづま屋」1泊2日ペア宿泊券(オリジナル薬膳料理)を、優秀賞の受賞者には山形牛ステーキ、入賞者にはりんごジュースを贈呈

樹氷で名高い蔵王の麓に位置する山形県かみのやま温泉の老舗宿「果実の山 あづま屋」(所在地:山形県上山市新湯1-23、社長:吾妻永朗、創業:1924年8月)では、開湯555年を超えるかみのやま温泉や周辺の観光名所、祭事、料理、特産品等の印象や体験、エピソードを伝える「かみのやま川柳」を2016年12月2日(金)〜12月28日(水)まで募集致します。
[画像1: http://prtimes.jp/i/22925/1/resize/d22925-1-222095-0.jpg ]


当企画は、開湯以来多くの方々に親しまれ、語り継がれたかみのやま温泉や周辺の観光名所、祭事、料理、特産品など、“かみのやま”に関連するモノやコトを題材とした川柳の公募を通じて、かみのやま温泉をより多くの方々に知っていただくこと、また四季折々に表情を変える豊かな自然や良質な食材、かみのやまの歴史や風習への興味・関心を高めていただくことを目的としています。
[画像2: http://prtimes.jp/i/22925/1/resize/d22925-1-506413-6.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/22925/1/resize/d22925-1-636657-7.jpg ]

―「かみのやま川柳」募集 実施概要―

[表1: http://prtimes.jp/data/corp/22925/table/1_1.jpg ]



[画像4: http://prtimes.jp/i/22925/1/resize/d22925-1-392620-2.jpg ]

豊かな自然と良質な食材に恵まれた「かみのやま」

■開湯555年を超える歴史有る温泉郷
かみのやま温泉は、山形県の南東部に位置する開湯555年超の温泉郷で、上山藩の城下町として栄えた江戸時代には、参勤交代で訪れる大名や出羽参詣で行きかう旅人の宿場町として賑わいました。このような城下町・宿場町・温泉の3つを兼ね備えた都市は、全国的にも珍しいとされており、当時の宿場を思い浮かばせる楢下宿や17世紀の創建で国の重要文化財に指定された旧尾形家住宅、1692年に取り壊さ


れ、現在は当時の石垣の上に新たに建立された上山城、武家屋敷、春雨庵、蟹仙洞等の街中に残るノスタルジックな佇まいが歴史を感じさせます。
[画像5: http://prtimes.jp/i/22925/1/resize/d22925-1-224980-1.jpg ]

[画像6: http://prtimes.jp/i/22925/1/resize/d22925-1-726598-3.jpg ]

■四季折々に表情を変える豊かな自然
かみのやま温泉は、蔵王連峰、出羽三山(月山・羽黒山・湯殿山)、朝日岳などの名だたる名峰に囲まれ、近傍に最上川が流れる美しい自然に恵まれた温泉郷です。夏は暑く、冬は雪に覆われるという温暖の差がハッキリとした気候が、春は河川や参道の桜、夏はサクランボや桃などの果物狩り、秋は松尾芭蕉で有名な山寺の紅葉、冬は蔵王の樹氷など、鮮やかな四季を作りだします。
[画像7: http://prtimes.jp/i/22925/1/resize/d22925-1-427747-4.jpg ]

■良質な果物と食材の宝庫
山形県は東北地方の中でも有数の「食材の宝庫」と言われており、サクランボやラ・フランス、ブドウ、干し柿、リンゴ等の果物が豊富で、一年を通じて果物狩りを体験することができます。
また、全国トップクラスの評価を得ているブランド米の「はえぬき」や「つや姫」、日本三大和牛に数えられる米沢牛、庄内の魚介類、天然の山菜やきのこ等の良質な食材と、蕎麦職人が丹精込めて打ちあげる蕎麦、芋煮やこんにゃく料理といった郷土料理の数々も自慢としています。
蕎麦打ちや干し柿づくり、手作りバター、和菓子つくり等が体験できる店舗や施設が多く、ワイナリーも見学できるので、年齢を問わず、かみのやまの「食」を存分にお楽しみ頂けます。
[画像8: http://prtimes.jp/i/22925/1/resize/d22925-1-766425-5.jpg ]

創業1924年の歴史ある老舗宿「果実の山 あづま屋」

■美肌の湯と上質で健康な料理が好評の老舗宿
「美肌の湯」、「温まりの湯」とも称される名湯に手足を伸ばしながらゆったりと浸かれる風呂が人気の老舗宿です。最上階の大浴場からは豊かに広がる蔵王山麓と上山市内の街並みが、露天風呂からは星を散りばめたかの如く光り輝く上山市街の夜景が楽しめます。
また、山形牛の陶板焼きや季節の野菜てんぷら等、食材の宝庫と言われる山形の良質で旬の食材を使った料理の数々も好評です。菜食の方や健康に配慮した方には、滋養のある食べ物に漢方の生薬を加味した薬膳料理やビーガン・ベジタリアン料理も用意しており、肉や魚が苦手な方にもお勧めです。
あづま屋は、半日で訪れる事ができる範囲の中に、蔵王や山寺、出羽三山などの観光名所や果物狩り、蕎麦打ち、川下り、乗馬などの体験教室やコースがたくさん有る、観光資源に恵まれた場所に立地しています。あづま屋のオフィシャルサイトでは、長く地元で暮らすスタッフが季節や移動距離も考慮した上で、これらの観光資源を組み合わせた「あづま屋おすすめモデルコース」を公開していますので、是非ご覧ください。

■「果実の山 あづま屋」概要

[表2: http://prtimes.jp/data/corp/22925/table/1_2.jpg ]


[表3: http://prtimes.jp/data/corp/22925/table/1_3.jpg ]



【本件に関する一般の方からのお問い合わせ先】
果実の山 あづま屋/三沢、土屋(ユキエ)
(電話)023-672-2222
〒999-3141 山形県上山市新湯1-23



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る