• トップ
  • リリース
  • 日本最大規模のe-sportsイベントが開催!賞金総額5,000万円をかけた白熱の頂上決戦「モンストグランプリ2016 チャンピオンシップ決勝大会」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

一般社団法人 e-sports 促進機構

日本最大規模のe-sportsイベントが開催!賞金総額5,000万円をかけた白熱の頂上決戦「モンストグランプリ2016 チャンピオンシップ決勝大会」

(PR TIMES) 2016年09月26日(月)15時27分配信 PR TIMES

 優勝賞金2,000万円は「今池壁ドンズ」の手に! 日時:2016年9月25日(日)会場:幕張メッセ国際展示場6ホール


 一般社団法人e-sports促進機構(東京都中央区、代表理事:平信一、以下本機構)は、9月25日(日)に幕張メッセ国際展示場(6ホール)にて、XFLAG™(エックスフラッグ)スタジオのスマホアプリ「モンスターストライク」(通称モンスト)のNo.1チームを決める大会「モンストグランプリ2016 チャンピオンシップ決勝大会」を開催いたしました。
 「モンストグランプリ2016 チャンピオンシップ」は、人気スマホアプリ「モンストスタジアム」を使用し、4対4のチーム戦で戦う日本最大規模のe-sportsイベントです。当日は優勝賞金2,000万円、賞金総額5,000万円をかけ、観客も一体となった白熱の頂上決戦が繰り広げられ、見事「今池壁ドンズ」が王者の座を手にしました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/21649/1/resize/d21649-1-866974-0.jpg ]


■当日予選を勝ち抜いた1チームを加えた16チームによる白熱の決勝大会!
 まず、大会当日朝から開催されたのは当日予選大会。午後に行われる決勝大会への1枠を巡り、数多くのチームがエントリーし、その腕を競い合いました。
 当日予選の熱気冷めやらぬまま、いよいよ午後からは決勝大会がスタート。全国7か所で開催された地方大会(予選)を勝ち抜いてきた15チームと、午前中の当日予選を勝ち抜いた1チームの計16チームによる、白熱した決勝大会が行われました。スクリーンにオープニング映像が流れ、さらにヒートアップした会場には実況を務めるテルーマン、解説のタイガー桜井さん、宮坊さん、そして応援団長のターザン馬場園さんも登場し会場を盛り上げました。また、12時時点での優勝予想も発表され、「かやもんですが?」が1番人気に。2番人気には「Bulldozer」、3番人気には「ひっぱりハンティング」が続きました。
 試合が開始されると、地方大会を勝ち抜いた15チームに加え、当日予選大会を勝ち抜いた「ストイック」の計16チームが白熱のバトルを展開。強豪同士が繰り広げる戦いに、参加者はもちろん観客も大きな盛り上がりをみせました。
 一試合目、準々決勝と熱戦が続く中、準決勝まで勝ち進んだのは「(笑)獣神亭一門」、「平成の開国スクラッチ」、「AGO Japan」、「今池壁ドンズ」の4チームに。準決勝一試合目、「(笑)獣神亭一門」と「平成の開国スクラッチ」の対戦は、「(笑)獣神亭一門」がミスのないプレイで序盤から優勢を保ち、見事勝利。決勝へと駒を進めました。準決勝二試合目、「AGO Japan」と「今池壁ドンズ」の対戦は、持ち味である圧倒的な安定感をみせた「今池壁ドンズ」が勝利。ついに決勝戦に臨む2チームが出揃うこととなりました。

