• トップ
  • リリース
  • カーディナルヘルス、欧州及びアジア太平洋地域におけるコーディスの心血管製品提供拡大の戦略的販売契約を発表

プレスリリース

  • 記事画像1

Cardinal Health Japan 合同会社

カーディナルヘルス、欧州及びアジア太平洋地域におけるコーディスの心血管製品提供拡大の戦略的販売契約を発表

(PR TIMES) 2016年11月02日(水)11時46分配信 PR TIMES

カーディナルヘルス(Cardinal Health)は、同社の心臓・血管関連デバイス事業部門であるコーディス(Cordis、以下コーディス)が欧州及びアジア太平洋地域での心血管治療機器事業拡大を可能にする二つの新規販売契約を締結したことを発表しました。
カーディナルヘルスはこのほど、バイオセンサーズ(Biosensors、以下バイオセンサーズ)との現行の販売契約を拡大しました。これにより、コーディスは日本におけるバイオセンサーズの冠動脈インターベンション(PCI)製品に対する独占販売権を持つことになります。また、株式会社カネカ(以下、カネカ)とは、欧州・中東・アフリカ地域(EMEA)、中南米地域、および日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランドを含むアジア太平洋地域において、PCIバルーンカテーテルの販売権利契約を結びました。これらの契約により、コーディスの欧州及びアジア太平洋地域における血管内治療分野の製品提供のみならず、その他製品提供においても確固たる地位を確立することになりました。

カーディナルヘルスのメディカル・プロダクツ アジア地域社長であるパトリック・ホルトは次のように述べています。「この度発表した二社との販売契約の締結は、アジア太平洋地域における心血管分野において、心血管内治療分野のポートフォリオを拡大するという当社の戦略にとって重要な一歩です。これらの販売契約により、欧州及びアジア太平洋地域の医療従事者および患者様が最先端の心血管治療にアクセスできることになりました。」

コーディスは日本において、バイオセンサーズのBMX-J薬剤溶出ステント(DES)とbp22-4D PTCAバルーンを独占販売します。この契約は、2016年5月に結ばれた販売契約を基に締結されましたが、この契約により、コーディスはEMEA、オーストラリア、ニュージーランド地域のDES市場へ復帰を実現しました。バイオセンサーズの強固な製品ポートフォリオにより、経皮冠動脈インターベンション(PCI)を受けている患者様の治療をより強力にサポートすることが可能になります。PCIは、カテーテルを使いステントを埋め込むことで、閉塞した冠状動脈を広げる低侵襲な経皮的治療法です。

カネカとの販売契約により、コーディスは、カネカの高品質なセミコンプライアントおよびノンコンプライアントPCIバルーンカテーテルを販売します。日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドにおいては、NEON™およびNEON™ NCの製品名で、カネカのPCIバルーンカテーテルを販売します。中国では、カネカのブランドのIkazuchi RevとFortis IIの独占販売権を所有しています。また、コーディスは、中国での承認(注1)のもと、Ikazuchi ZeroとRaiden 3を販売します。カネカの主力製品であるPCIバルーンカテーテルは、ローエントリーのプロファイルおよび新しい親水性コーディングを備え、石灰化した病変もしくはより高度の通過性能を必要とする病変へのアプローチに役立ちます。

予防可能な病による早期死亡のうち、心疾患による死者は年間約1750万人にのぼり、これは世界の全死亡数の31%に相当すると推定されています(注2)。アジア太平洋地域の、血管内治療市場は成長しています。2014年から2022年までに、年間成長率(CAGR)にして4.8%の増加が見込まれ、同期間の世界市場の推定CAGRの2.9%よりはるかな高成長率が見込まれています。血管内治療機器の世界市場は、2022年末までに1116億米ドルに上ると推計されています(注3)。

カーディナルヘルス(Cardinal Health)について
世界的な医療サービス・製品提供企業のカーディナルヘルス(Cardinal Health, Inc.)は、日々変化する世界でお客様の成功をサポートする幅広いソリューションを提供しています。当社はサプライチェーンの効率、医療プロセスとパフォーマンスの最適化、臨床的に実証された日常的に使用される医療製品と医薬品の提供、シームレスな医療調整とより良い患者管理に向けて、患者様と医療従事者、保険会社、薬剤師、メーカーを結びつけるソリューションを通じて、医療のコスト効果を高めます。カーディナルヘルスは100年近くに及ぶ経験を持ち、フォーチュン500のトップ50にランクされ、フォーチュン・グローバル100にもランクインしています。当社は世界約60カ国の3万7000人を超える社員と共に、パートナーをサポートしています。

詳細はこちらのリンク先http://www.cardinalhealth.jp をご覧ください。またTwitterの@CardinalHealth(https://twitter.com/cardinalhealth )においても最新情報を提供しています。

(注1)Ikazuchi ZeroとRaiden 3は現在、中国では承認または市販されていません。
(注2)http://www.who.int/cardiovascular_diseases/en
(注3)http://www.transparencymarketresearch.com/interventional-cardiology-devices.html

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る