• トップ
  • リリース
  • 世界初!水の力で、掃除する。水洗いクリーナーヘッド「スイトルSWT-JT500」発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

世界初!水の力で、掃除する。水洗いクリーナーヘッド「スイトルSWT-JT500」発売

(PR TIMES) 2017年02月21日(火)15時22分配信 PR TIMES

がんこな汚れもしつこいシミも、すっきりキレイに!

 株式会社シリウス(所在地 : 東京都台東区、代表取締役社長 : 亀井 隆平)は、ご家庭のキャニスター型掃除機に取り付けるだけで、自動的に水を噴射しながら汚れやシミ・ニオイも吸い取る、家庭用としては世界で初めて※の水洗いクリーナーヘッド「スイトルSWT-JT500」(http://switle.jp/)を4月21日(金)に発売します。また発売に先立ち、2月21日(火)よりシリウスオンラインストアで予約販売を開始します(限定1000台)。
スイトルは、有限会社川本技術研究所(所在地:広島県福山市、代表:川本栄一)が開発した「アクアサイクロン技術」を搭載し、カーペット・畳・マットレスや、洗濯ができない大物ファブリック製品の、従来の掃除機ではむずかしかった汚れやしつこいシミなどを部分洗いして、きれいに吸い取ります。

また同梱している「除菌水の素(弱酸性次亜塩素酸水・除菌水生成剤:商品に試供品同梱)」を併用することで、ニオイや雑菌もきれいに消臭・除菌します。

気になる汚れは、すぐにキレイにしたい------。日本は世界に類を見ない”清潔社会”です。今までの”掃除”に対して抱いておられたお客さまの不満・不便など、”未充足の潜在ニーズ“を掘り起こし、ペットを飼育しておられるご家庭、小さなお子さまやご高齢の方がおられるご家庭などに、新しい掃除のスタイルを提案してまいります。

※2017年2月21日時点
[画像1: https://prtimes.jp/i/22131/1/resize/d22131-1-815652-7.jpg ]


●製品の特長
1. ご家庭の掃除機※1に取り付けるだけ。頑固なヨゴレも、水を吹き付けキレイにスイトル。
2. ヨゴレもニオイも水の中。汚れた水はそのまま捨てる。スイトルまるごと水洗い。
3. 小型・軽量 1.2kg※2。持ち運び簡単、操作も簡単。
※1 適用掃除機:吸引仕事率170W以上の床移動型キャニスター掃除機。27mm〜42mmの丸型菅に接続可能
※2質量:1.6kg(ホース含む)

●「スイトル」使用方法
[画像2: https://prtimes.jp/i/22131/1/resize/d22131-1-946024-3.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/22131/1/resize/d22131-1-207958-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/22131/1/resize/d22131-1-456610-4.jpg ]

1)スイトルの清水タンクに水を入れ、ご自宅の掃除機のホースの先に取り付けます。
2)掃除機をONにすれば自動的に"水洗い運転"を開始。
3)終わったらカバーを開けて汚水を捨てるだけ。丸ごと水洗いが可能です。
*公式動画は右記をご覧ください。http://switle.jp/

●「アクアサイクロン技術」について
20年以上、水洗い掃除機の研究開発に携わってきた発明家 川本栄一氏の「アクアサイクロン」技術によって、カーペットなどについた液状の汚れ・シミを“洗浄しながら吸引”し、跡形も臭いもなく除去します。

1)「湿式吸引技術」
対象となる汚れにノズルを当てると、瞬時に自動的に水が噴射され、汚れを洗浄しながら吸引します。カップスープやインスタントラーメンなどの固形物も強力に吸い取ります。対象からノズルを離すと自動的に噴射を停止します。一瞬のタイムラグもないため、水漏れなどはありません。

2)「液体分離技術」
風圧を利用してカバー部のターボファンユニットを回転させ、汚水をクリーナーヘッド内部に吸い上げて水と空気に分離します。空気のみがダクトを通じて、クリーナーヘッドと接続した掃除機本体側へと流れます。汚水はクリーナーヘッド内部の汚水タンクに溜まり、手を汚す事なく捨てられます。

