• トップ
  • リリース
  • 雑草生い茂った放棄土地の再生!ソーラーシェアリングで実現した絶品しいたけ。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社三喜工務店

雑草生い茂った放棄土地の再生!ソーラーシェアリングで実現した絶品しいたけ。

(PR TIMES) 2016年10月12日(水)12時21分配信 PR TIMES

放棄農地の再生化事業。太陽光発電+しいたけ栽培でしっかり稼ぐ農業の実現へ。

太陽光発電の設置や施工を行う「三喜工務店」(愛知県小牧市)は、昨年、愛知県で初めて農地法4条の一時転用許可を利用した営農型太陽光発電事業によるしいたけ栽培を開始しました。そして今回、太陽光パネル下で育てたしいたけが初めて収穫を迎えましたので、11月6日に感謝祭として、しいたけ狩りを地域の皆様・関係者の方々に向け開催致します。
[画像1: http://prtimes.jp/i/21768/1/resize/d21768-1-557155-5.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/21768/1/resize/d21768-1-882972-7.jpg ]



[画像3: http://prtimes.jp/i/21768/1/resize/d21768-1-738421-6.jpg ]

太陽光架台の製造・設計・施工をしている「株式会社三喜工務店(愛知県小牧市)」が、この度、愛知県下初となる営農型発電設備の下で育てたしいたけを収穫しました。
この土地はもともと、雑草が生い茂り、廃屋が建つ荒れた放棄地でした。その土地を競売にて取得し、解体造成後、きのこ栽培の出来る土地へと変貌を遂げ、再生しました。
再生後は原木を約5500本仕入れ、日照が当りすぎないよう調整し、定期的な水やりや組替え等を行い、刺激を与えることでしいたけの発芽へと実を結びました。

この農場は、株式会社三喜工務店代表取締役である三輪憲一氏により運営されています。三輪氏はもともと、しいたけ栽培にも精通があり、愛知県原木椎茸生産者の会にも所属しています。そのような経緯から、愛知県下のソーラーシェアリングによるしいたけ栽培第一号案件として認可を取得し、しいたけ栽培をスタートすることが出来ました。
そして、太陽光パネルを支える架台は、三喜工務店が独自開発した杭(特許第5756551号)や、自社製造の鉄骨架台を使用しており、頑丈で錆びない先進的技術が採用されています。




ソーラーシェアリングによる放棄地再生事業



[画像4: http://prtimes.jp/i/21768/1/resize/d21768-1-760801-8.jpg ]

太陽光発電事業は、買取価格が年々下がり、一時と比べ市場は落ち着いてきました。更に、来年度にはFIT法の改正を控えています。この状況の中三喜工務店は、これからの日本で2つ、関連する項目において大きな問題を抱えていると考えています。
(1)エネルギー自給率・そして環境問題
現在日本のエネルギー自給率は、6%前後と言われています。これは先進諸国の中でも最も低い水準であり、自国内にてエネルギーを生産することが急務と考えられております。また、COP21で日本が掲げた削減目標を達成する為にも、再生可能エネルギーの普及は必須と考えられます。


(2)食料自給率・農業就業者の減少・放棄地の増加
現在日本の食糧自給率は、約39%と言われています。これは、上記同様主要先進国の中で最低の水準となっています。そして、農業所得は近年大きく減少し、農業の継続が経済的に難しく、それが後継者不足にも繋がっております。
しかし、日本の国土は農地が約12%を占めており、今後高齢化に伴い、更なる社会問題になると予測されます。農業難しくなった土地は放棄地となり、管理が行き届かず、雑草や樹木が生い茂り、地域の人たちにも迷惑が掛かってしまいます。


そうした社会問題を解決するためにも、ソーラーシェアリングという発想は今後日本で必要とされ、成長すべき産業だと三喜工務店は考えています。今回一年間取り組んだことで、更に社会的必要性を強く感じ、今後太陽光発電を取り組んでいる会社や、農業従事者・後継者・行政が一丸となって取り組んでいくことを目指しています。

         ソーラーシェアリングを取り組むことで得られるメリット

         ・農業従事者が売電収入を得られ、収益性が安定する


         ・再生可能エネルギーを農地転用することなく普及出来る


         ・パネルを設置することで、植物への過剰な直射日光を防ぐことが出来る





[画像5: http://prtimes.jp/i/21768/1/resize/d21768-1-193117-11.jpg ]

