• トップ
  • リリース
  • -事後レポート-「ZMPフォーラム2016」にてテスト自動化サービスについて講演

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社AWSホールディングス

-事後レポート-「ZMPフォーラム2016」にてテスト自動化サービスについて講演

(PR TIMES) 2016年09月05日(月)17時46分配信 PR TIMES

 主にフィリピンを活用したソリューション開発を手掛ける株式会社AWSホールディングス (本社:東京都文京区、代表取締役社長:青木正之、証券コード:3937、以下当社)は、2016年9月1日(木)、「ZMPフォーラム 2016」(主催:株式会社ZMP、場所:ベルサ―ル六本木)にて、『AWSホールディングスのテスト自動化サービス〜自動運転社会の未来を拓くソリューション〜』と題した講演を行いました。
 今年で第8回目の開催となる「ZMPフォーラム 2016」は、自動運転技術開発用プラットフォーム RoboCar(R)シリーズ及びセンサ・システムの開発・販売事業等を行う株式会社ZMPが主催する自動運転技術分野最大のフォーラムです。パートナー企業や協賛企業、各分野の第一線で活躍している方々による新製品紹介や研究成果の発表、商品デモ等が行われました。

 協賛企業である当社は、今後の自動車産業に必要不可欠であるテスト自動化サービスの普及・啓発を目的に、自動運転に係るソリューションおよび今後の事業展開に向けたシナリオについて、最新の技術動向を織り交ぜ、講演を行いました。

 当社代表取締役社長 青木正之より、会社紹介を兼ねたご挨拶をさせて頂いた後、グローバル事業担当取締役 石川正史よりフィリピンのIT市場の概況と、当社が提供しているマシン・ビジョンによるテスト自動化ソリューションについて、AWSrobotのテストシュミレーション動画を用いながらご紹介しました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/21142/1/resize/d21142-1-374076-2.jpg ]



[画像2: http://prtimes.jp/i/21142/1/resize/d21142-1-459952-1.jpg ]


 また、当社フィリピン子会社のAdvanced World Solutions, Inc.取締役 Vincent Remo(ヴィンセント・レモ)よりビックデータを活用したデータ分析ソリューションとAmazon Web Serviceを活用したIoTソリューション向けリファレンスプラットフォームを、これまでの取り組み事例やソリューション提供体制を交えてご紹介しました。

 当社は今後、テスト自動化サービスを提供していくことで、自動運転技術の更なる発展に積極的に貢献してまいります。

■開催概要

名  称 :ZMPフォーラム 2016
日  時 :9月1日(木)16時50分〜17時20分
会  場 :ベルサール六本木
U R L :http://www.zmp.co.jp/products/8th_forum
内容   :『AWSホールディングスのテスト自動化サービス
       〜自動運転社会の未来を拓くソリューション〜』
・事業紹介
・自動運転に関わるソリューションおよび今後の事業展開に向けたシナリオ
・最新技術動向
スピーカー :AWSホールディングス  代表取締役社長 青木正之
AWSホールディングスグローバル事業 担当取締役 石川正史
Advanced World Solutions, Inc. 取締役 Vincent Remo
■会社概要
企業名  :株式会社AWSホールディングス
設  立 :2005年12月8日
資本金 :679,973,100円
代表取締役 :青木正之
本  社 :〒112-0002 東京都文京区小石川2丁目23番11号 常光ビル9階
事業内容 :グローバル事業
       (ソフトウェアの設計・開発から製品保証まで、英語・日本語のバイリンガルな環境で
        広範なアウトソーシング・サービスを実施)
       メディカル事業
       (レセプトチェック専用ソフトの開発および販売。
        医療のIT化を通じて「医療の質の向上」と「医療経営の安定」の実現を支援)
       エンタープライズソリューション事業
       (金融事業領域にフォーカスし、大手金融機関などの金融事業法人に向けた重要開発案件
        に係る開発を実施)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る