• トップ
  • リリース
  • クイックシルバーがボードライダーズに社名変更、再編進める

プレスリリース

  • 記事画像1

クイックシルバー・ジャパン株式会社

クイックシルバーがボードライダーズに社名変更、再編進める

(PR TIMES) 2017年03月13日(月)19時48分配信 PR TIMES

経営再建の前進および当社の発展における新たな段階の始まりを示す社名変更です


カリフォルニア州ハンティントンビーチ(2017年3月8日) ― クイックシルバー社(Quiksilver, Inc.)は本日、社名をボードライダーズ社(Boardriders, Inc.)(以下「ボードライダーズ」または「当社」とします)に変更したことを発表しました。新社名の下には、ボードライディングの文化と伝統で結びつく、当社の象徴的なスポーツブランドの全ブランド(クイックシルバー、ロキシー、DCシューズ)が含まれます。社名変更は当社の経営再建が新段階に入り、再編から成長への展開が始まったことを示しています。

2016年2月、当社の米法人は連邦破産法第11章の会社更生法手続きを経て、当社経営陣チームと、オークツリーキャピタルマネジメント社(以下「オークツリー」としますによる再生に向けた特別チームの主導により、積極的な経営再建プログラムに着手しました。それ以降、当社はコスト構造規模を劇的に適正化し、グローバルな開発機構の根本的改革を行い、販売流通を合理化、余剰在庫を削減、組織全体の透明性、厳格性、規律を高めてきました。

ボードライダーズCEO(最高経営責任者)のピエール・アニエス(Pierre Agnes)は次のようにコメントしています。「社名変更は、ボードライダーズでの新たな始まりを意味しています。当社の世界各国のチームが立て直しを一歩一歩進めてきました。彼らの情熱とたゆみない実行、そしてついてきてくれたお客様、サプライヤー、提携企業に助けられて、経営再建の再編段階を終え、事業拡大に注力しはじめることができました。事業拡大に軸を移すにあたり、当社は自社の象徴的な3つのブランドすべて(クイックシルバー、ロキシー、DCシューズ)の重要性、そしてこれらのブランドがサポートするボードライディング文化の情熱を理解することが重要と考えています」

オークツリーのマネージング・ディレクターであり、当社の経営再建責任者(Chief Turnaround Officer for the Company)を務めるデイヴ・タナー(Dave Tanner)は次のように付け加えています。「経営再建プログラムの進展にとても満足しています。クイックシルバーはこの18カ月間徹底的にその基盤を再構築することに集中してきました。その成果は現れつつあります。新たな経営方針の規律は常に維持していきますが、ボードライディングコミュニティの人々そしてお客さまに、新しく革新的な方法で役立つことに重点を移し始められることを嬉しく思います。この業界の動向は依然厳しいですが、この会社は今、守るよりも攻める段階に入っています」

社名変更に加えて、ボードライダーズは、いくつかの新しい刺激的な取り組みを発表します。第一に、当社はアコーホテルズ(Accor Hotels)と新たに提携関係を結び、クイックシルバーとロキシーのブランドを同ホテルのジョー&ジョー(Jo & Joe)ホスピタリティコンセプトに組み入れることとなりました。次に、米州初のボードライダーズの店舗が、2017年秋にカリフォルニア州マリブの名高いパシフィックコーストハイウェイ沿いにオープンします。さらに、ボードライダーズは、「クイックシルバー・ジェネレーションズ」キャンペーンを開始します。このキャンペーンは2019年に50周年を迎える象徴的なブランドの過去・現在・未来を祝するものです。これらの内容に関する詳細は追ってお知らせいたします。また、当社は過去14年間行ってきた「クイックシルバー・プロ・ゴールド・コースト(Quiksilver Pro Gold Coast)」を、2017年3月14〜25日に開催いたします。

■ボードライダーズ社について■
ボードライダーズ社は、世界中のボードライダーたちのために、アパレル、フットウエア、アクセサリーのデザイン、製造、販売を行う有力なアクションスポーツ・ライフスタイル企業です。
当社のアパレルおよびフットウエアのブランドは、アクションスポーツに情熱を燃やす若々しい精神を持つ人々の、カジュアルなライフスタイルを象徴しています。当社のクイックシルバー(Quiksilver)、ロキシー(Roxy)、DCシューズ(DC Shoes)ブランドは、サーフィン、スノー、スケートスポーツに深く関わってきた伝統的なブランドです。当社の製品は115カ国を超える国々において販売されています。販路はサーフショップ、スケートショップ、スノーショップをはじめ、直営の 「ボードライダーズ」ショップ、それ以外の直営店舗、そして各専門店、百貨店、様々なeコマースチャネルなど多岐に渡っています。

■将来予想に関する記述■
本プレスリリース内には、特定の事業運営およびベンダーとの関係に関する経営陣の予測表現が含まれますが、これらの将来予測に関する記述は、リスクまたは不確定要素による影響を受けることがあり、実際に生じる結果とは大きく異なる可能性があります。ご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る