3)「汚水しみ上がり防止技術」
従来の湿式掃除機において、最大の技術的課題は汚水の浸入でした。この浸入経路は外壁とファンの隙間です。外壁との間に隙間がなければ、ファンが固定されて回転できません。スイトルでは外気から取り込んだ空気を「逆噴射ターボファンユニット」で吸引と逆方向の風を起こして、空気の壁(エアシール)をつくり、この隙間を完全に塞ぐことなく、壁伝いにしみ上がってくる汚水を押し戻して浸入を防ぎます。

※上記技術は、日本・中国・米国特許を取得済みです。その他、本体が倒れた場合などに汚水の逆流を防ぐ「逆流防止弁」は実用新案特許を取得しており、二重・三重の安全対策を施しています。

[画像5: https://prtimes.jp/i/22131/1/resize/d22131-1-874269-5.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/22131/1/resize/d22131-1-556518-6.jpg ]


本製品は2016年10月に実施したクラウドファンディング(https://kibidango.com/384)において、募集開始後、一日で目標金額100万円に到達し、終了時には1160万円を調達しました。

●「スイトル」開発チーム
元三洋電機のメンバーで設立した家電メーカー・シリウスが企画。スイトルに搭載した技術発明は川本栄一氏、プロダクトデザインは電動義手「HACKberry」やVR空間で触覚を体感できる「EXOS」を開発したスタートアップ、イクシー株式会社・小西氏、製造設計は元三洋電機・回転機事業部技術陣を中心にユウキ産業株式会社、コンセプト開発・ブランディングを未来予報株式会社が手がけています。

[画像7: https://prtimes.jp/i/22131/1/resize/d22131-1-819288-8.jpg ]


●有限会社川本技術研究所 代表 川本栄一
1943年生まれ。スイトルの技術の考案者。20年以上水掃除の研究開発を続け、水を吹きつけながら吸い取るノズルの機構、空気と汚水を完全分離する特殊なファン等を開発。図面を引かず、感覚と手作業で試作を繰り返す独自の開発技法でスイトルの原理試作を制作。

●イクシー株式会社CCO小西哲哉 http://exiii.jp
1985年生まれ。パナソニックデザイン部門を退職後、イクシー株式会社を山浦博志氏、近藤玄大氏らと設立。3Dプリンタで出力可能な電動義手「HACKberry」やVR空間で触覚を体感できる「EXOS」を開発し、iF Design Award並びにGOOD DESIGN AWARDで金賞を受賞。国内外で評価されている。スイトルのプロダクトデザインを担当。

●ユウキ産業株式会社 http://yuuki-g.co.jp/日本を代表する家電や自動車メーカーに対し多種多様な金型、樹脂成型、組み立て加工などを提供するデバイスメーカー。三洋電機出身の技術者をメンバーに加え新たな分野への進出をめざします。

●未来予報株式会社 http://miraiyoho.com/2016年に設立した、まだ世の中にないモノやサービスを、開発チームの一員となって育てるデザインファーム。海外スタートアップのリサーチを強みに、新製品・新サービスに特化したコンセプトデザイン・ブランディングのソリューションを提供。

●株式会社シリウス http://www.sirius-agent.co.jp/三洋電機株式会社で培ったノウハウとネットワークを最大限に活かし、2008 年に環境衛生商品の卸・販売業として発足。新しいアイデアで日本の家電業界に新たな価値を創造したいという想いから、オリジナル家電の開発にも注力。これまでに、除菌水の力で空気を洗う空間清浄システム「J-Boy」などを開発・製造。今後も大手家電メーカーにはできない開発方法と、販売手法に挑戦します。

●製品概要・仕様
品名 :掃除機用水洗いクリーナーヘッド
愛称 :switle <スイトル>
品番 :SWT-JT500 (K)
発売日 :2017年4月21日
販売価格 :オープン(想定売価 2万円前後)
本体サイズ:幅148 × 高さ283 × 奥行き506 (mm)
本体質量 :1.6kg(ホース含む) <本体:1.2kg>
素材 :ABSほか
タンク容量 :清水タンク 500ml 、汚水タンク FULLラインで600ml
適用掃除機 :吸引仕事率170W以上の床移動型キャニスター掃除機
27mm〜42mmの丸型菅に接続可能

プレスキット: https://goo.gl/5VKJFt
シリウスコーポレートサイトURL:http://www.sirius-agent.co.jp/
シリウスECサイトURL:http://cart.sirius-agent.co.jp/

<本件に関するサプライヤー様のお問い合わせ先>
担当:大野 Tel:03-5817-4474 E-mail:info@sirius-agent.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る