今回三喜工務店では、競売にかかった放棄農地を取得し、しいたけ栽培をスタートしました。この放棄農地は、何年も手を付けられておらず、雑草が生い茂り、廃屋が建つ鬱蒼とした土地でした。このような土地を再生することが、一つの大きな社会問題の解決策になると考えます。


この土地利用方法により、限られた国土の中、放棄された利用価値の低い土地が再生し、稼ぐことの出来る農業を営むことができます。それが、土地の有効活用につながり、農業就業者の増加、ドーナツ化の解消、食料自給率の増加・エネルギー自給率の増加にも一役買うことが出来ます。
現在、ニュースでも取り上げられる空き家再生のように、こういった空き農地再生というニーズも今後増えていくと三喜工務店は考えております。




ふっくら肉厚な絶品しいたけの収穫祭開催



[画像6: http://prtimes.jp/i/21768/1/resize/d21768-1-592194-10.jpg ]

今回、台風等の影響もありましたが、無事に収穫を迎えることが出来ました。台風が刺激となり、早めに発芽した採れたてのしいたけは、市販のしいたけよりも肉厚で、非常にジューシーです。このしいたけを、ご協力頂いた地域の皆様・関係者の皆様にご提供するイベントを11月6日(日曜)9:00〜16:00に開催致します。
現在、11月6日の収穫祭に向け、多くの方がしいたけ狩りを体験できるよう発芽調整中です。


太陽光パネルによる日射の調整で生育促進

しいたけだけでなく、新しい農作物の可能性を模索し、里芋も栽培しています。

[画像7: http://prtimes.jp/i/21768/1/resize/d21768-1-323830-2.jpg ]

植物には光飽和点があり、直射日光が当りすぎると生育にも悪影響があります。そうした中、隙間のある太陽光パネルは光の調整を程良くし、植物の成長を促します。しいたけは日影で水分を好む性質があるので、幕をして日射のコントロールをしています。比較的日射の取れる場所では、里芋を植えることで、すくすくと育ってきました。
育てる農作物の特性を研究し、その地にあった農業を営むことが出来れば更なる普及につながると考えています。


三喜工務店は、こうした先進的技術を応用した農業の促進と活性化、エネルギー問題の解決を目指し、ソーラーシェアリングのリーディングカンパニーとして更なる普及と促進を目指していきます。





【イベント開催概要】
日時:2016年11月6日(日)
   9:00〜16:00

会場:株式会社三喜工務店本社
   愛知県小牧市大字大草字大野
5786-123

内容:愛知県初のソーラーシェアリング事業で育ったしいたけの収穫・試食
   その他感謝祭

参加費:原則無料(しいたけの販売も行っております)

参加申込方法:事前に下記連絡先までご連絡下さい。
mail:info@sanki-kohmuten.com
tel:0568(78)0505


-------------------------------------------------------------------
本件に関するお問合せは下記まで

株式会社三喜工務店 広報担当:増田
愛知県小牧市大字大草字大野5786-123

http://www.sanki-kohmuten.com/

電話:0568(78)0505 FAX:0568(78)0606
mail:info@sanki-kohmuten.com

-------------------------------------------------------------------
【会社概要】
会社名:株式会社三喜工務店
代表取締役:三輪憲一
所在地:愛知県小牧市大字大草字大野5786-123
電話番号:0568-78-0505
FAX番号:0568-78-0606
創業:昭和44年7月
設立:昭和56年4月
資本金:2500万円

【営業種目】
総合建設業:住宅・店舗・工場・倉庫・各種施設・鉄骨工事・屋根工事
エクステリア工事:ガレージ製造・外構工事・POPサイン工事
賃貸住宅:アパート建築(サンフレンズシリーズ)
不動産業務全般:土地建物仲介・建売分譲・賃貸管理
リフォーム事業部:パナソニックリフォームクラブリファイン小牧
トヨタホーム事業部
太陽光発電事業:鉄骨架台・杭

【許認可事項】
建設業:愛知県知事許可 特-第27351号
一級建築士事務所:愛知県知事登録 い第7422号
小牧市排水設備指定工事店:許可番号 第9号
宅地建物取引業:愛知県知事 第16941号

実用新案  第1313212号  第1321209号
      第1350009号  第1522751号
      第3678695号  第3717779号
意匠登録  第1521149号
特許登録  第5756551号
------------------------------------------------------------------



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る