■2,000万円をめぐる頂上決戦は「(笑)獣神亭一門」V.S「今池壁ドンズ」
 優勝賞金2,000万円をかけた「(笑)獣神亭一門」と「今池壁ドンズ」の決勝戦。試合開始前に意気込みを聞かれた「(笑)獣神亭一門」のリーダーは、「まさか『今池壁ドンズ』さんと(決勝の舞台で)戦えるなんて・・・!」と胸がいっぱいな様子。それに対し「今池壁ドンズ」のリーダーは、「そんなに下手に出ても何も出ませんよ!」と強気な姿勢をみせました。
 先に2勝した方が優勝となる決勝戦の第一戦目では、序盤から「今池壁ドンズ」が常に優勢を保ち、圧倒的なスピードで最初の1勝を奪取。あまりの早さと正確さに、解説席からは「まるで機械のようだ」と驚きの声があがりました。
 第二戦目もミスのないプレイをみせる「今池壁ドンズ」。さらに、運も味方にした思いきったプレイも次々と繰り出し、観客を沸かせました。途中HPが残りわずかとなる危ない場面もありましたが、冷静に対処し、初戦から変わらぬ圧倒的な強さで見事二戦目も勝利、念願の優勝を勝ち取りました。
激戦を制し、頂点に輝いた「今池壁ドンズ」のリーダーは「会場内の応援、そしてツイッターでもたくさんメッセージを貰ったので、勝つことができてめちゃくちゃうれしいです!」とその喜びを爆発させました。
 大会のラストにはXFLAG スタジオ総監督の木村弘毅さんが登場。優勝した「今池壁ドンズ」の圧巻のプレイに対し、「俺こんなゲーム作ったっけ?ゲームというより、まるで(筋書きが決められた)アニメのよう!」と絶賛しました。また、今回の決勝戦に対して、「真似するだけで上手くなる、お手本のようなプレイがてんこ盛りだった」と、出場者だけでなく、観客や中継を通じて観戦する多くのモンストファンが熱狂した一日を改めて振り返りました。
 表彰式では勝負を終えた選手たちも互いの健闘を称え合い、溢れる笑顔とともに「モンストグランプリ2016チャンピオンシップ決勝大会」は幕を閉じました。

[画像2: http://prtimes.jp/i/21649/1/resize/d21649-1-809757-3.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/21649/1/resize/d21649-1-249713-1.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/21649/1/resize/d21649-1-757856-4.jpg ]

[画像5: http://prtimes.jp/i/21649/1/resize/d21649-1-137335-2.jpg ]



【 モンストスタジアム ゲーム概要 】
 「モンストスタジアム」は、モンストのマルチ対戦機能に特化し、4 vs 4 の最大 8 人でのチーム対抗対戦プレイができるスマホアプリです。モンストのアカウントと連携可能で、ユーザーが所持するモンスターを同期させてバトルに挑むことができます。
勝敗には、対戦相手チームよりも先にステージクリアを目指す、タイムアタック形式を採用しています。タイムアタックには、誰よりも早くステージをクリアするスキルが求められるため、日々の鍛錬による“モンストの腕”を思う存分発揮し、ゲームを楽しむことができます。

【 大会概要 】
・日時      :2016年9月25日(日)
・会場      :幕張メッセ国際展示場
・概要      :一般社団法人e-sports促進機構が主催する
「モンスターストライク」のNO.1を決める大会です。
  試合はApp Store/Google Playより配信されている
「モンストスタジアム」を使用し4対4のチーム戦で行います。
・参加チーム   :全国7か所の地方大会を勝ち抜いた15チーム
        当日開催の予選大会を勝ち抜いた1チーム
 合計16チーム

【 賞金・賞品 】
・優勝チーム  :賞金2,000万円 + 優勝トロフィー
         ダイハツ WAKE 1台
エクスペディアハワイ旅行券(4名様分)
モンストキャラ刻印オリジナルAndroidスマートフォン
(アーサー×2台,ルシファー×2台)
Google Playギフトカード10,000円×4
・準優勝チーム :賞金1,000万円 + 準優勝盾
東芝 液晶テレビREGZA<レグザ>×4台
モンストキャラ刻印オリジナルAndroidスマートフォン
(ダルタニャン×2台,シャンバラ×2台)
Google Playギフトカード8,000円×4
・3位チーム   :賞金600万円 + 3位盾
モンストキャラ刻印オリジナルAndroidスマートフォン
(卑弥呼×2台,ニライカナイ×2台)
Google Playギフトカード6,000円×4
※準決勝で敗退した2チームが対象となります。
・ベスト8チーム :賞金200万円
モンストキャラ刻印オリジナルAndroidスマートフォン
(ロビンフッド×2台,アヴァロン×2台)
Google Playギフトカード5,000円×4
※準々決勝で敗退した4チームが対象となります。

●本大会の主催・協賛・協力
主催:一般社団法人e-sports促進機構
特別協賛:闘会議2017
協賛:an、エクスペディア、Google Play、DAIHATSU、TOSHIBA、ハッピーターン、UHA味覚糖、レッドブル・ジャパン
協力:XFLAG™(エックスフラッグ)スタジオ



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る